アイビスSD展望(ラップ傾向&予想)2017


過去のラップタイム


2016 12.0-10.2-10.6-10.1-11.2 54.1 32.8-31.9
2015 12.1-10.0-10.4-10.1-11.5 54.1 32.5-32.0
2014 11.6-10.1-10.5-10.5-11.6 54.3 32.2-32.6
2013 11.9-10.4-10.6-10.3-11.0 54.2 32.9-31.9
2012 11.6-9.9-10.6-10.2-11.9 54.2 32.1-32.7
2011 11.8-10.0-10.5-10.0-11.5 53.8 32.3-32.0
2010 11.6-9.9-10.3-10.1-12.0 53.9 31.8-32.4
2009 11.9-10.2-11.0-10.3-12.8 56.2 33.1-34.1
2008 11.8-9.9-10.4-10.5-11.6 54.2 32.1-32.5
2007 11.9-9.9-10.7-10.5-12.1 55.1 32.5-33.3

過去10年の平均ラップタイム
11.82-10.05-10.56-10.26-11.72
54.41 32.43-32.54

アイビスSD平均ラップタイム


ラップ傾向

(過去記事の転載)

ラップタイムを見ると、スタートから一気に加速して、2F目でスピードが頂点に
達し、3F目でほんの少し落ち着いた後、再度加速しつつ、ラスト1Fはしっかりと
落ちる…という展開で、全体としては前後半イーブン~やや前傾といった形。

とにかくここでは、現行競馬の最高レベルのスピードに対応できることがまずは
重要になるが、レースの形としては、ハイペースからの粘り勝負というよりも、
どれだけトップスピードを維持できるか…という戦いになるために、高い持続力
(筋持久力)を備えていることが必要となる。

脚質的には、必ずどこかの区間で10秒台(/F)のラップを刻まなければならない
レースの性質上、他力本願的に地力で差してくるような馬では厳しく、持続力の
高い先行馬と、自ら押し上げて行けるような切れを持ち、上がりの性能が高い
差し馬が狙い目になりそう。


好走する条件
・トップスピードの持続力があること




予想



◎アクティブミノル
元々セントウルS勝ちなど、持続力を発揮する形で強さを示していた馬だが、
前走は前半かなりのハイペースで進めての粘り込み。
ここで必要なスピード部分でも一定の裏付けが取れた格好。
馬体的にも、少し脚を持て余す雰囲気があり、コーナリングが微妙なところが
あるので、直線競馬は合っていそうだし、今回は大外枠を確保して、斤量も
G2勝ちの馬ながら56kg。推せる要素が満載といった印象。

○レジーナフォルテ
元々同コースで5馬身差のレコードで勝ち上がった馬。
その時のパフォーマンス自体も(もちろん2歳の基準だが)かなり高くて、
しっかりしたイメージの馬体も(ブレないことが重要な)ここでは好感。
相手の方に積み上げるプラス要素が多過ぎて、結果的には2番手評価だが、
今回はいい枠も確保しているし、可能性としては当然頭まで考えたい。

▲フィドゥーシア
同コースの前走は、前半まずまずのペースで入りつつ→後半しっかり決め手を
発揮しての勝利で、パフォーマンス自体も十分高いものを示している。
その内容を考えれば、当然ここでも好走は考えられるのだが、前走は(今回と
同じような中枠でも)スムーズに外に持ち出せた格好。
重賞級相手に、今回もそのような楽なレース運びが出来るかは微妙なはず。

注ネロ
昨年ここでは2着。それ以外にもこのコースでは高いパフォーマンスを示して
いる馬で、実力&適性は疑いようもない。
それでも今回は半年の休み明けで、枠も大外枠だった昨年と比べればマイナス
だし、斤量も58kgを背負う立場。
前進要素はさすがになく、とりあえずは上位の一角というところまで。

△シンボリディスコ
ここでは2年前に2着。その時も含めて、この舞台では勝ったことはないが、
馬券圏内を外したこともない。⇒適性は高いが何か足りない馬。
その原因としては、頭が高く、手先だけで走っているような走法が影響して
いるイメージなのだが、つまりは最後の部分で惰性が効かない。
今回も好走の可能性は当然あるが、勝ち切ることはまずない…という△。

△レッドラウダ
同舞台の前走は、しっかりとした決め手を発揮する形での好走。
準OPの稲妻Sの内容も含めて、後半は確かな馬で、浮上の可能性はある。
ただし勝ち切るところまで考えると、何だかんだここでは、好位から上がりを
しっかりまとめられる馬が中心になるので、結局は次点の扱いになる。
基本は掲示板くらい、展開次第では馬券圏内まで…というイメージ。

☆ラインミーティア
前走では、この舞台でもなかなかお目にかかれないレベルの決め手を発揮。
外枠も確保したし、一応は浮上の可能性も考えたい存在。
イメージとしては展開が崩れるようなことがあれば…だが、開幕週でそうなる
可能性はなかなか低そう…。

☆プレイズエターナル
この馬の前走も、なかなかお目にかかれないレベルの決め手。
当然浮上の可能性は考えたいところだが、ここのメンバーくらいになると、
やはり好位の馬もしっかり上がりをまとめてくるのが普通。
内枠にも入ったし、展開&(馬場など)環境面での助けが必要なはず。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック