帝王賞展望(ラップ傾向&予想)2017


過去のラップタイム


2016 12.5-11.2-12.3-13.4-12.8-12.5-12.7-12.2-11.5-12.4
2015 12.3-11.4-11.5-12.6-12.1-12.0-12.1-12.8-12.5-13.4
2014 12.7-11.9-12.4-13.1-12.2-12.7-12.5-12.4-11.5-12.1
2013 12.6-11.8-12.8-12.9-12.3-11.9-11.9-12.3-11.9-12.6
2012 12.5-11.4-12.1-13.0-12.6-12.5-12.4-12.9-11.8-11.8
2011 12.2-11.0-12.0-12.3-12.3-12.6-12.7-12.6-11.3-12.1
2010 12.2-11.0-12.2-12.6-12.4-12.4-12.8-12.8-12.0-13.0
2009 12.4-11.5-12.6-13.3-12.9-12.5-12.3-12.5-11.4-12.2
2008 12.3-11.7-12.8-13.4-12.6-12.3-12.0-12.5-12.1-13.0
2007 12.2-11.2-12.5-13.0-12.6-12.3-12.6-13.2-12.4-12.3

過去10年の平均ラップタイム
12.39-11.41-12.32-12.96-12.48-12.37-12.40-12.62-11.84-12.49
2.03.28

帝王賞平均ラップタイム


ラップ傾向


ラップタイムを見ると、前半速くなり、コーナー部分で一旦落ち着きつつも
向こう正面からはしっかり締まった展開。そこから勝負所でさらに大きく加速
する…という形。

ここの特徴は、まずは前半の速さで、そこでしっかりと引っ張られることで、
レース後半は余力勝負という性質になり、地力の足りない馬は単純に振り落と
されることになる。当然高い持久力が必要。

またレース後半は、ある程度締まった展開の中から→勝負所で一気に加速する
形になっているため、どちらか一方では足りず、切れと持続力をバランス良く
備えていることも重要。

つまりここは、上半期の総決算らしい総合力勝負。
裏付けとして、適性の異なる複数のレースで強さを見せているタイプを中心に
考えたいところ。


好走の条件
・高い持久力があること
・切れと持続力をバランス良く備えていること




予想


実際に逃げるかどうかは分からないが、とりあえずここはケイティブレイブ
中心に展開が作られるはず。
そうなると、前半~道中がかなり厳しい流れになる可能性はありそうで、少し
決め打ちっぽくなるが、その展開で得をするタイプを選んでみたい。

◎サウンドトゥルー
(常に浮上はしているように)全く対応出来ない訳ではないものの、本来は
この舞台に対しては少し切れ不足のイメージになるのだが、今回は締まった
展開を想定しての本命。
その点、厳しい展開になったチャンピオンズCを勝利している訳だし、一昨年
東京大賞典を勝ち切った時も、前半~道中がかなり締まった展開だった。
そちらの方向性では裏付け十分。ここはしっかり推したい。

○アウォーディー
持久力に関しては、芝時代も含めて元々かなり高いものを示している馬だし、
(持続的な適性が問われる)締まった展開に対しては、チャンピオンズCや
アンタレスSでしっかりと結果を残していて、とりあえず問題はない。
上がり勝負の東京大賞典を負けたことで、切れという部分では(ダートでも)
案外…なのかも知れないが、今回はそれはあまり問われない想定。
相手に期待してみたい…という意味で2番手評価だが、当然可能性は頭まで。

▲クリソライト
この馬も元々"耐える"戦いは得意なタイプ。前走の好走も、位置取りこそ
それまでとは全く違っていたが、その文脈上にある…というイメージ。
昨年&一昨年のチャンピオンズCの展開ならば、ある程度来ていたのでは?
とも思えるくらいだし、上に評価した2頭に対してはともかく、今回想定の
展開ならば、やはり上位に扱っておきたい存在。

注ケイティブレイブ
厳しい展開を粘り込む…という形ではしっかりと強さを発揮している馬で、
今回好走するとすれば、自ら締まった展開を演出することが条件。
当然そうなる可能性はあるし、注目はしたい存在だが、それでも勝ち負けまで
考えると、この舞台ではある程度切れもやはり必要。あくまで圏内候補。

△アポロケンタッキー
切れという部分では東京大賞典、持続力という部分ではみやこSでしっかり
としたものを示していて、適性は普通に合っている。
ただし今回、厳しい展開を想定した時に、チャンピオンズC5着をどこまで
評価するべきか?が微妙。可能性はあるが、人気よりはやや消極的。

☆ゴールドドリーム
フェブラリーSの勝ち馬…という性質上、切れ&持続力という部分ではやはり
上位に扱えるし、適性的には問題ないはず。
ただし、今回想定の厳しい展開に対しては、JDDでケイティブレイブには
しっかり抑え込まれているように、しっかりとした裏付けがない。微妙。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック