シリウスS展望(ラップ傾向&予想)2017


過去のラップタイム


2016 12.6-11.3-11.4-12.9-12.3-12.5-12.3-12.1-11.8-12.5
2015 12.6-11.6-11.2-13.6-13.3-12.6-12.1-12.1-12.4-13.1
2014 12.5-11.8-12.1-13.9-12.9-12.7-12.1-11.6-11.7-12.5
2013 12.4-11.1-11.3-13.5-12.9-12.9-12.5-12.0-12.2-12.6
2012 12.5-11.3-11.9-13.9-12.2-12.1-12.4-12.2-12.1-12.7
2011 12.6-11.2-11.2-13.6-13.2-13.1-12.8-12.1-11.7-12.8
2010 12.8-11.4-11.6-13.7-12.5-12.8-12.6-12.3-11.6-13.1
2009 12.6-11.4-11.7-13.8-13.1-12.5-12.2-12.4-12.3-12.5
2008 12.2-10.9-11.0-13.7-13.1-13.2-12.3-12.5-12.3-12.6
2007 12.3-11.2-11.0-14.2-13.8-13.0-12.4-12.4-12.0-12.8

過去10年の平均ラップタイム
12.51-11.32-11.44-13.68-12.93-12.74-12.37-12.17-12.01-12.72
2.03.89

シリウスS平均ラップタイム


ラップ傾向

(過去記事の転載)

ラップタイムを見ると、前半が相当に速くなっていて、道中はコーナー部分で
一旦しっかり緩んでから勝負所に向けて徐々に加速していく展開で、最後の部分
だけ少し落ちる…という形。

ここの特徴はとにかく前半の速さで、その部分でかなり引っ張られることから、
後半に余力を残すためにまずは高い持久力が問われる。
そして上がりの部分に関しては、ある程度長い脚を使わされる形になっている
ため、末脚の持続力を備えていることも必要になる。

またレース全体の展開で言えば、緩急が大きくつくような形になっているため、
"溜めが効く"というのも1つの重要な要素になり、スピードに偏ったマイラー
的な強さを示している馬の過大評価には注意したいところ。


好走の条件
・高い持久力があること
・末脚の持続力が必要




予想



◎マスクゾロ
昨年はここで勝利。その時のパフォーマンスだけで考えても、ここでは普通に
上位扱いになるし、大きな走りをするタイプだけに、この手のスピードに偏ら
ない舞台は本質的に合っている。
(中間に除外はあるが)前走は、長い休み明けながらもしっかりと力を示した
格好だし、ここでの前進は十分に見込める。当然推したい。

○ミツバ
昨年4着。その時のパフォーマンスも含め、地力はしっかり示している馬。
元々フラットな展開の方が合うイメージだったが、前々走では大きく加速する
展開の中で外を強気に攻めて→上がりもしっかり押し通しての勝利。
前走で一応重賞も制して、自信を持ってポジションを取りに行く競馬ならば、
昨年からの前進があってもいいのかも。

▲トップディーヴォ
経歴の中でここに近いような展開(&水準)ということで言うと、少し遡るが
昨年のアルデバランSのパフォーマンスは高い。
その時は明け4歳でまだ華奢に映るくらいだったし、前走で一応マスクゾロに
勝利…というところまで力をつけた現状ならば、この手の展開でも前進を示す
可能性はあっても良さそう。注目したい。

注ピオネロ
昨年ここでは2着。レース自体のレベルも高く、実力&適性ともに当然上位に
扱っていい存在。
(単純にここは、緩急、上がりという点で、芝を走っていた馬に向くレース)
近走を見る限り、昨年と同じような好位置から進められるかは微妙なのだが、
今回はその時以来の福永J。何かしら変わってくるようなことがあれば。

△タガノゴールド
前走に関しては、内から進めた馬が上位に入った中で、この馬は勝負所で外を
攻めた内容だったので一応度外視できる。
それを除くと前々走は、前半で引っ張られ→道中で溜めるという展開の中で、
このメンバーでも1枚抜けた扱いになるような決め手を発揮しての完勝。
地力の裏付けは少し薄いが、適性的に浮上は十分あって良さそう。

△モルトベーネ
スローの東海Sはともかく、前走は平均的な水準の中で重賞を制している訳
なので、地力はやはり上位扱いになる。
前々走のように一応「変化をつける」ということも出来ていて、当然ここでも
好走の可能性は十分あるのだが、方向性としては基本スピード持続力の方に
寄ったタイプには思えるので、休み明けの今回は、評価はここまで。

☆キクノソル
大きな緩急がついた形のブリリアントSでは、前半を完全に受け流しつつ→
(道中~)上がりでしっかり脚を使って好走していて、一応可能性は感じる。
以前ここでは惨敗しているのだが、その時は前半から高い位置取りでしっかり
引っ張られて→苦しくなった格好。末に賭けるような競馬なら、あるいは。

☆ドラゴンバローズ
ある程度スケールの大きな馬体をしていて、イメージとしてはこの舞台に合う
可能性はあっても良さそう。
ただし上がりに少し限界が見える気はするので、このメンバーの中で後半主張
するのは難しいのかも。微妙。

この記事へのコメント