フェアリーS展望(ラップ傾向&予想)2018


過去のラップタイム


2017 12.5-11.0-11.2-11.4-11.9-12.4-12.0-12.3
2016 12.4-11.3-11.8-12.0-12.1-11.6-11.2-11.9
2015 12.6-11.2-11.9-12.4-11.9-11.6-11.4-12.2
2014 12.6-11.5-12.0-12.0-12.3-12.2-11.5-12.2
2013 12.3-11.6-11.8-12.0-12.0-11.5-11.3-12.2
2012 12.3-11.7-11.7-12.1-12.5-12.2-11.5-11.5
2011 12.3-10.6-11.1-11.1-12.0-12.2-11.9-12.5
2010 12.3-10.6-10.9-11.2-11.8-12.6-12.4-13.0
2009 12.8-11.6-12.0-12.2-12.3-12.2-11.4-12.0

過去9年の平均ラップタイム
12.46-11.23-11.60-11.82-12.09-12.06-11.62-12.20
1.35.08

フェアリーS平均ラップタイム


ラップ傾向

(過去記事の転載)

過去のラップタイムからは、超ハイペース戦~少し落ち着く形のミドルペース戦
まで展開の振り幅が大きく、正直発走してみなければ分からない部分が多い。

それでもこのコースは、向こう正面の下り坂の影響で、道中が緩みにくい構造に
なっているために、極端に緩むパターンまでは想像しづらくて、レースを通して
それなりの水準を持続できる…という部分がまずは基本になってきそう。

その点をしっかりと見極めつつ、あとはペース次第ではあるが、先行力や機動力
などの、この舞台に嵌りそうな要素を備えたタイプを選びたいところ。


好走の条件
・スピード持続力があること




予想



◎ライレローズ
前走は、道中がかなり締まった展開を番手からしっかり押し切った強い内容。
アルゼンチン共和国杯当日の内先行有利な馬場だが、パフォーマンスは十分に
高くなっているし、ラップ的にもここにつながりそうな形。
また新馬戦は、最後は際どく差されたものの、大きく加速する展開にしっかり
対応しているし、適性の幅という点でも、どちらに転んでも問題なさそう。
今回枠もいいところを引いたし、人気も程々。相手は強いが推し切る。

○テトラドラクマ
前走は、前半が速く基本は差し優勢の展開の中で、好位からブレない走りで
最後まで余力を残しての突き抜け。そのパフォーマンスはアルテミスSの2枚
くらい上を行く水準で、ここは単なる通過点という可能性も十分にある。
当然実力で考えれば本命でいいのだが、今回は大外枠。ハッキリ内がいい馬場
でもないし、6枠or7枠なら普通に推したと思うが、さすがにこれは迷った。
⇒もう1頭注目したい馬もいるし、頭まで考慮した2番手評価に止める。

▲スカーレットカラー
未勝利戦は、前半からしっかりと引っ張られる流れの中で、自身はレースを
通して一定の水準で進め、正攻法で差し切った強い内容。
その時2馬身半離した相手もシャルルマーニュだし、地力は当然認められる。
タイプ的には、はっきり持続型の馬で、この手の舞台での前進は見込めるし、
適性の幅という点で評価はここまでだが、展開次第では頭もあり得る。

注レネット
前々走は、水準の高い展開で、自身のパフォーマンスもまずまず高い内容。
勝ち馬のライレローズと比べると、こちらの方が前半~道中で溜めていた格好
ながら、直線は同じ脚で詰め切れずのなだれ込みなので、評価としては当然
相手よりも下にはなるが、全体の中では普通に上位扱いでいいはず。
とりあえず、好走の可能性はしっかり考えたい存在。

△ジョブックコメン
前走は、ハイペースで上がりがかなり掛かった展開で、自身はレースを通して
一定のペースで進める内容での差し切り。当然地力と持続力は認められるが、
一方ではまった部分も間違いなくある。
前々走は、高水準のメリハリのついた展開でテトラドラクマに完敗。
適性の幅という部分まで考えると、相手の1頭までが妥当。

△プリモシーン
前走は、後方から直線1頭違う脚を使っての勝利だが、外差し有利な馬場の
中で、好位から進めたテトラドラクマに喰らいつかれ→何とか競り勝った形。
その内容からは、中山に対しては切れの方に寄り過ぎなイメージになるし、
地力の裏付けという部分でも、信頼まではしづらい。
外枠から、前走と同じような競馬では浮上し切れない可能性が高そう。

☆レッドベルローズ
新馬戦は、外を回しつつ、直線も(競り合う形にはなったが)最後まで脚を
伸ばした格好での勝利で、性能の高さを示した。
馬格はそれ程ではないものの、スケールのある走りと、まだ底を見せていない
…というところで、あっさり前進を示す可能性のある困った存在だが、地力の
裏付けがある訳でもなく、評価としては結局この位置。



この記事へのコメント