オークス展望(予想)2017


予想


桜花賞は、全馬が道中で脚を使い過ぎる特殊な展開になり、本来そこで強い
はずのスケールの大きな馬たちが不発に終わったレース。
したがって今回の考え方としては、結果自体はスルーして、上位に評価した
馬たちを引き続き信頼する…というのがまずは基本。

そして、それらの馬を中心視しつつ、何だかんだの体力勝負…という部分で、
地の強さを備えた馬&距離延長して得をしそうな馬を、相手に加えた予想に
してみたい。

◎ソウルスターリング
桜花賞は、結果的に細かい脚が使える1400mで強いような馬が上位に入った
中で、フットワークの良いこの馬には少し忙しかったイメージ。
それでも崩れずに3着に粘ったことはむしろ強い…と思えるくらいで、そこで
負けたことで1.4倍→2倍台半ばのオッズになる今回は、妙味すら感じる。
ここの勝ち馬像からすると、位置取りが積極的になり過ぎる…というリスクは
一応あるが、今の馬場は内先行向きだし、そこまで気にする必要もなさそう。
もちろん中団の前辺りで、先行集団をじっくりと眺めるような競馬であれば、
おのずと結果はついてきそう。

○アドマイヤミヤビ
とりあえず桜花賞に関しては、スタートでの事件はともかくとして、普通に
走っていたとしても展開的にかなり忙しかったはずだし、返し馬の段階から
フットワークが少し小さくなっているようにも見えたので、この馬こそ馬場に
合っていなかった…という側面もありそう。どちらにしても度外視。
それを除けば、クイーンCのパフォーマンスは、アエロリットが間接的に証明
してくれたように、相当高いものを示しているし、馬体&走法的に、距離延長
というのも(相対的には特に)大きくプラスに働くはず。
最後伸び切れる馬なので、自信を持って中団につける騎乗なら、当然頭まで。

▲リスグラシュー
前走の展開に対しては、この馬の場合は阪神JFで予行演習していたような
ものなので、それがピッタリはまった印象だが、その高いパフォーマンスを
2回示した訳なので(フロックではない)、やはりその地力は認められる。
となると、チューリップ賞の敗因は単純に適性負けという考え方で良さそう。
要は鋭く切れるというより、息の長い末脚を使うタイプで、それを考えると、
今回は中団までにはつけておきたいイメージ。(ヌーボレコルト的な)
その点、この枠というのは少し悩ましい…。下げる選択にならなければ。

注モーヴサファイア
前走の前半極端に引っ張られる展開を浮上した内容と、前々走で示した道中
~上がりでのパフォーマンスを考えると、とりあえず地力では普通に上位。
"切れ"という点では微妙だが、とにかく(新馬戦の段階から)体力勝負歓迎
…というタイプで、バウンスシャッセのようなタイプでも浮上できるオークス
ならば面白そうな存在。
走法的に距離延長もプラスに働きそうだし、ここはしっかり注目してみたい。

△モズカッチャン
基本的には持続力という方向性に思える馬で、スケール感や切れが問われる
この舞台向き…というイメージではない。
それでも前走は、(内をロスなく進めた部分は大きいものの)一応大きく加速
する展開を勝ち切った訳だし、今回も引き続き最内枠を引く強運を発揮。
体がしっかりしていて、地力勝負ならば自然と浮上出来ていいし、オークス
ならば…ということで、上位の評価。

△ミスパンテール
この馬の場合も桜花賞を度外視すれば、チューリップ賞のパフォーマンスは
普通に高く、ある程度ゆったりした走りをすることからも、距離延長自体は
問題なさそう。
今回気になる点と言えば、位置取り。前走の結果を受けて強気には行きづらく
なり→無理せず自然と後方…という可能性もなくはない。
基本は巻き返すものとして考えたいが、中団につけるなら…という条件付き。

☆レッドコルディス
前走は、基本的に内&好位の馬が上位に入った中で、この馬は外を回しつつ
→ある程度しっかり浮上して来て、一定の評価はできる内容。
かなり大きな走りをするタイプで、距離延長も普通にプラスに働きそう。
(ここへの1つの裏付けとして確認したい)前半で引っ張られる展開への対応
…という部分が未知数で、それを持つ△の馬とは少し差をつけてこの評価に
したが、とりあえず注目はしておきたい存在。

☆フローレスマジック
クイーンCは、前2頭から少し離されたものの、自身内容は普通に強くて、
実力的にはやはり上位の扱い。
ただしこの馬は、スケールの部分で兄姉とは少しイメージが異なり、データ
的には、前走2000mになってきっちりパフォーマンスを落とした格好。
地力でこなす可能性ももちろんあるとは思うが、更なる距離延長で前進する
…という感覚にはどうしてもならない。

この記事へのコメント

  • ひまんたい

    ◎→△→○での的中おめでとうございます。オークスでこういう競馬をした勝ち馬は近年では覚えが無く(ダイワエルシエーロはちょっとイメージが違うし……ベガ以来でしょうか?ベガだとちょっとスピードが足りない感じですが)、これからも無事に長く活躍して欲しいものです。
    存分に競馬ができたソウルスターリングに比べ、アドマイヤミヤビは高速馬場での外枠がやはり厳しかったようですね。もちろん前進気勢やセンスも能力の内ですが……
    2017年05月21日 16:42
  • 山宗

    >ひまんたいさん

    ありがとうございます。

    確かに今回はいつものオークスとは全く違っていましたね。
    この手の勝ち方は個人的にも思い当たらないんですけど、踏んだラップという
    ことで言うと、ジェンティルドンナのパフォーマンスが近そうな気がします。
    タイムもその時に次ぐ歴代2位で、将来的に同じような活躍が期待できるのかも
    知れませんね。

    アドマイヤミヤビの方は、前半が例年並みに流れていたらどこまで浮上出来て
    いたのか?というのが気になりますが、この馬場&展開ということを考えれば
    かなり頑張った…とは思います。この馬の将来もやはり楽しみですね。

    またよろしくお願いします。
    2017年05月22日 20:32

この記事へのトラックバック