阪神JF展望(ラップ傾向)2017

阪神JF過去10年のラップタイム 過去のラップタイムから傾向を探ってみる。 2016(ソウルスターリング:1.34.0) 12.4-11.0-11.3-12.0-12.1-11.5-11.5-12.2 天候:晴 芝:良 上り4F:47.3 3F:35.2 前半4F:46.7 勝ち馬コーナー通過:03-04 勝ち馬上り3F:34.8 2015(メジャーエンブレム:1.34.5) 12.5-10.9-11.4-12.1-11.8-11.7-11.5-12.6 天候:晴 芝:良 上り4F:47.6 3F:35.8 前半4F:46.9 勝ち馬コーナー通過:02-01 勝ち馬上り3F:35.8 2014(ショウナンアデラ:1.34.4) 12.5-11.0-11.5-12.2-12.0-11.4-11.5-12.3 天候:晴 芝:良 上り4F:47.2 3F:35.2 前半4F:47.2 勝ち馬コーナー通過:13-12 勝ち馬上り3F:34.0 2013(レッドリヴェール:1.33.9) 12.2-10…

この記事を読む

チャンピオンズC回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■まずまずの入り方から、道中しっかり緩んで→上がりの速い展開 ■切れ(&一定の持久力が問われた) チャンピオンズC結果 1ゴールドドリーム1.50.1 35.2 09-10-11-11 2テイエムジンソク1.50.1 36.1 02-02-02-02 3コパノリッキー1.50.2 36.3 01-01-01-01 4ケイティブレイブ1.50.4 36.2 03-03-03-03 5アウォーディー1.50.5 36.1 06-07-06-06 6ミツバ1.50.5 35.6 12-12-11-11 天候:晴 ダート:良 上り4F:48.5 3F:36.2 前半1000m:61.6 12.8-10.9-12.5-12.7-12.7-12.3-12.0-11.8-12.4 レースラップ分析&雑感 ラップタイムを見ると、前半はまずまず速い入り方をしたが、道中はしっかり 落ち着いた展開。その後勝負所~直線で徐々に加速しつつ、上がりはかなり 速い形になった。 今回の…

この記事を読む

チャンピオンズC展望(予想)2017

予想 今回の注目点は何と言ってもテイエムジンソク。 示しているパフォーマンスは確かで、個人的にも、ひと月前から最終的には 推すことになるのだろうと、ぼんやりと思っていた。 本当のトップクラスを相手にしていないこともあり、まだ迷いを含んでいる ような中途半端な1番人気で、むしろ妙味がある…という考え方もできるし、 実際にギリギリまで推すつもりではあった。 それでも、同馬は、タイプ的にこのレースでは厳しい立場になりやすい点と、 適性的に確信を持てない部分がある点から、今回は見送り…というのが結論。 もちろん、それらを跳ね返すようなら、この先はテイエムジンソクの時代に なりそうだが、そうなったらそうなったで、推す機会はいくらでもあるので。 ◎ケイティブレイブ 平安Sでは、前半~道中で極端に脚を使う形から→まずまず粘り込んで高い 地力を示しているし、その後もG1勝利も含めて安定した結果を残している。 元々は厳しい展開を粘るという方向に特化している、一本調子なイメージで、 直線でもう1つ変化をつけられるのかどうか?という部分があったのだが、 …

この記事を読む

チャレンジC展望(ラップ傾向&予想)2017

ラップ傾向 このレースの前身が何なのか?…もはや何がなんだか分からないが、金鯱賞が 大阪杯のステップになり、代わりにこの週に、6年ぶりに元々の朝日CCの ようなものが復活して、とにかく2000mに戻った。 さすがに6年前(そこからの過去10年、しかも9月開催)の傾向を考えても 意味がないので、これもまた時期は違うものの、現行の同じ開幕週で行われる 鳴尾記念を無理矢理参考にしておきたい。(→鳴尾記念展望) 好走の条件 ・持続力があること 予想 阪神はエアレーションなし。やはり内、好位という考え方をしたい。 ◎サトノクロニクル セントライト記念は、全体としての流れはかなり緩いが、後半の脚の使い方は 比較的ここに近く、つながりとしては十分あっても良さそう。 前が少しやり合って、スピードに寄った展開を作るようだと微妙な部分はある ものの、今回は内枠を確保したし、苦労せずに好ポジションを取れるはず。 そこからロスなく進めて→上がりをまとめる…という競馬をすれば、自然と 結果は伴ってきそうなイメージ。人気だが素直に推しておきたい。 …

