安田記念回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■前半速く、道中形としては一旦落ち着いて→しっかりと加速する展開 ■持久力&切れが問われた 安田記念結果 1サトノアラジン1.31.5 33.5 14-15 2ロゴタイプ1.31.5 34.4 01-01 3レッドファルクス1.31.6 33.7 14-13 4グレーターロンドン1.31.6 33.9 11-11 5エアスピネル1.31.7 33.6 16-16 天候:晴 芝:良 上り4F:46.0 3F:34.4 前半4F:45.5 12.2-10.6-11.1-11.6-11.6-11.0-11.3-12.1 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、前半がある程度速くなって、道中は絶対的な水準は 高いものの一旦は落ち着く展開、その後勝負所で一気に加速して→ラスト3Fが 右肩下がりの形。 今回の展開的な1つの特徴として、勝負所での一気のペースアップというのが 挙げられて、これだけ大きく加速するパターンは、安田記念では最早少数派。 当然、相対的に道中…

この記事を読む

安田記念展望(予想)2017

予想 最近の記事でも書いているように、今の馬場は、下は硬いものの、深い芝で 同時にパワーも問われる…という状況。 速い時計への対応は当然必要だが、軽いフットワークでそれをこなすという よりも、しっかりと地面を捉えるような走りで、シンプルに地力で壁を突破 することが求められる。 当然ここでは、スピードよりも地の強さを示している馬を中心に考えたい ところだし、対香港馬という観点でも、今の状況で勝つのなら胸を張れる。 (香港のレースを理由に推している馬は、香港馬ではないが…) ◎ロゴタイプ 昨年は、回復途上の馬場でのゆったりした展開で、直線後続がなかなか脚を 伸ばせない中で、1頭内にこだわる形での押し切り。確かに恵まれた内容。 しかしその後も、明らかな外差し馬場だった毎日王冠以外は常にしっかりと した活躍が出来ていて、地力は十分に示している。 特に(前の記事でも書いたが)香港マイルでは、スタートで遅れる形で前半 かなり脚を使って好位に取り付き、展開自体も厳しい流れの中で粘り込んで いて、これは高く評価しておきたいところ。 昨年の覇者なが…

この記事を読む

鳴尾記念展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイム 2016 12.6-11.3-12.0-11.7-11.4-11.8-11.7-11.6-11.3-12.2 2015 12.3-10.9-12.4-11.9-12.0-12.0-11.9-11.8-11.5-12.1 2014 12.4-10.9-12.4-12.9-12.0-11.9-11.6-11.6-11.5-11.9 2013 12.5-11.4-12.5-12.6-11.4-11.9-11.9-11.3-11.4-12.0 2012 12.7-11.3-13.0-12.8-12.5-12.5-11.9-11.2-10.6-11.6 過去5年の平均ラップタイム 12.50-11.16-12.46-12.38-11.86-12.02-11.80-11.50-11.26-11.96 1.58.90 ラップ傾向(過去記事の一部修正) ラップタイムを見ると、2012年こそ超スローからの決め手勝負…という展開に なったが、その後は道中がある程度締まって→上がりに掛けて長い脚を使う形。 この舞台のイメージ通り、後者の方…

この記事を読む

安田記念展望(香港馬考察)2017

香港馬考察 以前は大活躍していた香港馬が掲示板にすら載らなくなってから久しいが、 ダービーの回顧でも触れたように、"スピードオンリー"の高速馬場ではなく なっている分、復活の可能性はあるのかも…という気が個人的にはしている。 (下の硬さが勝って、31秒台の時計が出るようなら、結局無理だろうが…) とりあえず過去の好走馬が、どのようなラップで走っていたのか?というのを 最重要ステップ(あちらにとっては当然本番)であるチャンピオンズマイルで 確認しておきたい。 ※以下のラップ表記:LAP1-LAP2-LAP3-LAP4 チャンピオンズマイル過去ラップ 2016年 24.85-23.81-23.39-22.03 48.66-45.42 ☆ 2015年 26.30-24.14-23.28-21.67 50.44-44.95 2014年 24.17-22.56-23.94-23.44 46.73-47.38 (★) 2013年 24.80-22.52-22.69-23.41 47.32-46.10 (★) 2012年 25.05-24.31-23…

この記事を読む

安田記念展望(ラップ傾向)2017

安田記念過去10年のラップタイム 過去のラップタイムから傾向を探ってみる。 2016(ロゴタイプ:1.33.0) 12.3-11.0-11.7-12.0-12.1-11.3-10.9-11.7 天候:晴 芝:良 上り4F:46.0 3F:33.9 前半4F:47.0 勝ち馬コーナー通過:01-01 勝ち馬上り3F:33.9 2015(モーリス:1.32.0) 12.4-10.8-11.1-11.6-11.4-11.2-11.3-12.2 天候:晴 芝:良 上り4F:46.1 3F:34.7 前半4F:45.9 勝ち馬コーナー通過:03-03 勝ち馬上り3F:34.5 2014(ジャスタウェイ:1.36.8) 12.3-11.1-11.7-12.0-12.0-11.8-12.1-13.8 天候:小雨 芝:不良 上り4F:49.7 3F:37.7 前半4F:47.1 勝ち馬コーナー通過:09-11 勝ち馬上り3F:37.1 2013(ロードカナロア:1.31.5) 12.0-10.7-11.2-1…

この記事を読む

日本ダービー回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■スローからの→完全な上がり勝負 ■切れ(&地脚の強さ)が問われた 日本ダービー結果 1レイデオロ2.26.9 33.8 13-14-02-02 2スワーヴリチャード2.27.0 33.5 07-07-07-05 3アドミラブル2.27.2 33.3 15-17-13-12 4マイスタイル2.27.2 34.1 01-01-01-01 5アルアイン2.27.2 33.7 03-03-05-05 天候:晴 芝:良 上り4F:46.5 3F:33.8 前半1000m:63.2 13.0-11.2-12.9-12.8-13.3-12.5-12.1-12.6-12.7-11.5-10.9-11.4 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、前半がかなりスローに流れて、向こう正面では一旦 ペースアップしたものの、コーナーでは再度落ち着く展開で、そこから大きく 加速する形の上がり勝負。 今回の場合、スローからの→決め手勝負、ルメールJを筆頭に各ジョッキーの 仕掛けのタイ…

この記事を読む

目黒記念展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイム 2016 7.3-11.2-11.2-12.8-12.6-12.2-12.3-12.4-12.0-11.7-11.5-11.5-11.9 2015 7.1-11.5-11.7-12.3-11.9-11.8-12.0-12.5-12.2-11.7-11.6-11.4-12.0 2014 7.1-11.6-11.2-12.6-12.5-12.4-12.4-12.3-11.8-11.9-11.8-11.4-12.0 2013 7.6-10.9-11.0-12.2-12.3-12.2-12.1-12.0-12.0-12.1-11.8-11.5-11.9 2012 7.2-11.1-11.1-12.0-12.0-12.1-12.7-13.2-12.6-11.8-11.1-11.6-12.1 2011 7.0-10.9-11.0-12.4-12.7-12.4-12.1-12.3-12.4-12.6-11.4-12.1-13.2 2010 7.2-11.5-11.9-13.0-13.2-13.1-12.8-12.8-12.9-12.4-11.4-10.8-11…

この記事を読む

日本ダービー展望(予想)2017

予想 低レベルと言われ続けた世代のダービー。 それでも水準の高いレースというのはしっかりと存在していて、この段階に 至れば、どのレースを重視or軽視すればいいのか?というのも、ある程度は 見えてくる。あとは単純に、適性や枠などでの上げ下げ…という感覚。 その細かい序列の並べ替えに対して、有無をも言わせず突き抜ける可能性が あるのはアドミラブルだが、同馬が大外枠に入ったことで、やはり他の馬と 同列の扱いに今回はしておきたい。 馬場に関しては、日曜は雨の影響も考えなくていいだろうし、単純にコース 替わりで内外フラットの想定。 また今週は芝丈が伸びているので、ある程度パワー寄りの考え方をしたい。 最終的に今回は、2014年の再現というようなイメージの予想にしたのだが、 あの年も芝が深く見えてパワー系の馬場だった。 (個人的にはその後の目黒記念の方が強烈な思い出になっているのだが…) 結論としては当然、ワンアンドオンリー2世と皐月賞馬の組み合わせ。 ◎スワーヴリチャード 共同通信杯の内容だけだと正直微妙だったのだが、皐月賞でパフォーマン…

この記事を読む