朝日杯FS回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■道中高い水準から→勝負所でしっかりと加速する展開 ■持久力&切れが問われた 朝日杯FS結果 1ダノンプレミアム1.33.3 33.6 03-04 2ステルヴィオ1.33.9 33.8 12-10 3タワーオブロンドン1.33.9 34.0 07-07 4ケイアイノーテック1.33.9 33.8 10-10 5ダノンスマッシュ1.34.0 33.8 13-13 6ファストアプローチ1.34.0 34.5 02-02 天候:晴 芝:良 上り4F:46.1 3F:34.0 前半4F:47.2 12.6-10.8-11.8-12.0-12.1-11.3-11.0-11.7 レースラップ分析&雑感 ラップタイムを見ると、(馬場を考えれば)前半はミドルペースくらいで、 道中は例年と比べればかなり高い水準になり、そこからしっかりと加速して →上がりの速い形。 今回の特徴は、やはり道中の速さ。前半は比較的落ち着いた入り方をした格好 だが(2F目の10秒台は逃げ馬が単…

この記事を読む

朝日杯FS展望(予想)2017

予想 土曜の芝レースは、見事なまでにキングカメハメハ(&ロードカナロア)しか 勝っていない。 今回、本命に関しては特に迷う必要はないと思っていたのだが、これほどに 偏ったものを見せられると、どうしよう…とはなる。 これはつまり、京都のようにラスト4Fでジワジワと速い脚を使うのではなく、 メリハリ良くラスト3Fで(直線で真っ直ぐに)決め手を発揮…という部分と、 パワー系という部分がはまりやすくなっている…のだとは思う。 位置取り的にも、ペースが落ち着けばそれなりに好位も残れるが、それでも 差し馬が決め手だけで上回ることが多くなっている(外回りは特に)。 これは揺らぐ…。 "強い"と思っている方を選ばなかったとしても、"合う"と思っている方を選ば なかったとしても、後悔するパターン。選べない。完全な袋小路。 ⇒結局そんな時は、意思決定の強い味方、オッズに頼ってしまう。 ◎ステルヴィオ 前走は、外差しの方が有利な条件だったことは確かだが、直線に入ったところ まで馬群の中に閉じ込められていた格好で、ラスト2Fだけで(最後も10秒台で …

この記事を読む

ターコイズS展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイム 2016 12.4-10.8-11.4-11.8-11.9-11.7-11.9-11.7 2015 12.6-11.2-12.1-12.5-12.7-12.0-11.1-11.5 ~OP時代~ 2014 12.6-11.3-11.5-11.6-11.7-11.8-11.2-12.0 2013 12.5-10.8-11.2-11.5-11.6-12.0-11.9-12.1 2012 12.2-11.2-11.7-11.7-11.7-11.6-11.5-11.8 2011 11.9-11.3-11.5-11.8-11.6-11.6-11.5-12.4 2010 12.6-11.5-11.8-12.3-12.1-11.3-10.8-11.3 2009 12.3-11.2-11.4-11.4-11.4-11.5-11.5-12.3 2008 12.4-11.4-11.8-12.0-12.3-12.2-10.9-11.7 2007 12.4-11.1-11.6-11.8-11.7-11.7-11.2-11.9 過去10年の平均ラップタイム…

この記事を読む

朝日杯FS展望(ラップ傾向)2017

朝日杯FS過去3年のラップタイム 過去のラップタイムから傾向を探ってみる。 2016(サトノアレス:1.35.4) 12.8-11.2-11.6-12.7-12.3-11.5-11.2-12.1 天候:晴 芝:良 上り4F:47.1 3F:34.8 前半4F:48.3 勝ち馬コーナー通過:13-12 勝ち馬上り3F:34.1 2015(リオンディーズ:1.34.4) 12.5-10.8-11.4-12.6-12.7-11.9-10.8-11.7 天候:晴 芝:良 上り4F:47.1 3F:34.4 前半4F:47.3 勝ち馬コーナー通過:15-15 勝ち馬上り3F:33.3 2014(ダノンプラチナ:1.35.9) 11.9-11.0-12.0-12.4-12.5-12.2-11.3-12.6 天候:晴 芝:稍重 上り4F:48.6 3F:36.1 前半4F:47.3 勝ち馬コーナー通過:14-12 勝ち馬上り3F:35.4 過去3年のラップタイム 過去3年の平均ラップタイム⇔阪神…

この記事を読む

阪神JF回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■前半~道中が平均弱の流れからの→直線勝負 ■切れが問われた 阪神JF結果 1ラッキーライラック1.34.3 33.7 08-08 2リリーノーブル1.34.4 33.9 06-05 3マウレア1.34.5 33.9 08-08 4トーセンブレス1.34.9 33.7 13-15 5モルトアレグロ1.35.0 34.1 10-10 6ラテュロス1.35.2 35.0 03-04 天候:晴 芝:良 上り4F:46.6 3F:34.4 前半4F:47.7 12.4-11.3-11.6-12.4-12.2-11.9-11.0-11.5 レースラップ分析&雑感 ラップタイムを見ると、前半~道中は常に平均を下回る流れで進み、勝負所の 仕掛けもじっくりで→直線に向いてから大きく加速…という展開。 今回の特徴は、行く馬があっさり決まったことで、2F目が過去最も遅くなり、 全体としても過去2~3番目のゆったりしたペースになったことが1つ。 そして、それとは逆に上がり3…

この記事を読む

カペラS展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイム 2016 11.8-10.4-11.1-11.9-12.0-13.0 33.3-36.9 2015 11.6-10.0-10.9-11.8-12.3-13.1 32.5-37.2 2014 11.8-10.4-11.1-11.6-11.9-12.7 33.3-36.2 2013 12.1-11.0-11.2-12.1-11.9-12.4 34.3-36.4 2012 11.9-10.6-11.7-12.4-12.1-12.1 34.2-36.6 2011 11.8-10.5-11.4-12.0-11.6-11.8 33.7-35.4 2010 11.7-10.3-11.0-11.9-12.1-12.7 33.0-36.7 2009 12.1-10.4-11.1-12.0-11.8-12.2 33.6-36.0 2008 12.1-10.0-10.6-11.5-12.0-12.5 32.7-36.0 過去9年の平均ラップタイム 11.88-10.40-11.12-11.91-11.97-12.50 1.09.78 33.40-36.3…

この記事を読む

阪神JF展望(予想)2017

予想 土曜の競馬では、比較的好位の馬が残っていたが、基本的にはペースが落ち 着いたレースが多かった。 そして今回のメンバーを見ると、前につけたいような馬が揃っている印象が あって、土曜のイメージのままで組み立てると危険な予感はする。 ⇒とりあえず、ペースは流れる想定。 前半~道中(特に前者)が厳しい展開に対応出来ることをまずは重視して、 それを前提に、しっかりとした決め脚を使えるタイプを選びたい。 今回の場合、全体としてこれまでに示しているパフォーマンスは、例年より 少し低め。想像以上に混戦…。 ◎ラッキーライラック 新馬戦では、しっかりとした決め手を発揮して、前走では、前半~道中で一応 脚を使いつつ→上がりをまとめた格好での勝利。 ここのリズムへの対応に問題がなくて、尚且つ速い上がりも示している点で、 適性面では最も信頼しやすいイメージ。 スケールの部分では相手に譲る印象だが、こちらの方がマイラーという馬体。 締まった展開想定で、スピードに殺される心配が少ないこちらを選択。 ○ロックディスタウン 新馬戦では究極的な決め手を…

この記事を読む

中日新聞杯展望(ラップ傾向&予想)2017

運命にとことん翻弄されながらも、とにかくこの時期に戻って来た伝統重賞。 時期は違うが(3月⇔12月)、とりあえず過去のラップを見ておくと…。 過去のラップタイム 2016 12.7-11.2-12.9-12.7-12.6-12.3-12.0-11.7-11.2-12.0 2015 12.8-11.3-12.7-12.6-12.2-12.0-11.6-11.7-11.6-12.7 2014 12.8-11.4-12.8-12.6-12.5-12.3-12.4-11.7-11.2-12.0 2013 12.4-11.0-12.5-12.3-12.0-12.0-11.8-11.9-11.4-12.3 2012 12.9-11.3-12.9-12.8-12.7-12.0-11.9-12.2-11.4-12.1 過去5年の平均ラップタイム⇔金鯱賞平均 12.72-11.24-12.76-12.60-12.40-12.12-11.94-11.84-11.36-12.22 2.01.20 ラップ傾向(過去記事の一部修正) ラップタイムを見ると、前…

この記事を読む