そうだ、京都へ行きたい…

今週からはいよいよ東京&京都開催が始まります。 芝コースは東京はAコース、京都はDコースで行われます。 京都は秋開催からA→B→Cという順で使われるので、 DコースはCコース使用時にも使われているものの、 芝はかなり良好な状態を保ちます。 さらにDコースということで、当然コース幅は他のコース使用時 よりも狭くなり、隊列が横にあまり拡がることなく、 縦長になりやすくなります。 馬場が良いことで先行した馬が止まりにくくなり、 隊列が長くなることで後ろから行く馬は少しでも仕掛けが遅れると 前を捕らえきれないという結果に終わることがあります。 つまりペース判断がしっかりできることが必要で、 騎手の腕による部分が大きくなっていると言えます。 したがって2週間後の天皇賞はDコースで行われるために、 同じ長距離でもAコースで行われる菊花賞に比べて、 鞍上に恵まれた先行馬に注意が必要です。 話はガラっと変わりますが、季節でどれが好きかと考えると 新緑の季節が1番かも知れません。 そんな時期に天皇賞が行われる京都に行きたい。 …

この記事を読む