京都新聞杯展望(ラップ傾向&予想)2017


過去のラップタイム


2016 12.4-11.1-12.6-12.3-12.4-12.3-12.8-12.2-11.8-10.8-11.9
2015 12.3-10.7-12.2-12.1-12.1-12.6-12.5-11.9-11.4-11.9-11.6
2014 12.2-10.3-11.6-11.6-12.0-12.5-12.5-12.1-12.8-11.6-11.8
2013 12.2-10.4-12.3-12.0-12.3-12.3-12.6-12.3-12.1-11.8-12.0
2012 12.2-10.6-11.4-11.7-12.1-12.8-12.5-11.9-11.3-11.5-12.0
2011 12.5-11.0-12.3-12.4-12.4-13.2-13.1-12.3-11.2-11.3-11.8
2010 12.4-11.1-12.4-11.6-12.4-13.3-12.8-12.1-11.7-11.5-11.5
2009 12.6-11.2-12.3-12.5-12.4-13.0-12.6-11.8-11.3-11.5-11.8
2008 12.9-11.4-13.0-13.2-13.2-13.7-12.8-12.1-11.7-12.0-12.4
2007 12.4-10.4-12.5-12.7-12.5-12.9-12.7-12.1-11.3-11.8-12.2

過去10年の平均ラップタイム
12.41-10.82-12.26-12.21-12.38-12.86-12.69-12.08-11.66-11.57-11.90
2.12.84

京都新聞杯平均ラップタイム


ラップ傾向

(過去記事の転載)

過去のラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや速いくらいの流れで、
道中では一旦しっかり落ち着く場面があって、3コーナーの下り坂から徐々に
加速して行き、上がりは最後まであまり止まらない形になる。

このレースでは、道中がゆったり流れるとは言っても、距離も長いし、上がりの
部分で伸び切るためには追走で無駄脚を使わない走り方が出来る…ということが
やはり重要で、結果的には一定の持久力が問われる。

さらに終いの部分がロングスパートの形になりやすいことから、当然のように
末脚の持続力を持っていなければなかなか好走は難しく、一瞬の切れで主張する
ようなタイプは、基本的には割り引いて考えたい。

またこの先に向けては、道中がある程度締まった流れになった年は、ダービーに
つながりやすくなっているので、その点には注目しておきたいところ。


好走する条件
・末の持続力(&一定の持久力)があること




予想



◎メルヴィンカズマ
3走前は、道中をかなり高い水準で進めつつ→しっかりとした決め手を発揮
した内容で、最後はアドミラブルに離されたが、そのパフォーマンスは高い。
2走前も、水準が高く長い脚が問われる展開を勝ち切って、実力&適性ともに
ここで必要なものはしっかり示している。
前走に関しては、直線で前が完全に壁になっての負けなので、普通に度外視
できるし、ここは当然巻き返してくるはず。全力で推したい。

○サトノリュウガ
前走は、前が飛ばす形で少し離れたところでの追走だったが、この馬自身は
ある程度早い段階から動き出しつつ→直線でもう一脚使った格好で、道中~
上がりに掛けてのパフォーマンスは高いものになっている。
その時の内容は、ここにも十分つながって良さそうなイメージだし、馬体的に
ディープっぽい特徴を感じるタイプなので、スピード面でも問題なさそう。

▲ハギノアレス
前走では、上がりのロングスパート自体は少し眺めるような格好だったが、
自身道中を高い水準で進めながら→上がりをしっかりまとめて差し切った。
そのパフォーマンスから考えれば、一定の持久力&持続力は認めていいはず
だし、ここでも上位扱いで良さそう。
走りからはまだ強さを隠している印象もあるし、ここは少し注目してみたい。

注ミッキースワロー
前走は、ペース自体は緩い流れだったが、自身は3コーナーからしっかりと
動きつつ→最後も伸び切っての勝利で、持続力を示した内容。
前々走は、道中高い水準で進めつつ→直線では唯一しっかりとした脚を使って
一定の持久力を示したし、それらの合わせ技でここの展開も十分こなせそう。
脚元で少し気になる部分はあるが、前走の速い馬場が大丈夫であるなら。

△プラチナムバレット
毎日杯は、前半~道中をある程度高い水準で進めつつ→上がりをしっかりと
まとめた内容で、そのパフォーマンスだけで考えても、とりあえずここでは
普通に上位扱い。
ただしタイプ的に、(センスを感じる馬だがその分)切れに寄っている印象も
あるので、ここがピッタリかは微妙。勝ち切るにはスローが条件かも。

△インヴィクタ
前走は、道中ある程度高い水準で進めて→上がりをしっかりまとめた内容で、
前々走は、上がりで長い脚を使っての勝利。
それらの合わせ技で考えればここの展開もこなせそうではある。
ただし馬体的な特徴からは、今の馬場向きか?と言うとかなり微妙な印象は
受けるため、評価としては相手の1頭まで。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック