ヴィクトリアマイル展望(予想)2017

予想


土曜の競馬を見ると、コース替わりしても外が伸びるという印象だったが、
馬場が内から徐々に悪くなっていった…という部分もあるはずだし、日曜は
逆に、馬場が内から回復していき、傾向がガラリと変わる可能性もある。
正直これはもう当日の経緯を見守るしかない…。

外差し想定ならば、決め手のある中距離タイプを狙ってみるという手もあった
のかも知れないが、その限りではない…と思える以上、決め打ちするのは危険
極まりない。

⇒ここはやはり原点に立ち返って、中距離馬を疑いつつ、前半からしっかりと
スピードに乗れるタイプを中心に考えたい。

※今回の予想はとにかく時間が掛かった…。本命にしても、レッツゴードンキ
→ミッキークイーン→ジュールポレール→スマートレイアーと4転する始末。
これで1分半であっさり不正解…とか言われるのだから残酷。


◎スマートレイアー
昨年は、前半がかなり速くなって、展開としても仕掛けが早く溜めを効かせ
られない中で、2(→3)番手からの厳しい競馬。
4着とは言え、(周りにいた馬はきっちり沈んでいるような)逆境の立場での
好走で、単純にこれは強い内容。
ここ2走にしても、なかなかにとんでもない相手と戦って、それなりに爪跡を
残している訳だし、地力では当然、(前半から脚を使える)適性でもここでは
普通に上位に扱える。
馬場が微妙なので、内枠がどう転ぶか?という部分はあるが、このメンバーで
積極的な競馬をすれば、早い段階で馬場の良い所に持ち出すということも十分
出来そうだし、単純にここは昨年からの前進に期待してみたい。

○ジュールポレール
前走は、実質的に前半~道中でかなり脚を使う形から→上がりをしっかりと
まとめた内容で、決め手に寄っていた部分のあるそれまでとは一線を画した
パフォーマンスだった。
その水準がこなせるのであれば、元々スタートからスピードに乗れるマイラー
的な資質を備えているタイプなので、ここではやはり注目したくなる。
少し華奢に映る部分もあり、地の強さという点ではまだまだかも知れないが、
今年は昨年ほどのペースにはならないだろうし、お隣のスマートレイアーに
ついていけば、それなりの結果は出せそうな雰囲気。

▲ミッキークイーン
実力的には言うまでもなく上位の馬だし、昨年もしっかりと2着には浮上して
いるのだから、当然有力な存在。
元々この馬の場合、クイーンCの好走があるので、他の中距離専門家と同列の
扱いはできない訳だし、今回こそ勝ち切る…という考え方も確かにできる。
(…というか、馬場の傾向込みで1度はそうなった)
ただ昨年にしても、自身の経歴の中で前半最も速く入って→最後脚を鈍らせて
いるように、やはり本質はここではない…という思いは拭い去れない。
どうしても最後伸び切れず、何かしら残しそうなイメージになってしまう…。

注ウキヨノカゼ
何だかんだここでは桜花賞&クイーンCの好走馬が強いが、この馬もそこには
しっかりと当てはまっているし、スプリントで決め手を発揮しているタイプ
…という点でも、ここの適性には合っていそう。
昨年は最後方ポツン…という競馬で7着だったが、自身のパフォーマンスは
道中~上がりでなかなかの内容を示しているし、今回少しでも積極的な競馬を
選択するようなら、前進を示す可能性はあっても良さそう。
そして、本来はその競馬が出来る馬でもあるはず。

△レッツゴードンキ
スプリントで決め手を発揮している…というタイプ的に、ストレイトガールが
作ったトレンドにはピッタリはまる。
パワーを備えた馬…という部分でも今の馬場には合っていそうだし、イメージ
だけで考えたら、勝ち切ってもおかしくない…と思える。
ただ、ここの勝ち馬に必要な「好位~中団で折り合う」ということが出来る
くらいに、気性の問題は解決したのか?と言えば謎。
そのリスクがありつつ今の人気というのは…危険な雰囲気が漂う。

☆オートクレール
OP馬ですらない。条件馬。
さすがに実力的にどうなのか?とはなるし、名前、経歴、何もかもが見劣る。
それでも前走のパフォーマンスは高く(これはいきなり)、単純な横の比較を
すると上位扱いになってしまうのだから仕方がない…。
皐月賞当日の速い馬場で、勘違いならばそれでいいが、一応挙げておきたい。
始めは△にしたが、ルージュバックに失礼過ぎるので☆。

☆ルージュバック
昨年ここでは5着していて、内容的にも、中距離タイプの中では比較的高い
位置取りから進めた格好なので、一定の評価にはしていいだろうし、今回も
ある程度好走することは十分考えられる。
それでもこの馬こそ、歴史的にこのレースでは苦戦してきたタイプではある
ので、本質的にはやはり忙しいはず。
可能性としては一応残したいが、基本的には静観したい気持ち。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック