そうだ、京都へ行きたい…

今週からはいよいよ東京&京都開催が始まります。 芝コースは東京はAコース、京都はDコースで行われます。 京都は秋開催からA→B→Cという順で使われるので、 DコースはCコース使用時にも使われているものの、 芝はかなり良好な状態を保ちます。 さらにDコースということで、当然コース幅は他のコース使用時 よりも狭くなり、隊列が横にあまり拡がることなく、 縦長になりやすくなります。 馬場が良いことで先行した馬が止まりにくくなり、 隊列が長くなることで後ろから行く馬は少しでも仕掛けが遅れると 前を捕らえきれないという結果に終わることがあります。 つまりペース判断がしっかりできることが必要で、 騎手の腕による部分が大きくなっていると言えます。 したがって2週間後の天皇賞はDコースで行われるために、 同じ長距離でもAコースで行われる菊花賞に比べて、 鞍上に恵まれた先行馬に注意が必要です。 話はガラっと変わりますが、季節でどれが好きかと考えると 新緑の季節が1番かも知れません。 そんな時期に天皇賞が行われる京都に行きたい。 …

この記事を読む

阪神大賞典…

武豊…動いてくれ!ポップロックはヨーイドンの競馬が不向き。3コーナー過ぎで動かない意味が分からない。 トウカイトリック…出遅れた時点で終わった。このスローペースでは。

この記事を読む

所信表明

競馬はロマンとギャンブルという2つの顔をもっています。 そして競馬が趣味という人もロマン派とギャンブル派に分かれています。 それぞれの考えをもつ人は互いに他の考えを容易には受け入れることができていないように思います。 しかしもともと競馬は二面性をもつものなので100%楽しむには、それぞれの考え方をもつ人たちが互いの考え方を理解しあうことが必要だと思います。 僕自身は、といえばもともとは完全なるロマン派でした。 しかし現在は三冠馬の誕生を目の前で目撃して涙を流し、その一方で多少のお金の損得に一喜一憂しています。 僕はギャンブルの面を受け入れることでそれまでの数倍は競馬を楽しむことができるようになりました。 具体的にはロマンだけを念頭に置いていたときは、1つのレースでは自分の応援している馬ばかりを見ていてその馬が先行している馬を差し切るという場面を頭の中に焼き付ける、といった見方をしていました。 多少のお金をかけるようになってからはやはり自分の応援している馬にかけて、その馬を中心に見てはいますが、それだけでなくその馬に絡めて買っている馬を見るこ…

この記事を読む