クイーンS展望(ラップ傾向&予想)2017


過去のラップタイム


2016 12.5-11.6-12.4-12.6-12.4-11.9-11.6-11.2-11.5
2015 12.3-11.6-11.6-12.1-12.3-12.1-11.7-11.6-11.8
2014 12.3-11.3-11.5-11.3-11.4-11.5-11.8-12.4-12.2
2013 12.6-11.5-11.6-12.1-12.3-12.2-12.3-12.3-12.5 函館開催
2012 12.3-11.4-12.1-12.1-12.3-11.9-11.6-11.7-11.8
2011 12.4-11.0-11.7-11.6-11.7-11.9-12.1-12.0-12.2
2010 12.4-11.5-12.3-12.8-11.6-12.0-11.8-11.2-12.0
2009 12.5-11.4-11.6-12.4-12.2-12.2-11.9-11.9-12.1
2008 12.5-11.5-12.2-12.4-12.3-11.7-11.8-11.5-12.2
2007 12.3-11.3-12.5-12.0-12.1-11.8-11.5-11.2-12.0

過去10年の平均ラップタイム(2013年は除く)
12.39-11.40-11.99-12.14-12.03-11.89-11.76-11.63-11.98
1.47.21

クイーンS平均ラップタイム


ラップ傾向

(過去記事の転載)

ラップタイムを見ると、前半はミドルペースで、その後は一応は道中~勝負所に
掛けて徐々に加速していく展開になっているものの、緩急はあまりつかず、全体
としては、淀みのないフラットに近い形…というイメージ。

ここでは、一定に近いスピードで流れる道中に対応するための持続力がまずは
必要になるが、前半がそれ程速くはならないために持久力があまり問われず、
その分上がりの性能も試されるので、勝負所で動ける程度の切れは欲しい。

脚質的には、(近年はそれ程でもないが)逃げ馬が押し切るケースも結構あり、
少なくとも4角で先頭近くにいなければ勝ち切るのは厳しいので、とりあえずは
好位から持続できるタイプを中心に考えたいところ。


好走する条件
・(一定の切れ&)持続力があること




予想



◎アエロリット
強い世代の、間違いなくトップレベルの1頭。まず52kgは軽い。
ある程度の溜めも効く馬なので、距離延長は問題ないし(以前にも書いたが
個人的にはオークスでも高い評価にするつもりだった)、フェアリーSなどで
持続力もしっかり示している。
実力&適性ともに全く問題ないここは、前をしっかり射程圏に置くような競馬
なら、自然と結果がついてきそうなイメージ。

○クロコスミア
前々走は、厳しい展開で差し馬が浮上した中で、早め先頭からまずまず粘って
いて、前走は、馬場が速かったとは言え、道中かなり締まった展開で完勝。
それらの持続力を示した内容と、ローズSでの溜め→切れを発揮した内容を
合わせて考えると、元々逃げ切りが多かった時のここの勝ち馬像に近くなる。
行き切れば普通に粘れ込めて良さそう。注目したい。

▲マキシマムドパリ
愛知杯で示した高い持続力と、前走の、勝負所でしっかりと加速する展開を
正攻法で押し切った内容を合わせて考えると、実力&適性とも普通に上位。
勝ち切る可能性も当然あるし、本命にしてもいいのだが、今回は自分の中で
◎が○をキッチリ交わしたところがゴール…というイメージが出来上がって
しまっているので、何となく、特に理由のない3番手評価。

注クインズミラーグロ
展開に依らず、重賞で連続して好走出来ていて、データ的にも福島牝馬Sや
愛知杯で一定以上の裏付けがあり、地力の面での疑いは全くない。
あと1つ"決め切る"という点だけが足りないため、結局は展開と立ち回り次第
ということになるが、今回は鞍上が藤岡康Jに戻り、愛知杯と同じく好位イン
からの競馬を選択すれば、その可能性もなくはない。当然注目はしたい。

△パールコード
元々の地力を考えれば、ここでは当然上位の扱いになるし、可能性としては
勝ち切るところまであってもいいはず。
それでもこの馬は、ゆったりとした走りをするタイプで、この舞台がベスト
ということにはならないし、積極的に推したい…という感覚にはならない。
とりあえずペースが落ち着くことが条件にはなりそう。

☆アドマイヤリード
6戦連続で連対して、ついにはG1まで手が届いた訳だが、それらのレースは
全て直線の長いコース。この舞台に対する裏付けは微妙。
もちろん決め脚が確かな馬は常に浮上の可能性はあるのだが、1番人気で軸
として…という感覚にはさすがにならない。
逆にここを勝ち切るようなら本物だろうが、まずは静観したい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック