シンザン記念展望(ラップ傾向&予想)2018


過去のラップタイム


2017 12.1-11.0-11.4-12.6-12.4-12.8-12.7-12.6
2016 12.5-10.9-11.4-11.5-11.8-12.3-11.7-12.0
2015 12.6-11.3-11.8-12.5-11.9-11.5-11.5-11.7
2014 12.2-11.5-11.8-12.4-11.8-11.3-11.0-11.8
2013 12.2-11.0-11.4-12.0-12.0-11.9-11.5-12.3
2012 12.2-11.1-11.7-12.2-11.6-11.9-11.7-11.9
2011 12.2-11.2-11.7-12.1-11.6-11.2-12.0-12.0
2010 12.5-11.1-11.5-12.2-12.1-12.1-11.4-11.4
2009 12.5-11.0-11.6-12.1-12.2-12.6-11.5-11.8
2008 12.1-10.7-11.3-12.1-12.2-11.9-12.3-12.8

過去10年の平均ラップタイム
12.31-11.08-11.56-12.17-11.96-11.95-11.73-12.03
1.34.79

シンザン記念平均ラップタイム


ラップ傾向


過去のラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや速い流れで、道中も
極端には緩まず淀みのない展開、その後3~4コーナーから直線に掛けて徐々に
加速しつつ、ラストまである程度のスピードを維持する形。

この時期の馬のレースとしては、前半~道中の水準がかなり高く、尚且つ後半は
長い脚が問われる形になるため、まずは高い持久力&持続力を備えていることが
前提となる。

また馬場の良い状態で行われることもあり、他の馬に先駆けて動ける、もしくは
ある程度好位につけられる…ということも重要で、純粋なスピード性能の高さが
物を言うイメージ。

一言で言ってしまえば総合力勝負。ここで(前半~道中を高水準で進めつつ→
上がりをまとめる…というように)高いパフォーマンスを示して好走した馬が、
後に出世しやすいのは当然とも思える。


好走する条件
・高い持久力&持続力が必要
・切れor先行力があること




予想


日曜はある程度時計も出ていたし、土曜に受けた印象ほど馬場は悪くないの
かも知れないが、それでも今年の場合、上の傾向で示したスピードという点に
関しては括弧()付きくらいで考えたい。地力重視で。

◎ファストアプローチ
朝日杯は、水準の高い展開の中で、番手から攻めた格好での粘り込み。
勝ち馬には完敗だが、コンマ1秒差の2着以下の馬たちに対しては威張って
いい内容だし、その地力は当然認められる。
タイプ的には、トップスピードに限界がありそうなイメージなので、本来は
京都に替わっていいことはないだろうだが、暮れの阪神の馬場が例年よりも
良くて、京都が例年よりも悪い今の状況を考えたら、ここでむしろ前進を示す
可能性もあるのかも。軸としては最適…という本命。

○カフジバンガード
前々走は、位置取り的には恵まれた方の立場ではあったものの、相当に厳しい
展開でしっかりと好走していて、一定の持久力は示した格好。
それと前走で示した性能を合わせて考えれば、とりあえずここでも、浮上する
可能性は十分あっていいはず。
単純に、秋から続く京都の状況からは、ハービンジャー産駒はやはり怖い。

▲ブランモンストル
前走は、ある程度水準の高い展開に好位から付き合って、直線もしっかりと
した脚で抜けた強い内容。そのパフォーマンスは、朝日杯でそこそこ活躍した
2頭と比べてもそれ程見劣らないし、こちらはまだ緩い仕上がりにも見えた。
芦毛もそうだし、蹄の形などもクロフネが出ている印象があり、スピードより
パワー系のイメージだが、今の京都ならばむしろこれでいいのかも。

注アーモンドアイ
前走は、勝負所で軽く促した程度であっさりと好位に取り付きつつ、直線も
ほとんど追わずに突き放しての完勝。性能の高さというのは当然だが、これが
出来るということは、やはり中身の良さがあってこそ。
ペースが緩く地力の裏付けはないため、結局評価の難しい存在だが、可能性
としては当然考えておきたい。

△カシアス
朝日杯は、道中締まった展開の中で、好位から進めて、直線は切れず崩れずの
なだれ込み。マイルでの決め手という部分では正直限界を感じさせたが、地力
では当然ここでも上位扱いになる。
毎年この手の(少し背伸びして距離延長する)タイプをどの段階まで評価する
のか?という問題に当たるが、今のところ、好走まではまだ大丈夫なはず。

△プリュス
スケールがあまりなくて、少し細かく脚を使うタイプで、イメージ的には距離
延長&京都へのコース替わりはプラスとは言えない。
それでも前走では、高いスピード水準の中で、直線しっかりと脚を使うという
ことが出来ていて、データ的にはここにつながりそうな内容を示している。
スピードよりもパワーを想定すると、扱いは更に微妙になるが、一応。



この記事へのコメント