フォワ賞回顧 2017

フォワ賞2017・ラップタイム(チンギスシークレット) 91.45(13.06/F)-27.12(13.56/F)-12.39-12.24-12.66 2.35.86 参考:凱旋門賞2016・ラップタイム(ファウンド) 82.57(11.80/F)-24.41(12.21/F)-12.39-12.35-11.89 2.23.61 参考:ニエル賞2016・ラップタイム(マカヒキ) 94.19(13.46/F)-27.67(13.84/F)-11.85-11.10-11.03 2.35.84 レース&サトノダイヤモンド考察 今回のラップを見ると、前半~道中を13秒台で進めて、上がりで12秒台前半 まで加速した内容になっていて、一言で言えば上がり勝負。 ただし、ニエル賞が94.45(13.49/F)-26.99(13.50/F)というペース(当然 上がり勝負)で、ヴェルメイユ賞が86.04(12.29/F)-27.33(13.67/F)という ペース(最後はほとんど13秒台を刻むバタバタ)だったことと比較すれば、 超スローではなく、ややスローとい…

この記事を読む

キーンランドC回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■厳しい流れから→上がりがかなり掛かる展開 ■高い持久力が問われた キーンランドC結果 1エポワス1.09.0 34.4 12-08 2ソルヴェイグ1.09.0 35.5 02-02 3ナックビーナス1.09.1 35.6 01-01 4フミノムーン1.09.2 34.9 09-08 5ライトフェアリー1.09.3 35.6 04-03 天候:晴 芝:良 上り4F:46.5 3F:35.5 前半3F:33.5 12.0-10.5-11.0-11.6-11.7-12.2 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、前半が速くなって、上がりは最後しっかりと落ち込む ような、完全に前傾の展開。 今回の特徴は、(馬場が少し掛かる状態だったことを考えれば特に)前半の 速さだと言えて、厳しい流れに引っ張られ、当然高い持久力が問われたはず。 とにかくこのレースで、今回のように前後半3Fの差が2秒も開いたのは2011年 以来の出来事。(それ程長くはないがレースの歴史上で…

この記事を読む

関屋記念回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■道中が全く淀みなく流れ→ラスト1Fだけ落ちる展開 ■スピード持続力(&一定の持久力)が問われた 関屋記念結果 1マルターズアポジー1.32.2 34.3 01-01 2ウインガニオン1.32.4 33.9 02-02 3ダノンリバティ1.32.4 33.6 04-04 4ヤングマンパワー1.32.5 33.6 06-05 5ダノンプラチナ1.32.5 33.0 11-11 天候:曇 芝:良 上り4F:45.6 3F:34.3 前半4F:46.6 12.4-11.1-11.7-11.4-11.3-11.1-11.0-12.2 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、前半は平均弱くらいだが、道中かなり締まった展開に なり、落ち着く場面もなく上がりまで徐々に加速→ラスト1Fだけ落ちる形。 今回の特徴は、やはり道中の速さで、そのスピード領域に長い時間居る必要が あったため、とにかく持続力の高さが物を言ったイメージ。 脚質的には、この展開なので前にも当然厳しか…

この記事を読む

エルムS回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■(絶対的に速い)スピードレース、最後は少し落ちる展開 ■一定の持久力&持続力が問われた エルムS結果 1ロンドンタウン1.40.9 35.6 04-04-03-03 2テイエムジンソク1.41.0 36.0 02-02-02-02 3ドリームキラリ1.41.0 36.0 01-01-01-01 4コスモカナディアン1.41.4 35.9 06-06-06-05 5ショウナンアポロン1.41.5 35.1 14-14-14-09 天候:曇 ダート:重 上り4F:47.5 3F:35.9 6.8-10.6-11.8-12.3-11.9-11.6-11.7-11.8-12.4 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、前半は馬場を考えてもまずまずのペースで入り、一旦 コーナーで落ち着きつつも、道中も平均水準か(もしかしたら)それ以上。 後半の仕掛けも速く、上がりは右肩下がりの形。 とにかく今回の場合、"スピード"という一言に尽きるのだが、馬場差を考慮 してみても水…

この記事を読む

クイーンS回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■前半~道中速く、コーナーで一旦落ち着いて→再度加速する展開 ■一定の持久力と、切れ(1頭)or持続力(他)が問われた クイーンS結果 1アエロリット1.45.7 35.5 01-01-01-01 2トーセンビクトリー1.46.1 34.4 06-07-06-05 3クインズミラーグロ1.46.3 34.4 08-10-10-07 4クロコスミア1.46.5 35.1 03-03-03-04 5エテルナミノル1.46.6 34.9 08-08-06-07 天候:晴 芝:良 上り4F:47.4 3F:35.5 前半1000m:58.3 12.2-11.2-11.8-11.6-11.5-11.9-12.1-11.5-11.9 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、前半からある程度速くなって、道中はかなり締まった 展開、その後3コーナー辺りから一旦落ち着きつつ→4コーナー~直線でもう 1度しっかり加速…という形。 とにかく今回の特徴は、前半~道中の速さで、そこで…

この記事を読む

プロキオンS回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■ハイペースから、後半は右肩下がりの展開 ■高い持久力&持続力が問われた プロキオンS結果 1キングズガード1.22.9 35.6 13-12 2カフジテイク1.23.2 36.0 12-09 3ブライトライン1.23.4 36.4 10-07 4ゴーインググレート1.23.6 37.2 04-03 5メイショウウタゲ1.24.0 37.1 09-09 天候:曇 ダート:良 上り4F:48.7 3F:36.9 前半3F:34.2 12.2-10.9-11.1-11.8-12.1-12.4-12.4 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、前半このレースらしくしっかり速くなって、その後は 完全に右肩下がりの展開で、ラスト1Fだけ踏み止まる…という形。 今回の特徴は、やはり前半の速さで、そこでしっかり引っ張られたことで、 レース後半では当然高い持久力が問われた。 また今回のような、ラップの最後の部分が平坦になるパターンは、前が崩れて →差し馬が完全に飲み…

この記事を読む

宝塚記念回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■平均弱の前半から、後半は超のつくロングスパート戦 ■高い持続力が問われた 宝塚記念結果 1サトノクラウン2.11.4 35.4 07-06-06-06 2ゴールドアクター2.11.5 35.4 06-06-06-09 3ミッキークイーン2.11.7 35.5 09-09-09-09 4シャケトラ2.12.0 36.2 02-02-02-02 5レインボーライン2.12.3 36.3 10-09-10-06 6ミッキーロケット2.12.3 36.4 03-04-04-06 天候:曇 芝:稍重 上り4F:47.5 3F:35.7 前半1000m:60.6 12.5-11.1-11.6-13.1-12.3-11.7-11.6-11.8-11.7-11.8-12.2 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、前半は平均弱くらいの入り方だったが、向こう正面 から速いラップを刻み続けるような展開になり、上がりは緩やかな右肩下がり という形。 今回は、当日雨は一応降っ…

この記事を読む

安田記念回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■前半速く、道中形としては一旦落ち着いて→しっかりと加速する展開 ■持久力&切れが問われた 安田記念結果 1サトノアラジン1.31.5 33.5 14-15 2ロゴタイプ1.31.5 34.4 01-01 3レッドファルクス1.31.6 33.7 14-13 4グレーターロンドン1.31.6 33.9 11-11 5エアスピネル1.31.7 33.6 16-16 天候:晴 芝:良 上り4F:46.0 3F:34.4 前半4F:45.5 12.2-10.6-11.1-11.6-11.6-11.0-11.3-12.1 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、前半がある程度速くなって、道中は絶対的な水準は 高いものの一旦は落ち着く展開、その後勝負所で一気に加速して→ラスト3Fが 右肩下がりの形。 今回の展開的な1つの特徴として、勝負所での一気のペースアップというのが 挙げられて、これだけ大きく加速するパターンは、安田記念では最早少数派。 当然、相対的に道中…

この記事を読む

日本ダービー回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■スローからの→完全な上がり勝負 ■切れ(&地脚の強さ)が問われた 日本ダービー結果 1レイデオロ2.26.9 33.8 13-14-02-02 2スワーヴリチャード2.27.0 33.5 07-07-07-05 3アドミラブル2.27.2 33.3 15-17-13-12 4マイスタイル2.27.2 34.1 01-01-01-01 5アルアイン2.27.2 33.7 03-03-05-05 天候:晴 芝:良 上り4F:46.5 3F:33.8 前半1000m:63.2 13.0-11.2-12.9-12.8-13.3-12.5-12.1-12.6-12.7-11.5-10.9-11.4 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、前半がかなりスローに流れて、向こう正面では一旦 ペースアップしたものの、コーナーでは再度落ち着く展開で、そこから大きく 加速する形の上がり勝負。 今回の場合、スローからの→決め手勝負、ルメールJを筆頭に各ジョッキーの 仕掛けのタイ…

この記事を読む

オークス回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■ゆったり入って、道中高い水準から→早仕掛けの展開 ■一定の持久力&末の持続力が問われた オークス結果 1ソウルスターリング2.24.1 34.1 03-04-02-02 2モズカッチャン2.24.4 34.1 06-06-06-05 3アドマイヤミヤビ2.24.8 33.9 13-13-13-12 4ディアドラ2.24.8 33.9 15-15-15-12 5リスグラシュー2.24.9 34.2 10-09-09-11 天候:晴 芝:良 上り4F:45.7 3F:34.1 前半1000m:61.7 12.7-11.6-12.8-12.6-12.0-12.3-12.3-12.1-11.6-11.3-11.2-11.6 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、スタート直後はゆったりと入って、その分道中が速く 流れる展開で、上がりは早い仕掛けから→最後まであまり落ちない形。 今回まず目に留まるのは"前半の遅さ"だが、その後の道中は例年と比較しても かなり高い水準…

この記事を読む

ヴィクトリアマイル回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■スローからの→上がり勝負 ■切れが問われた ヴィクトリアマイル結果 1アドマイヤリード1.33.9 33.4 12-07 2デンコウアンジュ1.34.1 33.2 09-11 3ジュールポレール1.34.1 33.6 06-07 4スマートレイアー1.34.1 34.0 02-02 5ソルヴェイグ1.34.2 34.1 01-01 天候:曇 芝:稍重 上り4F:46.0 3F:33.8 前半4F:47.9 12.6-11.2-11.8-12.3-12.2-11.1-10.8-11.9 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、前半ゆったりと入って、道中もしっかりと緩む展開、 その後ラスト3Fで一気に加速して上がりが速くなった。 今回の特徴は、やはり(馬場を考えても)スローに流れたことで、過去最速に 近いレベルの上がりタイムを記録した。 当然適性的には切れが問われた格好で、脚質的にも前が優勢になった。 また今回の場合、前日の雨で渋った馬場からの回復途上…

この記事を読む

NHKマイルC回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■前半~道中の水準が高く→そこからしっかり加速する展開 ■総合力が問われた NHKマイルC結果 1アエロリット1.32.3 34.3 02-02 2リエノテソーロ1.32.5 34.0 09-09 3ボンセルヴィーソ1.32.9 35.0 01-01 4レッドアンシェル1.32.9 34.2 10-10 5オールザゴー1.33.0 34.4 10-10 6タイムトリップ1.33.0 34.6 07-07 天候:曇 芝:良 上り4F:46.2 3F:34.4 前半4F:46.1 12.4-10.9-11.2-11.6-11.8-11.3-11.3-11.8 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、スタート直後はそれほどでもなかったが、その後が なかなかスピードの落ちない展開になり、結果的に前半~道中は水準が高い。 そこから勝負所でしっかり加速しつつ→上がりもあまり止まらない形。 今回の場合、馬場が速く、レース全体としても前後半のラップがほぼイーブン にな…

この記事を読む

天皇賞春回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■(実質的に)道中高い水準で進み→上がりは早仕掛けの展開 ■相当に高い持久力&持続力が問われた 天皇賞春結果 1キタサンブラック3.12.5 35.3 02-02-02-01 2シュヴァルグラン3.12.7 35.2 05-05-04-03 3サトノダイヤモンド3.12.7 35.0 07-07-07-05 4アドマイヤデウス3.12.8 35.2 03-03-04-03 5アルバート3.13.3 35.3 09-09-10-08 天候:晴 芝:良 上り4F:47.7 3F:35.5 4F毎ラップ:46.9-47.6-50.3-47.7 12.9-11.5-11.2-11.3-11.4-11.6-11.6-13.0-12.5-12.7-12.6-12.5-12.2-11.6-11.7-12.2 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、スタート~1コーナーまでが極端に速い流れになり、 その後の道中は展開としては一旦落ち着いて、勝負所でしっかりと加速しつつ →最後は右…

この記事を読む

皐月賞回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■速いスピードの中での、溜め→加速勝負 ■切れ(&持続力)が問われた 皐月賞結果 1アルアイン1.57.8 34.2 03-04-05-05 2ペルシアンナイト1.57.8 34.1 15-15-05-05 3ダンビュライト1.57.9 34.3 06-06-05-03 4クリンチャー1.58.1 34.8 03-03-02-01 5レイデオロ1.58.2 34.0 16-16-16-14 6スワーヴリチャード1.58.2 34.3 06-09-11-10 天候:晴 芝:良 上り4F:46.4 3F:34.5 前半1000m:59.0 12.1-10.8-12.2-11.7-12.2-12.4-11.9-11.4-11.4-11.7 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、前半ミドルペース~やや速いくらいの流れで、道中は 極端ではないものの向こう正面で少し落ち着く展開、その後ラスト4F~3Fで しっかりと加速しつつ→最後までほとんど落ちない形。 今回の場…

この記事を読む

桜花賞回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■前半~道中がかなり厳しくなり→上がりは完全に右肩下がりの展開 ■持久力&持続力(&コーナリングの効率)が問われた 桜花賞結果 1レーヌミノル1.34.5 35.4 04-04 2リスグラシュー1.34.6 35.3 09-08 3ソウルスターリング1.34.6 35.4 06-05 4カラクレナイ1.34.7 35.0 15-14 5アエロリット1.34.7 35.0 14-14 天候:曇 芝:稍重 上り4F:48.0 3F:36.2 前半4F:46.5 12.7-10.9-11.1-11.8-11.8-11.5-11.9-12.8 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、(馬場を考えると)前半相当に速く、道中も締まった 展開になり、勝負所で少しだけ加速しつつ→直線は完全に右肩下がりの形。 とにかく今回は(自分の中で)腑に落ちるまで時間が掛かったが、「ラップ ⇔各馬の位置取り&動き」をしっかりチェックしてやっと見えてきた。 そして結論から言うと、今回の場…

この記事を読む

大阪杯回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■(実質的に)前半ミドルペースで→道中~上がりがフラットな展開 ■持続力が問われた 大阪杯結果 1キタサンブラック1.58.9 34.3 04-03-03-02 2ステファノス1.59.0 34.2 05-05-04-04 3ヤマカツエース1.59.1 33.8 10-10-09-07 4マカヒキ1.59.3 33.9 11-12-13-10 5アンビシャス1.59.3 33.6 13-13-14-13 6サトノクラウン1.59.3 34.2 05-05-06-05 天候:晴 芝:良 上り4F:47.1 3F:35.3 前半1000m:59.6 12.3-11.1-12.1-12.1-12.0-12.2-11.8-11.7-11.6-12.0 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、前半まずまず速いペースで流れて、道中も淀みのない フラットな展開、その後ラスト4Fから加速して→最後もそれ程落ちない形。 もちろんこれは1頭が少し離した逃げで作ったラップで、2番手…

この記事を読む

高松宮記念回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■やや速い前半から、後半も止まり過ぎない展開 ■一定の持久力&持続力が問われた 高松宮記念結果 1セイウンコウセイ1.08.7 34.5 04-04 2レッツゴードンキ1.08.9 33.9 13-12 3レッドファルクス1.09.0 34.6 08-06 4ティーハーフ1.09.3 34.6 11-09 5フィエロ1.09.3 34.1 15-15 天候:小雨 芝:稍重 上り4F:46.1 3F:34.9 前半3F:33.8 12.3-10.3-11.2-11.4-11.3-12.2 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、前半が少し速くなり、道中~勝負所はほとんど一定の スピードを保って流れつつ→ラスト1Fだけ落ちるという形。 今回の場合、スタートしてしばらくはある程度流れた格好で、前後半で言えば しっかり前傾になっているので、一定の持久力が問われたことは確か。 ただしその"度合い"は、過去のレースと比べてそれ程高い訳ではなく、ラップ 自体もこのコー…

この記事を読む

阪神大賞典回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■前半~道中がかなり厳しく、尚且つ上がりも止まらない超ハイレベル戦 ■高い持久力&持続力が問われた 阪神大賞典結果 1サトノダイヤモンド3.02.6 35.4 07-08-08-04 2シュヴァルグラン3.02.8 35.9 07-07-05-02 3トーセンバジル3.03.2 35.8 09-09-09-07 4タマモベストプレイ3.03.4 36.6 02-02-02-02 5スピリッツミノル3.03.4 36.4 05-05-06-04 天候:晴 芝:良 上り4F:48.1 3F:35.8 前中後1000m:61.5-60.4-60.7 12.8-11.8-11.6-12.7-12.6-11.5-11.7-12.5-12.4-12.3-12.6-12.3-11.7-11.8-12.3 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、前半からある程度速くなり、道中は極端に締まった 展開、そこから上がりもしっかり加速して→最後まであまり落ち込まない形。 今回の特徴は、や…

この記事を読む

チューリップ賞回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■前半かなり速く、道中一旦落ち着いて→しっかりと加速する展開 ■一定の持久力&切れが問われた チューリップ賞結果 1ソウルスターリング1.33.2 33.8 05-05 2ミスパンテール1.33.5 33.7 10-09 3リスグラシュー1.33.6 33.9 08-07 4ミリッサ1.33.7 34.1 07-07 5カワキタエンカ1.33.8 34.7 04-03 天候:晴 芝:良 上り4F:46.8 3F:34.6 前半4F:46.4 12.4-10.7-11.1-12.2-12.2-11.4-11.3-11.9 レース詳細 ラップタイムを見ると、前半がかなり速くなり、道中は一旦落ち着く展開で、 その後ラスト3Fで一気に加速して→最後までそれ程落ちない形。 今回の特徴は、まずはやはり前半の速さで、そこでしっかりと引っ張られた ことで、当然一定以上の持久力が問われたはず。 道中に関しては、この週は全体的に時計が出ていたことを考えれば、少し緩め くらい…

この記事を読む

中山記念回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■前半ゆったりした展開からの→ロングスパート戦 ■後半の持続力が問われた 中山記念結果 1ネオリアリズム1.47.6 34.3 03-02-02-03 2サクラアンプルール1.47.7 33.8 09-08-08-07 3ロゴタイプ1.47.8 34.5 01-01-02-02 4アンビシャス1.47.8 33.8 09-08-08-07 5ヴィブロス1.47.9 34.4 07-05-04-04 天候:晴 芝:良 上り4F:46.2 3F:34.6 前半1000m:61.4 12.6-12.2-12.6-12.9-11.1-11.6-11.6-11.3-11.7 レース詳細 ラップタイムを見ると、前半かなりゆったりと入って、道中は向こう正面で 一気にペースアップする展開、そこからコーナー前後で多少の緩急が付きつつ →最後まであまりラップの落ちない形。 今回の特徴は、まずはやはり前半の遅さで、そこでしっかり溜められたことで 多くの馬が後半まで十分な余力を残せた…

この記事を読む