2017年02月10日

クイーンC展望(ラップ傾向&予想)

過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2016 12.3-10.8-11.3-11.7-11.7-11.2-11.6-11.9
2015 12.4-11.2-11.5-11.8-12.0-11.4-11.5-12.2
2014 12.5-11.5-12.0-12.5-12.5-11.3-11.5-11.9
2013 12.6-11.4-12.0-12.3-12.0-11.2-11.1-12.0
2012 12.6-11.6-12.4-13.1-13.0-11.5-11.0-11.4
2011 12.3-11.1-11.7-12.3-12.8-11.7-11.2-12.3
2010 12.4-11.0-11.6-12.1-12.1-11.7-11.4-12.1
2009 12.6-11.1-12.2-12.5-12.4-11.4-11.5-12.0
2008 12.6-11.0-11.7-12.3-12.6-11.4-11.7-12.2
2007 12.5-11.0-11.6-12.0-12.3-11.4-12.0-11.7

過去10年の平均ラップタイム
12.48-11.17-11.80-12.26-12.34-11.42-11.45-11.97
1.34.89

クイーンC平均ラップタイム


傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半はミドルペースくらいの流れで、道中は一旦緩んで
から、ラスト3Fで一気に加速して、ラスト1Fだけ少し落ちる…という形。

ここの特徴は、前半のペースによらず、コーナー部分が確実に落ち着いた流れに
なるために、展開にしっかりとメリハリがつく…ということで、当然勝負所での
切れがまずは必要になる。

また、年によっても違うが、前半である程度引っ張られる形になることも多く、
追走で無駄脚を使わない程度の持久力はやはり欲しくて、道中楽に進めて直線で
しっかり決め手を発揮する…という、純粋な性能勝負のイメージ。


好走する条件
・勝負所での切れが必要
・一定の持久力は欲しい


予想

◎アエロリット
前走は、前半〜道中が極端に速い流れになって、それを番手で受けて立つ格好
から→最後までしっかりと粘り込んだ相当に強い内容。
当然地力ではここでは普通に上くらいに扱ってもいいはずだし、タイプ的にも
フットワークのいい馬なので、東京に替わることも特に問題にはならないはず。
相手もなかなかのメンバーが揃ったが、とりあえず信頼はしやすい存在。

○フローレスマジック
前走では、ゆったりとした展開の中で直線しっかりとした決め手を発揮して、
とりあえず性能面ではここでは上というくらいの存在。
道中の部分での裏付けが今のところ十分ではなくて、評価としては2番手に
止めるが、負荷の掛かる馬場だった前々走で(データには表れないものの)
地の強さは見せているし、可能性としては突き抜けるところまで考えたい。

▲レーヌミノル
前走は、前半から引っ張られてしっかりと持久力が問われたレースで、それを
ある程度好位から直線(鋭さはないものの)良く粘った…という内容。
そのパフォーマンスを考えればここでは当然上位に扱える。
タイプ的にマイルではどこかで限界を示しそうな気はするが、今の段階では
とりあえずまだ大丈夫なはず。

注アドマイヤミヤビ
前々走は、道中それなりの水準で進めて→最後しっかり伸び切る形での勝利。
走法&レース振りから、なかなかの器…という印象を受けた。
タイプ的に、前半のスピード&瞬間的な加速…という点に課題がありそうで、
正直マイルに戻るのはどうか?とも思うが、どうしてもこれは気になる。
仮にここで負けたとしても、オークスやそれ以降に向けても面白そうな存在。

△トーホウアイレス
前走は、ただでさえ上がりの速い展開で、後方から進めつつ→直線でも進路を
見出すのにモタついた格好で、最後もあまり本気では追っていない。度外視。
それを除けば、前々走では、(位置取り的な恵まれはあったが)道中で相当に
脚を使う内容でアエロリットに勝っているし、地力では上位扱いでいいはず。

△モリトシラユリ
前走は、相当に厳しい展開になったので、位置取り的には恵まれた格好には
なるのだが、自身のパフォーマンスとしては十分に高いものを示している。
決め手という点では、正直この舞台では分が悪くなりそうだが、それなりに
引っ張られる展開になれば、地力で自然と浮上はしてきそう。

△スズカゼ
前々走では、道中〜勝負所で(データ的に)かなり強気な競馬をして→直線は
厳しくなったが、前走では(それなりの水準の中で)キッチリと巻き返した。
この舞台へ向けては、決め手の部分で正直物足りない部分もあるが、この馬の
水準でも実際そんなに弱くない。要は世代の頂点レベルが相当に高いだけ。

△ディヴァインハイツ
新馬戦は、道中をまずまずの水準で進めつつ→上がりをしっかりとまとめた
内容で、最後も一応余力を感じた。
前半のスピードという点ではまだ裏付けがないので、正直ここは好走も凡走も
どちらも普通にあり得るが、上積み込みで注目はしておきたい。






 いつもありがとうございます!励みになります♪
競馬ブログ・ランキング にほんブログ村 競馬ブログへ




posted by 山宗 at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | レース展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

きさらぎ賞回顧(ラップ分析)

レース総括
■前半&道中が平均〜平均強の流れから→直線でしっかり加速する展開
■一定の持久力&切れが問われた


きさらぎ賞結果
アメリカズカップ1.50.1 35.9 03-03
サトノアーサー1.50.4 36.0 05-06
ダンビュライト1.50.4 36.1 05-04
プラチナヴォイス1.50.6 36.6 02-01
エスピリトゥオーゾ1.50.9 36.2 07-07

天候:曇 芝:重
上り4F:48.5 3F:36.1
前半1000m:61.6
12.9-11.6-12.0-12.5-12.6-12.4-12.2-11.7-12.2

きさらぎ賞ラップタイム


レース詳細
ラップタイムを見ると、馬場を考えれば前半&道中ともに平均〜平均強といった
くらいの流れで、勝負所はじっくり→直線でしっかり加速する展開。

今回は少頭数ではあったが、重馬場ということを考慮すれば、平均的な水準では
しっかり流れているので、とりあえず一定の持久力が問われたことは確か。
当然、実力馬が自然と浮上する結果になった。

またレース後半は、コーナー部分である程度抑えつつ→直線に向いてから一気に
加速する形になっているため、適性的には切れが必要になったはずで、足元の
悪い中でしっかりギアチェンジ出来たかどうか?が明暗を分けたイメージ。


今回のレースを見ての第一感としては、道悪でギリギリまで待った仕掛けからの
→加速勝負…という点で、ジェンティルドンナが6着に敗れた京都記念に近い
ような印象を持っていた。当然サトノアーサーの負けは度外視…というように。

ただ改めて内容をチェックすると、展開的には一応の地力も問われた格好では
あったので、前半をこれまでに経験したことがないペースで追走→脚を削られた
…という可能性も捨て切れず、現段階では正直判断に迷うところがある。

元々この世代に関しては、2頭の強い牝馬が引っ張っている状況から、ウオッカ
&ダイワスカーレット世代に似ている印象を持っていたのだが、偶然にもその
世代のきさらぎ賞でも、単勝1倍台のオーシャンエイプスが敗れている。
(勝ち馬は後の菊花賞馬アサクサキングス)

とりあえず「サトノアーサー=オーシャンエイプス」でないことを祈りたい。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

アメリカズカップ
(後手を踏んで前半で無理をした部分があったとは言え)忙しい印象を受けた
前走に対して、今回は、道中が長くゆったりとして、純粋な持久力を活かせる
舞台に替わって、しっかりと巻き返した格好。
まさしくアサクサキングスに近いようなイメージの馬だが、その方向で言うと、
皐月賞は正直微妙。やはりダービー&菊花賞でこそかも知れない。
とりあえず長い目で見守りたい。

サトノアーサー
上記のように、地力負けの可能性も0ではないが、とりあえずその判断は保留。
それよりもまずは、元々大きなフットワークをするタイプ的に、この馬場での
加速勝負に合わなかったのは間違いないし、本線は一応そちらで考えたい。
(直線でスピードに乗るまでに時間が掛かりつつも→最後は惰性でしっかりと
詰めている…というのは救い)
この馬も(細かい脚使いが必要な)皐月賞よりもダービー&菊花賞の印象。




 いつもありがとうございます!励みになります♪
競馬ブログ・ランキング にほんブログ村 競馬ブログへ




posted by 山宗 at 19:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

東京新聞杯展望(ラップ傾向&予想)

過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2016 12.7-11.4-11.9-12.4-12.2-11.2-11.0-11.3
2015 12.7-11.7-11.9-12.0-12.2-11.8-11.3-12.1
2014 12.4-10.7-11.1-11.9-12.0-11.3-11.5-12.3
2013 12.4-11.1-12.0-12.1-11.8-11.2-11.0-11.3
2012 12.5-11.0-11.6-11.8-11.7-11.1-11.3-11.8
2011 12.3-10.5-11.3-11.5-11.9-11.4-11.7-11.9
2010 12.3-11.1-11.4-11.8-11.6-11.0-11.2-11.7
2009 12.5-11.0-11.5-12.2-12.2-12.2-12.4-12.9
2008 12.4-11.0-11.6-11.5-11.2-11.5-11.7-11.9
2007 12.5-10.8-11.5-11.7-11.8-11.3-11.1-12.0

過去10年の平均ラップタイム
12.47-11.03-11.58-11.89-11.86-11.40-11.42-11.92
1.33.57

東京新聞杯平均ラップタイム


傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見れば、前半はミドルペース、道中は極端には緩まないものの
一旦落ち着き、その後ラスト3Fから一気に加速して、最後は少し落ちる形。

ここでは勝負所でしっかり加速が入るため、一定の切れが問われることは確か。
ただし前半〜道中で(絶対的な速さはなくても)一定以上のスピード水準を維持
する時間が長い…という点から、持続性能の高さが物を言う印象が強い。

脚質的には、ペースに依る部分は大きいものの、前半を完全に受け流して→後半
だけで勝負する格好ではまず無理なので、(レースを通して平均的に脚を使える
…という意味で)ある程度好位から進められるタイプの方がイメージは合う。


好走する条件
・スピード持続力&切れが必要


予想
この頭数で、位置取り的に好位につけそうな馬がそのまま人気。
どうにも捻りようがない…。

◎エアスピネル
前走は、かなり速い展開の中で、正攻法でしっかり攻める競馬をしての勝利。
自身のパフォーマンスとしても、レースを通して平均的に脚を使った格好で、
その内容は、ここにも普通につながりそうなイメージ。
元々マイルでは溜めればそれなりの脚を使えるタイプだし、変に控えた競馬さえ
しなければ、さすがにここも勝ち切れていいはず。

○ブラックスピネル
前走は、内をロスなく立ち回ったという部分も大きいが、それでも前半でかなり
脚を使う格好で好走した訳なので、後半に偏ったパフォーマンスだったそれまで
とは、一線を画すような内容だったことは確か。
エアスピネルとの差は正直あると思うが、今回も内枠を確保したし、ある程度
積極的な競馬をすれば、普通に結果はついてきそうなイメージ。

▲ヤングマンパワー
前走は、道中を締め付けられる展開で沈んだ訳だが、やはり基本は切れ方向の
馬ではあるので、仕方がない…と思える部分はある。
当然適性的には、京都よりも東京ということにはなるし、今回条件が好転して、
巻き返す可能性は十分。
外枠だが、このメンバーなので、ポジションを取る苦労も特にないはず。

注マイネルアウラート
昨年の3着は、さすがに展開的な恵まれもあったと思うが、(前走のように)
好位から平均的に脚を使う…という部分では元々イメージは合っている馬。
今年は頭数が落ち着いて、尚且つ差し馬が多いメンバー構成になっているので、
昨年と同じような展開になる可能性も十分にある。
性能の部分で勝ち切るまでは難しいだろうが、上位には考えておきたい。



 いつもありがとうございます!励みになります♪
競馬ブログ・ランキング にほんブログ村 競馬ブログへ




posted by 山宗 at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | レース展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

きさらぎ賞展望(ラップ傾向&予想)

過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2016 12.9-10.8-11.8-12.0-12.3-12.2-11.7-11.9-11.3
2015 13.0-11.6-11.7-12.6-12.7-12.1-11.7-11.6-11.6
2014 13.0-11.5-11.3-11.6-12.5-12.2-11.9-11.6-12.0
2013 12.8-11.6-12.2-13.0-12.6-12.2-11.7-10.9-11.9
2012 13.1-11.5-11.9-12.5-12.7-11.6-11.3-11.3-11.1
2011 12.4-11.3-11.6-12.4-12.5-12.0-11.3-11.8-12.3
2010 12.8-11.1-11.4-12.3-12.8-12.4-12.0-11.7-12.1
2009 13.0-11.5-11.9-12.7-12.6-12.2-11.8-11.1-12.1
2008 12.8-11.0-12.3-12.5-12.2-12.1-12.1-11.8-12.0
2007 12.8-11.3-12.3-12.9-12.4-12.1-11.3-11.4-12.3

過去10年の平均ラップタイム
12.86-11.32-11.84-12.45-12.53-12.11-11.68-11.51-11.87
1.48.17

きさらぎ賞平均ラップタイム


傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見れば、前半はミドルペースで流れて、道中は一旦落ち着く展開
となり、3〜4コーナーで徐々に加速しつつ、上がりはある程度速くなる形。

このレースは、形としては緩む展開になっているのだが、この時期の馬にしては
低くない水準で流れるため、ゆったりとした道中で無駄脚を使わずに、しっかり
余力(脚)を残す…という意味で、純粋な持久力が反映されやすい。

恐らくそのことが、このレースが距離の近い皐月賞よりも、ダービー&菊花賞へ
つながりやすい要因だと言えそうで、イメージとしては3歳秋の2400mくらいに
捉えておきたい。

そしてその"持久力"という部分をクリアできることを大前提として、やはりこの
コースなので、上がりでトップスピードを持続できる…という点を、適性面では
重視したいところ。


好走する条件
・高い持久力を備えていること
・末脚の持続力があること


予想

◎サトノアーサー
新馬戦は、前半は極端に緩いが、相当に長い脚が問われる展開になり、結果的に
一定の持久力&高い持続力を示した格好だし、それに加えて、前走の究極的な
決め手を合わせて考えれば、ここでは普通に上の存在。
500kgくらいあるんじゃないか?と勘違いするような大きなフットワークをする
タイプ的にも、広い(&直長)コース向きだし、大人気でも逆らいようがない。

○アメリカズカップ
前走は、前半でそれまでとは全く違うスピード水準での追走をして、最後少し
厳しくなった格好で、本質的にマイルは忙しい…という印象を受けた。
それを度外視すれば、前々走では、道中を高い水準で進めつつ→しっかりとした
決め手を発揮しているし、今回少頭数で、その時と同じような競馬が出来れば、
巻き返す可能性も普通にありそう。当然注目したい。

▲ダンビュライト
前走に関しては、あまりにも無抵抗に負け過ぎな印象ではあるが、前々走では、
それ以上のパフォーマンスをしっかり示しているし、単純な横の比較ではやはり
上位扱いになる。
少し不器用に思えるタイプ的にも、距離延長&少頭数で、ゆったり走れるここで
巻き返す可能性は十分にあるはず。

注プラチナヴォイス
勝ち上がった方の未勝利戦は、道中を相当に高い水準で進めた内容で、その時の
パフォーマンスで考えれば、地力はやはり上位。
ただし(同舞台で2勝しているものの)上がりには限界がありそうなタイプでは
あるため、この少頭数では、前走のように切れ負けする可能性が普通にある。
好走はさすがにしてくるだろうが、上位の中では一歩引いた見方をしてみたい。



 いつもありがとうございます!励みになります♪
競馬ブログ・ランキング にほんブログ村 競馬ブログへ




posted by 山宗 at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | レース展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

根岸S回顧(ラップ分析)

レース総括
■平均的な流れから→フラットな展開
■高い持続力が問われた


根岸S結果
カフジテイク1.23.0 34.5 14-15
ベストウォーリア1.23.2 35.6 06-06
エイシンバッケン1.23.6 34.9 15-16
キングズガード1.23.6 35.2 15-14
ニシケンモノノフ1.23.7 36.2 03-05

天候:曇 ダート:良
上り4F:48.0 3F:36.1
前半3F:35.0
12.2-11.0-11.8-11.9-11.9-12.0-12.2

根岸Sラップタイム


レース詳細
ラップタイムを見ると、前半は一応平均的な流れで、道中がある程度締まった
展開になり、そのまま最後までジワジワと減速しつつも、フラットに近い形。

今回の特徴は、道中が全く淀みなく流れた…という部分で、レース全体として
なかなか溜めづらい展開になったため、適性的にはやはり持続力が必要だった。

脚質的には、(前半だけでもしっかりと溜められた)追い込み→先行という印象
だが、息の入りにくい流れの中で(位置取り的にどうしても1テンポ早い仕掛け
になる)中団の馬には少し厳しかった雰囲気ではある。

フェブラリーSに向けては、近年は少し緩急がつきやすくなっている印象がある
ため、今回の展開で単純に粘ったor浮上しただけでは適性的に少し対応できない
可能性もあり、やはり直線で"鋭い脚"を見せかどうか?が重要になりそう。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

カフジテイク
中団&好位の馬がしっかりとした脚を残せない展開ではあったので、はまった
部分があることは否めない。
それでも最後の一瞬で片を付けてしまう決め手はやはり凄いものがあったし、
フェブラリーSで何も出来ないということは、とりあえずなさそう。
あとは近年の道中で少し溜めが入る傾向…という点で、止まらない前をまとめて
交わせるかどうか?といったところ。

ベストウォーリア
中団の前から進めて(差されはしたが)直線でしっかりした脚を見せての好走。
今回同じような位置取りだった馬が厳しい結果に終わっている中で、展開的には
逆境の立場だったはずだし、重い斤量を背負っていたことを合わせて考えれば、
これは強い競馬だったと言って良さそう。
タイプ的に東京ダ1600mがピッタリという馬ではないが、この2年は溜めが入る
展開にも対応しているし、今年も当然好走が期待できそうな雰囲気。

エイシンバッケン
カフジテイクと同様に、展開に対する位置取り的に、はまった部分はある。
それでも、馬群の中を進んだ直線では、進路がなくしばらくの間追えない状態
だったし、最後にかなり狭い所を割ってからは鋭い脚を見せて→ゴール後は先頭
まで突き抜ける勢いだった。
カフジテイクの陰には隠れているが、実質的にそれに匹敵するかも知れない脚を
使った印象で、これは先が楽しみ。(特に馬場が湿った状態で怖そう)




 いつもありがとうございます!励みになります♪
競馬ブログ・ランキング にほんブログ村 競馬ブログへ




posted by 山宗 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする