桜花賞展望(予想)2017

予想 上位が★&☆評価にした馬たちくらい…という桜花賞は普通にある。 それくらいに今回は見所のある馬が多くて、仮にここで2桁近くに負けたと しても、この先活躍する馬はたくさんいそう。 (それらの馬にもコメントは付けたが、予想としては◎~△まで) そうなると上位はどれだけ強いんだ?ということになるが、これは横の比較を しても伝わらないので、過去の名馬が示していたパフォーマンスに対してどの 程度か?という見方を今回はしてみたい。 ⇒結論から言うと、過去の絶対女王級が複数いる桜花賞。 (あくまでこれは3歳春の時点、マイル中心に見たデータ上での話だが…) ◎ソウルスターリング とりあえずこの時点までに示しているパフォーマンスで言うと、阪神JFは、 前半脚を使っている分、ジェンティルドンナのシンザン記念(トップクラスの 裏付け)を優に超えている。 その内容からすると、前走は、前半&道中ともに前々走よりも楽をしたのに、 上がりが案外伸び悩んだ…という部分が少しあり、穴があるとしたら究極的な 決め手…というところにはなりそう。 ただ(レッツゴー…

この記事を読む

阪神牝馬S展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイム 2016 12.8-10.8-11.6-11.9-11.8-11.1-11.3-11.8 過去のラップタイム ラップ傾向 条件が内回り1400m→外回り1600mに変更されたことで、全く別のレースに 生まれ変わってまだ1回の開催。 当然はっきりした傾向は言えないが、それでも昨年のラップタイムを見ると、 前半ミドルペースから、道中は一旦落ち着きつつもそれほど緩まない流れで、 勝負所でしっかりと加速する…という、この舞台らしい展開。 恐らくここでは、そのイメージから極端に外れた内容にはならないだろうし、 当然適性的には、持続力よりも切れ(&純粋な持久力)という考え方をして おきたいところ。 好走の条件 ・切れ(&純粋な持久力)があること 予想 ◎ミッキークイーン 昨年ここでは2着。その時のパフォーマンスだけで言っても普通に上の扱いに なるし、あの有馬記念で好走というだけでも、ちょっと格が違ってきている。 ここはその"格"(往々にして=純粋な持久力)が素直に反映される舞台だし、 切れと…

この記事を読む

ニュージーランドT展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイム 2016 12.2-11.0-11.7-11.7-12.1-11.8-11.7-11.7 2015 12.2-11.2-11.6-12.2-11.8-12.0-12.0-11.8 2014 12.2-10.8-11.0-11.7-11.9-11.8-11.8-12.1 2013 12.6-11.3-11.8-12.1-12.2-11.7-11.4-11.7 2012 12.1-10.6-11.3-11.6-12.0-11.7-12.0-11.9 2011 12.3-11.5-12.1-12.2-11.8-11.1-11.3-12.2 阪神開催 2010 12.4-11.0-11.5-11.8-11.3-11.7-11.5-11.7 2009 12.5-10.8-11.6-11.3-12.2-11.7-11.9-11.8 2008 12.5-11.0-11.0-11.4-11.8-12.0-12.4-12.9 2007 12.4-10.8-11.3-11.6-12.2-12.1-11.7-11.8 過去10年の平均ラップタイム(2011…

この記事を読む

桜花賞展望(ラップ傾向)2017

桜花賞過去10年のラップタイム 過去のラップタイムから傾向を探ってみる。 2016(ジュエラー:1.33.4) 12.4-10.7-11.7-12.3-12.0-11.4-11.3-11.6 天候:晴 芝:良 上り4F:46.3 3F:34.3 前半4F:47.1 勝ち馬コーナー通過:16-17 勝ち馬上り3F:33.0 2015(レッツゴードンキ:1.36.0) 12.7-11.7-12.7-12.9-12.5-11.3-10.7-11.5 天候:晴 芝:良 上り4F:46.0 3F:33.5 前半4F:50.0 勝ち馬コーナー通過:01-01 勝ち馬上り3F:33.5 2014(ハープスター:1.33.3) 11.9-10.5-11.4-11.5-11.7-11.4-12.8-12.1 天候:曇 芝:良 上り4F:48.0 3F:36.3 前半4F:45.3 勝ち馬コーナー通過:18-18 勝ち馬上り3F:32.9 2013(アユサン:1.35.0) 12.4-11.0-11.4-12.1-1…

この記事を読む

大阪杯回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■(実質的に)前半ミドルペースで→道中~上がりがフラットな展開 ■持続力が問われた 大阪杯結果 1キタサンブラック1.58.9 34.3 04-03-03-02 2ステファノス1.59.0 34.2 05-05-04-04 3ヤマカツエース1.59.1 33.8 10-10-09-07 4マカヒキ1.59.3 33.9 11-12-13-10 5アンビシャス1.59.3 33.6 13-13-14-13 6サトノクラウン1.59.3 34.2 05-05-06-05 天候:晴 芝:良 上り4F:47.1 3F:35.3 前半1000m:59.6 12.3-11.1-12.1-12.1-12.0-12.2-11.8-11.7-11.6-12.0 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、前半まずまず速いペースで流れて、道中も淀みのない フラットな展開、その後ラスト4Fから加速して→最後もそれ程落ちない形。 もちろんこれは1頭が少し離した逃げで作ったラップで、2番手…

この記事を読む

大阪杯展望(ラップ傾向&予想)2017

G1に格上げされて初めての開催なので、どのような傾向になるのか?は 当然これからの話。 とりあえず今年はG2時代の傾向を踏襲する形で考えたい。 過去のラップタイム 2016 12.8-11.5-12.5-12.1-12.2-12.5-12.1-11.3-10.9-11.4 2015 12.8-11.1-12.7-12.2-12.3-12.4-12.3-12.2-12.1-12.8 2014 12.8-11.3-12.5-12.0-11.9-11.8-11.7-11.5-12.4-12.4 2013 12.6-11.4-12.7-12.2-12.6-12.2-11.6-11.3-10.9-11.5 2012 13.2-12.2-13.7-13.2-12.9-12.7-12.3-11.9-11.2-12.2 2011 12.5-11.0-12.3-12.1-11.4-11.6-11.6-11.3-11.8-12.2 2010 12.1-11.1-12.8-12.3-12.0-12.2-11.6-11.5-11.7-12.2 2009 12.6-11.5-11…

この記事を読む

ダービー卿CT展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイム 2016 12.5-11.3-11.5-11.6-11.4-11.1-11.5-11.9 2015 12.3-11.5-11.8-11.1-11.3-11.6-11.7-10.9 2014 12.6-10.9-11.3-11.3-11.8-12.1-12.1-12.5 2013 12.4-10.7-11.2-11.2-11.8-11.7-11.8-11.8 2012 12.2-11.3-11.9-12.0-11.4-11.6-11.8-11.3 2011 12.7-11.4-11.5-12.0-11.8-11.0-11.0-11.9 阪神開催 2010 12.4-11.8-12.1-12.0-12.0-11.4-11.1-11.5 2009 12.4-11.3-11.5-11.6-11.9-11.5-11.7-11.8 2008 12.7-12.0-11.3-11.8-11.8-11.6-11.3-11.7 2007 12.6-11.3-11.1-11.2-11.5-11.6-11.7-12.1 過去10年の平均ラップタイム(2011…

この記事を読む

高松宮記念回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■やや速い前半から、後半も止まり過ぎない展開 ■一定の持久力&持続力が問われた 高松宮記念結果 1セイウンコウセイ1.08.7 34.5 04-04 2レッツゴードンキ1.08.9 33.9 13-12 3レッドファルクス1.09.0 34.6 08-06 4ティーハーフ1.09.3 34.6 11-09 5フィエロ1.09.3 34.1 15-15 天候:小雨 芝:稍重 上り4F:46.1 3F:34.9 前半3F:33.8 12.3-10.3-11.2-11.4-11.3-12.2 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、前半が少し速くなり、道中~勝負所はほとんど一定の スピードを保って流れつつ→ラスト1Fだけ落ちるという形。 今回の場合、スタートしてしばらくはある程度流れた格好で、前後半で言えば しっかり前傾になっているので、一定の持久力が問われたことは確か。 ただしその"度合い"は、過去のレースと比べてそれ程高い訳ではなく、ラップ 自体もこのコー…

この記事を読む