レパードS展望(ラップ傾向&予想)2017


過去のラップタイム


2016 12.5-11.0-12.1-12.6-12.5-12.6-12.5-12.1-12.7
2015 12.5-10.9-12.3-13.0-12.8-12.5-12.8-12.3-12.8
2014 12.6-10.6-12.8-13.2-12.7-12.7-12.3-11.5-12.0
2013 12.4-11.2-12.1-12.7-12.6-12.3-12.5-12.2-12.3
2012 12.6-10.9-12.1-13.2-12.6-12.6-13.0-12.1-12.7
2011 12.2-10.8-12.3-13.7-13.2-12.4-12.8-11.9-12.7
2010 12.4-10.8-12.2-12.8-12.3-12.8-13.2-12.4-12.9
2009 12.5-11.1-12.1-12.0-12.0-12.4-12.4-11.6-13.4

過去8年の平均ラップタイム
12.46-10.91-12.25-12.90-12.59-12.54-12.69-12.01-12.69
1.51.04

レパードS平均ラップタイム


ラップ傾向

(過去記事の一部修正)

過去のラップタイムを見て、とりあえず目立っているのが前半の速さで、そこで
確実に引っ張られることから、後半部分では高い持久力が問われることになる。

その後の道中の水準に関しては少しバラついているが、展開的に小回りでキツい
コーナーで減速→直線でしっかりと加速…という部分は共通していていて、当然
その部分で力強い脚を使えることが必要となる。

したがってここでは、まずは速いペースに引っ張られた経験というのが物を言う
はずで、そのレースでしっかり粘り通せたor浮上できた…という裏付けは取って
おきたくて、それに加えて(勝ち切るところまで考えると)、ある程度の切れも
示しているタイプを選びたい。


好走する条件
・高い持久力が必要
・一定の切れがあること(勝ち切る条件)




予想



◎テンザワールド
前走・濃尾特別は、距離が1900mになってしまったので過去の馬との比較は
しづらいのだが、とりあえず(前半はともかく)道中は平均水準以上で、その
中で最後までしっかりと持続する形での勝利。一定の地力は示した。
その時は早仕掛けで最後落ち込む展開だったが、前々走では大きく加速する
内容で押し切っているので、ここへの適性も問題なさそう。
馬格はないものの体はしっかりしているイメージだし、外枠もプラス。
相手は強いだろうが、オッズとの兼ね合いで、期待する手もあっていいはず。

○エピカリス
問題を抱えての海外帰りで、新潟でこの枠だとある程度行き切らないと窮屈な
競馬にもなり兼ねない…という不安材料が今回はある。
それでも性能(切れ)は断トツの可能性がやはり高いし、地力の点でも(海外
&地方があるのでデータ的に同じ基準で考えるのは難しいが)、プラタナス賞
1つを取っても一定のものは示している扱い。
どうしても…という馬が他にもいれば、その分下げてみる選択肢もあったが、
特にはいないし、頑張って消極的に見ても2番手。(当然圧勝まで考えたい)

▲ノーブルサターン
前走・JDDは、自ら演出した厳しい展開によって、ある程度控えた格好の
馬に有利になって、それを考えればまずまず粘った内容。
その時に示したパフォーマンスと、500万下を勝ち切った時に示した切れを
合わせて考えれば、とりあえず実力&適性ともにここでは上位に扱える。
枠も外を引いて、競馬はしやすいだろうし、人気も甘い。当然注目したい。

注ハルクンノテソーロ
前走は、速いペースに引っ張られる形で、前半~道中をある程度高い水準で
進めつつ→上がりをしっかりまとめた内容で、そこで示したパフォーマンスを
考えれば、地力ではやはり上位扱い。
この舞台では、捲るような内容ではかなり難しいので、この脚質という時点で
評価はここまで…になるのだが、浮上の可能性は当然考えたい。

△サルサディオーネ
前走は、クラス平均から考えると道中水準の高い展開で、内容的にも圧勝と
言っていい競馬。
当然一定の地力は認められるし、脚の使い方としても、この舞台に合いそう。
ただし、過去の中京ダ1800m経由で好走した馬と比べると、さすがに劣るし、
ここは勝ち切る候補というよりも、粘り込む可能性はある…という扱い。

△タガノグルナ
前走は、馬場を考えても水準の高い展開を自ら演出して、最後はしっかり突き
放す形での押し切り。一定の地力は当然認められる。
ただし示しているパフォーマンスが、新馬戦以外前傾の内容ばかりで、変化を
つけるという部分の裏付けがないし、今回は枠も最内。
上手く先手を取れたとして、上位に粘り込む…というところまででは。

△タガノディグオ
前走は、前半速く、前には厳しい展開の中で、この馬はギリギリまで中団で
じっくり…という競馬。さすがに展開的には少し恵まれた扱い。
もちろん京都や阪神で、道中~上がりで高いパフォーマンスを示している馬
なので、浮上の可能性は十分あるのだが、ここは捲るような競馬はとにかく
難しい舞台。積極的な評価にはやはりしづらい…。

この記事へのコメント