中京競馬場:コース特徴

  中京競馬場のコースの特徴は?(馬場改修後) コース形状 ◆1~2コーナーのキツさ&2コーナー~向こう正面半ばで1m程上る  ⇒ここを通る距離では一旦ペースが落ち着く格好になる ◆向こう正面~直線入り口に掛けて3m程下る  ⇒ダラダラと脚を使った状態で勝負所を迎えることになる ◆3~4コーナーがスパイラルカーブを描く  ⇒その性質上、入り口は高速で入って→出口では少しブレーキが掛かる ◆直線の急坂(2m程)を上り→そこからさらに平坦な1Fが続く  ⇒脚を使い切ってから→惰性を効かす必要がある 芝1200m ◆持続力が問われる ◆差し有利、追い込みも決まる ◆先行馬不利 最初の直線の短さによって、前半はあまり速くならない設定。(下り坂に入る2F目だけは少しだけ速い) 道中は一定のペースを保って流れ、直線はそのままのペースを維持するかor少しだけ加速する。 ここではレースを通して平均的な脚の使い方をするため、必要になるのはやはり…

この記事を読む

"新生"中京競馬場展望~展開&適性の想像

明日は(圏内の人間にとっては特に)待ちに待ったリニューアルOPなので、 コース図から、ざっとその特徴を(あくまで)イメージしてみたい。 競馬番組などでは専ら直線の上り坂が話題になっているが、個人的にまず気に なったのは、(断面図の)"向こう正面半ば~直線に入った所まで結構な勢いで 下り続ける"という部分。 向こう正面から下る形状を持つ競馬場としては中山や小倉などがあるが、共に 道中が(極端に)締まる展開orロングスパート戦になりやすく、(坂の位置は 多少異なるものの)新生中京にもその傾向は現れそうな雰囲気。 さらに平面図から3~4コーナーはスパイラルカーブっぽく見えるので、話題の バンクも含めて、コーナー部分でもスピードが落ちなさそうな印象で、これは もう、長い脚が使えなければ門前払いを喰らう可能性もありそう。 したがって、とりあえずのイメージとしては、単に直線の急坂⇒差し有利という よりも、ロングスパート持続力勝負によって(確かに)差し馬の逆転は増えるの かも知れないが、各馬の適性次第では、逆に差し馬の脚が続かず…という事態も 考えておく…

この記事を読む

札幌競馬場って?

  札幌競馬場 所在地 〒060-0016 北海道札幌市中央区北16条西16-1-1 地図 アクセス JR「桑園駅」下車徒歩約10分 札幌市営地下鉄東西線「二十四軒駅」下車徒歩約15分 市営バス(西52番線)競馬場正門前下車 札幌競馬場のコースの特性は?

この記事を読む

福島競馬場って?

  福島競馬場 所在地 〒960-8114 福島県福島市松浪町9-23 地図 アクセス JR「福島駅」(東口)バスターミナル2、3番のりばからバスで約15分、「競馬場前」下車 JR「仙台駅」からバスで「福島競馬場前」下車(運賃 片道600円) JR「福島駅」から車で約10分 飯坂温泉から車で約30分 福島競馬場のコースの特性は?

この記事を読む

阪神競馬場って?

  阪神競馬場 所在地 〒665-0053 兵庫県宝塚市駒の町1-1 地図 アクセス 阪急神戸線「大阪駅」から約30分、「神戸三宮駅」から約25分(ともに「西宮北口駅」乗り換え) 阪急今津線「仁川駅」から専用地下道で徒歩約5分 阪神競馬場のコースの特性は?

この記事を読む

中山競馬場って?

  中山競馬場(犬征服済み!) 所在地 〒273-0037 千葉県船橋市古作1-1-1 地図 アクセス JR「西船橋駅」からバスで約15分、徒歩で約30分 JR「船橋法典駅」から専用地下道(ナッキーモール・動く歩道設置)で徒歩約10分 京成「東中山駅」からはバスで約10分、徒歩で約20分 中山競馬場のコースの特性は?

この記事を読む

中京競馬場って?

  中京競馬場(犬征服済み!) 所在地 〒470-1132 愛知県豊明市間米町敷田1225 地図 アクセス 名鉄名古屋本線「中京競馬場前駅」から徒歩約10分 中京競馬場のコースの特性は?

この記事を読む

東京競馬場って?

  東京競馬場 所在地 〒183-0024 東京都府中市日吉町1-1 地図 アクセス 京王線「府中競馬正門前駅」から専用歩道橋にて正門まで徒歩約5分 京王線「東府中駅」南口から東門まで徒歩約10分 JR武蔵野線/南武線「府中本町駅」臨時改札口から専用歩道橋にて西門まで徒歩約5分 東京競馬場のコースの特性は?

この記事を読む

函館競馬場って?

  函館競馬場 所在地 北海道函館市駒場町12-2 地図 アクセス JR「函館駅」からバスで約20分。市電で約25分 函館競馬場のコースの特性は?

この記事を読む

新潟競馬場って?

  新潟競馬場 所在地 新潟県豊栄市笹山3490 地図 アクセス JR「新潟駅」前から直通バスで約40分 JR「新発田駅」からバスで約30分 JR「豊栄駅」から直通バスで約15分 新潟競馬場のコースの特性は?

この記事を読む

小倉競馬場って?

  小倉競馬場 所在地 福岡県北九州市小倉南区北方4-5-1 地図 アクセス JR「小倉駅」より都市モノレール小倉線「競馬場前駅」下車で約10分、車で約20分 小倉競馬場のコースの特性は?

この記事を読む

京都競馬場って?

  京都競馬場(犬征服済み!) 所在地 〒612-8265 京都府京都市伏見区葭島渡場島町32 地図 アクセス 京阪電鉄・淀駅下車徒歩約5分 JR・山崎駅から直通バスで約20分 阪急電鉄・水無瀬駅からバスで約20分 京都競馬場のコースの特性は? 体験記 京都は何回か行ってますが、印象に残っているのはやはりディープインパクトの菊花賞を見に行ったことです。 そのときの感想は「人多っ!」の一言。 まだ走ってるのに銅像あるし。 でもまあ10年に1回かもしれない3冠が生で観られてよかった~ 前日は菊花賞と時代祭り(?)の影響で宿無し。 京都泊のはずが大阪に飛ばされた…。 宿の予約の必要性を痛感しました。 でも京阪電鉄で行くと大阪からでも全然遠くなかった。 意外とその時の気分で京都と大阪、ど…

この記事を読む

新潟競馬場:コース特徴

  新潟競馬場のコースの特徴は? 芝:1000m(直線) ◆とにかくスピードがある馬。外を通る馬有利。 ◆切れと持久力を併せ持つタイプが有利。 直線1000mなだけに最初から相当速くなるのだが、 後半もさらに加速する展開になりやすい。 したがって他の短距離戦のように、持久力だけで粘り切るような馬では厳しく、 ある程度の切れも必要となる。 芝:1200m(内) ◆先行、逃げの順。 ◆最後までスピードを保つ持久力。 短距離戦らしく持久力が必要となる。 またラスト1Fのラップタイムがそれほど落ちないので、 最後までスピードを維持できなければならない。 中京の1200mと同じような傾向にある。 芝:1400m(内) ◆先行、差しが狙い目。 ◆スピードを維持し続ける持久力。 レース全体を通して速いスピードで淀みなく流れる。 したがって切れのあるタイプの差し馬では道中で脚を使わされてしまって直線伸びず、 一本調子の逃げ、先行馬…

この記事を読む

小倉競馬場:コース特徴

  小倉競馬場のコースの特徴は? 芝:1000m ◆逃げ、先行有利。 ◆相当な持久力が必要。 1000mのレースなので先行力と持久力が必須となる。 とにかく前に位置していないと勝負にならないコース。 芝:1200m ◆先行有利だが、差しも来る。 ◆相当な持久力が必要。 この距離なので先行力と持久力が問われるのは言うまでもないが、 小倉の短距離は前半に向こう正面の坂を下りながらスタートするので、 他の競馬場の短距離と比べても特に前半が速く流れやすい。 そのためにラップタイムはほぼ確実に極端な右肩下がりの形となり、 最後はどこまで粘れるかという自分自身との戦いになって、 相当な持久力が必要となってくる。 ただあまりに前が飛ばし過ぎると、前半に上手く控えた差し馬が、 棚ぼた式に前をまとめて差し切るということも起こり得る。 それも持久力がなければ出来ないことではあるが…。 芝:1700m ◆先行、差しが狙い目。 ◆逃げ不利。 ◆脚を…

この記事を読む

福島競馬場:コース特徴

  福島競馬場のコースの特徴は? 芝:1000m ◆スピードがある逃げ、先行馬が有利。 ◆とにかく必要なのは持久力。 1000mという距離だけにとにかく持久力が問われ、 最後はどこまで粘れるかという戦いになる。 芝:1200m ◆先行、逃げ、次いで差しの順。 ◆持久力が問われる。 短距離戦なので当然のように持久力が問われる。 とにかく最初から飛ばして途中が全く緩まないために、 少しでも息が入らないと脚が使えないような馬には注意したい。 阪神、新潟、中京の1200mで好走しているタイプには特に注意。 芝:1700m ◆先行、差し狙い。 ◆逃げ切るのはきつい。 ◆スピードの持続力。 ◆切れ味タイプ危険。 レース全体を通して淀みない流れとなりやすいので、 長い距離でスピードを維持し続けなければならない。 したがって切れるタイプの馬は不発に終わる可能性がある。 芝:1800m ◆先行、差しが狙い目。逃げ…

この記事を読む

札幌競馬場:コース特徴

  札幌競馬場のコースの特徴は? 芝:1000m ◆スピードのある先行馬に尽きる。 ◆相当な持久力。 この距離なので何と言っても先行力が物を言う。 そしてラストは当然のように持久力が問われることになる。 芝:1200m ◆逃げ、先行有利。 ◆持久力必要。 1000m同様に先行力があって、持久力に優れた馬でなければキツい。 ラップの統計的には道中が緩んで勝負所で切れ味が問われるようなレースも見られるが、 それは2歳新馬などのレベルが低いレースも行われているためで、 基本的にはスピードと持久力の勝負になるのは間違いない。 芝:1500m ◆逃げ、先行有利。 ◆外枠不利。 ◆脚の持続力。 スタートが東京2000mのミニチュア版(右回り)の形で、 スタートしてすぐに2コーナーを迎えるために当然外枠は不利となる。 またラップタイムの傾向としては道中もそれ程緩まず、かと言って勝負所でも ほとんど加速をしないという完全な淀みのない流れと…

この記事を読む

函館競馬場:コース特徴

  函館競馬場のコースの特徴は? 芝:1000m ◆スピード競馬。逃げ、先行断然有利。 ◆持久力が問われる。 ◆先行力必須。 この距離だけに当然持久力が問われる。 コース形態から4角からの下りで、先行馬が止まらずに、 そのまま行ってしまうことがある。 直線の短さも手伝って、後ろから行く馬は厳しいだろう。 芝:1200m ◆先行、差し狙いで。 ◆追い込み不利。 ◆持久力が問われる。 ◆脚を持続できるタイプなら尚良い。 当然のように持久力が必要で、楽に先行できるような馬が有利となるが、 函館の向こう正面はずっと上り坂となっており、他の競馬場の1200mと比べて スタート直後がそんなには速くならない。 したがって最後はある程度スピードを維持できることが求められる。 (優先順位はあくまで持久力の方が上位) 芝:1800m ◆差し、先行の順。 ◆スピードの持続力。 ◆切れ味自慢は危険。 レースのスタートからゴールまでほ…

この記事を読む

阪神競馬場:コース特徴

  阪神競馬場のコースの特徴は? 芝:1200m ◆とにかくスピードがある馬。 ◆先行有利。 ◆末脚を持続する持久力が必要。 1200mという距離ではあるが、ラップ的には最後の1Fがそれ程落ちない。 したがって末脚を長く持続することができなければ、最後に交わされる可能性が高い。 同じ1200mとしては中京や新潟と傾向が似ている。 芝:1400m(内) ◆先行力必要。枠は関係ない。 ◆とにかく持続力必要。 レース全体を通して淀みなく流れる傾向がある。 したがって長い脚を持続できるような馬でなければ厳しい。 特に切れるタイプの馬は末脚不発に終わる可能性があるので気をつけたい。 芝:1400m(外) ◆先行、差し。 ◆最初のコーナーまでが短く、逃げ、外枠は厳しいか。 芝:1600m(外) ◆スローに流れることが多いので、先行馬に注意。 ◆相当な切れ味が問われる。 ◆ある程度の持続力。 長い直線を意識して…

この記事を読む

中山競馬場:コース特徴

  中山競馬場のコースの特徴は? 芝:1200m(外) ◆逃げ、先行有利。内枠がくる。 ◆相当な持久力が必要。 この距離だけにラストを粘れる持久力が必要なのは言うまでもない。 それも中途半端なものではなく相当な底力が問われることになる。 これは中山1番の特徴であるラストの急坂だけでなく、 スタートからの3Fで約4mを下るというコース形状によるところが大きい。 下りながら前半を進めるためにペースが速くなりがちになることで、 より後半での持久力が試されることになるという形である。 したがって同コースで行われるスプリンターズSは、 同じスプリントG1であっても、途中に少し緩む場面があって、 トップスピードの持続力が問われる高松宮記念とは全く別物と考えた方がいい。 芝:1600m(外) ◆先行、差しが狙い目。 ◆外枠不利。 ◆脚を長く持続する力が問われる。 レースは完全に淀みなく流れ、 ラップタイムで見ても11秒台を刻み続けるような形となり、 相当…

この記事を読む

東京競馬場:コース特徴

  東京競馬場のコースの特徴は? 芝:1400m ◆内枠有利。 ◆逃げはきつい。 ◆切れと多少の持久力を併せ持つタイプが有利。 東京の長い直線を意識してか中盤は少し緩む。 そして4コーナーで一気に加速する。 したがって他の競馬場の1400mとは違ってかなりの切れが必要。 また加速するポイントからゴールまでが長いために、 最後の1Fはラップが落ちやすくなるので、 速いスピードを維持できる持久力を併せ持っているタイプの方が合う。 芝:1600m ◆実力通りに決まりやすい。強い馬が勝つ! ◆かなりの切れが必要。 何と言っても究極の切れ味が必要となるコース。 またレベルの高いレースとなると、前半からペースが速くなるので、 ある程度の持久力(スタミナと言ってもいい)が必要となる。 芝:1800m ◆差し、先行有利。逃げも侮れない。 ◆外枠不利。 ◆究極の切れ味が必要。 東京の中距離なだけに切れが必要なのは言うまでも無い。 …

この記事を読む