新潟大賞典展望(ラップ傾向&予想)2017


過去のラップタイム


2016 12.6-11.3-11.5-11.9-12.2-11.9-11.6-11.5-10.8-12.5
2015 13.1-12.1-12.0-11.9-12.4-12.4-11.8-11.5-10.9-11.5
2014 12.9-11.6-11.9-12.2-12.5-12.2-11.8-11.5-10.8-11.8
2013 12.4-10.7-11.3-11.7-11.9-11.9-11.9-11.9-11.1-12.1
2012 12.6-11.2-11.5-11.5-12.2-12.2-11.9-11.7-11.5-12.7
2011 12.6-11.2-11.8-11.6-12.1-12.1-11.9-11.7-11.2-12.2
2010 12.3-10.9-11.3-11.3-12.4-12.4-12.1-12.3-11.0-11.7
2009 12.9-11.0-11.0-11.3-12.0-12.3-12.1-11.8-11.0-11.5
2008 12.6-11.4-11.5-12.3-12.9-12.9-12.0-11.1-10.7-11.1
2007 12.5-11.3-11.5-11.6-12.3-12.2-11.9-11.3-10.9-12.2

過去10年の平均ラップタイム
12.65-11.27-11.53-11.73-12.29-12.25-11.90-11.63-10.99-11.93
1.58.17

新潟大賞典平均ラップタイム


ラップ傾向

(過去記事の転載)

ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや速いくらいの流れで、道中は
一旦緩む展開で、その後直線に入ってからは相当な加速を示しつつ、ある程度
上がりの速くなる形。

この舞台なので、上がり勝負…という表現に間違いはないし、勝負所で置かれ
ないための切れと、長い直線を伸び切れる持続力は当然必要。
ただし道中の水準は意外と高くなっていて、33秒台とか、極端に速い上がりは
ほとんどない。

さらに最初の直線部分が長いこともあって、4F目までがなかなか緩まないため、
そこで引っ張られつつも勝負所まで余力を残すには、結局一定の持久力が問わ
れることになる。

脚質的には、積極策の馬だとバテるまではいかなくても決め手の部分で分が悪く
なる可能性があるので、基本的には中団以降でじっくり溜めるタイプを中心に
考えておきたい。


好走する条件
・勝負所での切れ&末脚の持続力があること
・一定の持久力が問われる




予想


土曜の重馬場からは回復するだろうが、それでも今の馬場は前からスピードで
押し通せる雰囲気ではない。少し後ろ寄りに比重を置いて考えたい。

◎メートルダール
前走は、前が引っ張ってある程度締まった展開の中で、直線最後まで伸び切る
形で勝利して、その時のパフォーマンスはとりあえずここへつながりそう。
元々この馬はかなり不器用なタイプで、コーナリングしながらの加速となると
どうしてもロスが大きくなるため、ここの長い直線で真っ直ぐに力を使って、
パフォーマンス的な前進を示す可能性はあって良さそう。
人気だが、斤量を背負う立場でもないし、やはりここは推しておきたい。

○ジュンヴァルカン
前走は、出遅れて→3~4角でしっかり捲る内容だったので、直線伸び切れ
なかったことは仕方がない。度外視。
元々高い持久力&持続力を示していて、この舞台はスケールの大きなタイプが
合う…という部分でも、馬格があって、長めの距離を使われてきたこの馬は
当然当てはまっている。
決め手の部分での不安は多少あるが、この馬に関しては地力で何とかしそう。

▲ロンギングダンサー
この舞台では、道中を高い水準で進めつつ→しっかりとした決め手を発揮する
形で、常に一定以上の結果を出している。
ゆったりしたタイプで、他ではどうしても間に合わないという点が、ここでは
逆にプラスに作用している印象で、とりあえずは注目したくなる存在。
今の馬場ならばこの手の馬の浮上は十分考えられるし、可能性としては一応
頭まで考えてみたい。(特に当日、スローでも差しが決まるような場合)

注フルーキー
前走は、道中が締まった展開の中で好位の外々を追走して、全く溜められる
場面がないままに直線失速…という内容。仕方がない。
昨年ここでは直線で少し不利がありながらも2着していて、その時の内容で
考えれば普通に上位に扱えるし、フットワークの部分でピッタリなタイプとは
言えないものの、とりあえず今回は巻き返しに期待しておきたいところ。

△マイネルフロスト
元々高い持久力&持続力を示している馬で、地力では普通に上位の存在。
近走は道中で動くような競馬も多く、斜めに力を使う形で損ばかりしている
ような印象を受けるが、アンドロメダSのように、好位にしっかり取り付いて
→真っ直ぐに力を使う形では結果を出していて、力はまだまだ健在。
毎日杯やダービーで結果を出していた馬でもあるし、この条件は合うかも。

△シャイニープリンス
昨年ここで3着した時のパフォーマンスで考えれば、とりあえずは上位扱い。
前走は9着ではあったが、少し間隔が空いた状態で、かなり締まった展開の
レースでコンマ5秒差ならば、それほど気にする必要もないはず。
フットワークの大きなタイプ的に、コース替わりはプラスだし、状態面での
上積みも見込めて、ここで前進を示す可能性は十分ありそう。

△サンデーウィザード
前走は、道中をかなり高い水準で進めて、コーナーも外を回す格好でしっかり
浮上した内容で、パフォーマンス的にもまずまず。
ただし馬体&走法的に、ここの長い直線を押し通すには、もう少しスケール
感が欲しい…というのが正直なところで、今の条件的には向く可能性はある
ものの、人気ほどの信頼まではできない。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449653993

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック