中京競馬場:コース特徴

  中京競馬場のコースの特徴は?(馬場改修後) コース形状 ◆1~2コーナーのキツさ&2コーナー~向こう正面半ばで1m程上る  ⇒ここを通る距離では一旦ペースが落ち着く格好になる ◆向こう正面~直線入り口に掛けて3m程下る  ⇒ダラダラと脚を使った状態で勝負所を迎えることになる ◆3~4コーナーがスパイラルカーブを描く  ⇒その性質上、入り口は高速で入って→出口では少しブレーキが掛かる ◆直線の急坂(2m程)を上り→そこからさらに平坦な1Fが続く  ⇒脚を使い切ってから→惰性を効かす必要がある 芝1200m ◆持続力が問われる ◆差し有利、追い込みも決まる ◆先行馬不利 最初の直線の短さによって、前半はあまり速くならない設定。(下り坂に入る2F目だけは少しだけ速い) 道中は一定のペースを保って流れ、直線はそのままのペースを維持するかor少しだけ加速する。 ここではレースを通して平均的な脚の使い方をするため、必要になるのはやはり…

この記事を読む