この記事を読む

ステイヤーズS展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイム(長いので変則:3F毎+ラスト6F) 2016 38.3-38.9-39.8-39.1-12.0-11.7-11.9-12.2-11.4-12.1 2015 37.9-39.2-37.0-39.0-13.1-12.4-11.6-12.0-11.8-11.9 2014 39.1-37.4-39.1-40.0-12.8-12.1-11.6-11.7-11.6-12.4 2013 36.5-36.3-37.4-39.5-12.8-12.7-13.2-12.6-11.8-12.4 2012 38.1-36.7-39.1-38.2-13.0-12.5-12.0-12.2-12.1-12.6 2011 36.6-38.0-40.4-39.9-12.9-12.6-12.9-12.4-11.9-13.2 2010 36.6-37.0-38.6-39.3-12.8-11.1-11.5-12.0-11.9-12.6 2009 38.9-40.4-40.6-40.0-12.7-12.2-11.8-11.4-11.5-11.8 2008 38.2-38.5-38.1-…

この記事を読む

チャンピオンズC展望(ラップ傾向)2017

チャンピオンズC過去3年のラップタイム 過去のラップタイムから傾向を探ってみる。 2016(サウンドトゥルー:1.50.1) 12.7-10.7-12.9-12.5-11.8-11.8-12.4-12.3-13.0 天候:曇 ダート:良 上り4F:49.5 3F:37.7 前半1000m:60.6 勝ち馬コーナー通過:14-14-14-13 勝ち馬上り3F:35.8 2015(サンビスタ:1.50.4) 12.5-10.7-12.3-12.5-12.2-12.3-12.5-12.5-12.9 天候:曇 ダート:良 上り4F:50.2 3F:37.9 前半1000m:60.2 勝ち馬コーナー通過:09-06-08-06 勝ち馬上り3F:37.4 2014(ホッコータルマエ:1.51.0) 12.6-11.7-13.2-12.9-11.9-12.2-12.4-11.7-12.4 天候:晴 ダート:良 上り4F:48.7 3F:36.5 前半1000m:62.3 勝ち馬コーナー通過:02-02-02-02 勝ち馬上…

この記事を読む

ジャパンC回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■道中かなり厳しい流れから→ある程度仕掛けも早く→最後は惰性 ■高い持久力が問われた ジャパンC結果 1シュヴァルグラン2.23.7 34.7 05-04-04-04 2レイデオロ2.23.9 34.6 11-09-09-07 3キタサンブラック2.23.9 35.3 01-01-01-01 4マカヒキ2.24.6 35.1 12-12-11-11 5アイダホ2.24.7 35.1 14-14-14-13 6レインボーライン2.24.7 34.6 16-16-17-17 天候:晴 芝:良 上り4F:46.9 3F:35.1 前半1000m:60.2 13.0-11.2-12.1-12.1-11.8-12.1-12.3-12.2-11.8-11.3-11.8-12.0 レースラップ分析&雑感 ラップタイムを見ると、スタート直後は平均的な入り方をしたが、その後が 全く緩まず(馬場を考えても)道中の水準は高い。勝負所の仕掛けも早めで、 ラスト3Fでピークを迎えて→直…

この記事を読む

京阪杯展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイム 2016 12.2-10.8-11.1-11.5-11.7-13.0 34.1-36.2 2015 12.5-10.7-10.8-10.9-11.2-11.3 34.0-33.4 2014 12.4-11.2-11.1-11.0-11.0-11.6 34.7-33.6 2013 12.3-10.8-11.0-10.8-11.1-11.5 34.1-33.4 2012 12.2-10.7-11.4-11.4-11.3-11.5 34.3-34.2 2011 12.5-11.1-11.0-11.1-11.0-11.4 34.6-33.5 2010 12.2-10.7-11.0-11.0-11.5-11.6 33.9-34.1 2009 12.0-10.4-10.7-11.1-11.4-12.0 33.1-34.5 2008 12.5-10.8-10.9-10.8-11.4-11.7 34.2-33.9 2007 12.3-10.6-10.9-11.2-10.9-12.0 33.8-34.1 過去10年の平均ラップタイム 12.31-10…

この記事を読む