皐月賞回顧(ラップ分析)2017


レース総括
■速いスピードの中での、溜め→加速勝負
■切れ(&持続力)が問われた


皐月賞結果


アルアイン1.57.8 34.2 03-04-05-05
ペルシアンナイト1.57.8 34.1 15-15-05-05
ダンビュライト1.57.9 34.3 06-06-05-03
クリンチャー1.58.1 34.8 03-03-02-01
レイデオロ1.58.2 34.0 16-16-16-14
スワーヴリチャード1.58.2 34.3 06-09-11-10

天候:晴 芝:良
上り4F:46.4 3F:34.5
前半1000m:59.0
12.1-10.8-12.2-11.7-12.2-12.4-11.9-11.4-11.4-11.7

皐月賞ラップタイム


レースラップ分析


ラップタイムを見ると、前半ミドルペース~やや速いくらいの流れで、道中は
極端ではないものの向こう正面で少し落ち着く展開、その後ラスト4F~3Fで
しっかりと加速しつつ→最後までほとんど落ちない形。

今回の場合、前半~道中が(多少の緩急の違いはあるが)平均をなぞるような
ラップになっていて、速い馬場の中での平均程度なので、実質的には(特に
道中は)そこまで厳しい展開だったとは言えない。

もちろん、絶対的に速いスピードの中での溜め→加速勝負なので、その領域に
居続けるためのスピード耐性は必要で、適性的には、切れ&持続力をバランス
良く備えていることが重要だった…という印象。
(当然どちらかに寄り過ぎたタイプでは厳しかった)

その意味で、1600~1800mの厳しい展開の中で、(単に好走したというだけ
ではなく)上がりをしっかりまとめた経験を持っている馬が上位に入っている
…というのは頷ける。

また今回は、多くの馬の余力がある程度残っている状態で、コーナー部分で
大きく加速する形になったため、後ろから進めて外を攻めた馬が、相対的に
(斜めに)力を使い過ぎて→直線伸び切れない…というのが目立っていた。

元々ここへの適性が微妙なゆったりした走りをするタイプとともに、それらの
馬の巻き返しの可能性は、次戦以降では当然考えておきたい。


各馬について


出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

アルアイン
前半~道中である程度脚を使いつつ→上がりもしっかりとまとめての勝利で、
自身のパフォーマンスとしては、毎日杯とほとんど同じような内容。
(もちろん1F長い分、更新はしている)
なので今回は、改めてその地力の高さを示した…というくらいだが、ラストの
(千両賞で際立ったものを見せていた)"地脚の強さ"はやはり相当なもの。
その手のタイプはやはりパワー馬場でこそ…なはずだが、この時計の決着でも
しっかり対応してくるのがディープ・クオリティ。
(軽くて速いではなく、荒れていても硬い馬場…というのも大きいだろうが)
タイプ的には、今回の中山のスピードレースだけではなくて、阪神外回りで
しっかりと変化をつけられている馬なので、おそらく東京自体は問題ない。
あとは(距離と言うよりも)枠と馬場次第…という気はする。

ペルシアンナイト
中団の後ろから、向こう正面で内をしっかり押し上げる競馬で、3角で一旦
息を入れつつ→4角~直線でもう一伸び…という2段スパートでの好走。
言うまでもなく道中で最も脚を使った内容で、パフォーマンスとしては昨年の
ディーマジェスティとかなり近いものがあり、これは単純に強い。
(内⇔外の差は当然大きいのだが)
その比較はともかくとしても、どちらにしろこのような競馬は、中身の良さ
(純粋な持久力の高さ)がなければ出来ない芸当。
距離延長して何も出来なくなる…とかは、とりあえず考えにくい。

ダンビュライト
前走のスロー戦から考えれば、今回一応水準が上がってパフォーマンス的に
前進を示した格好で、3着という結果に関しても、内目から来た2頭に対して
外目を積極的に攻めたから…という部分は当然あるはず。
ただそれでも、最後突き抜けきれない(上がりに限界があるような)印象は
結局拭えなかった。
きさらぎ賞でも強い内容を示しているし、地力の高さは当然認められつつも、
とにかく、なかなか掴み切れないタイプ。何かが足りない…。
中身はいいのに、脚がついていかない…というイメージ。
⇒超長距離?orもしかするとダートかも…。分かるまで追いかけたい。

スワーヴリチャード
フットワークが大きくて、かなりゆったりとしたタイプなだけに、これだけ
スピードに寄った条件では、さすがに忙しかった印象がある。
それでも、4コーナーでは(結果的に)大外を回しつつも→直線では一旦は
しっかりと伸びて一応浮上した訳なので、とりあえず一定の地力を示したとは
言えるし、当然東京に替わって&距離延長しての前進は大きそう。
前走を見てからの(自分の中での)この馬のイメージは≒ワンアンドオンリー
なので、再度1枠でも引くようなら、その再現の可能性はあるのかも。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449134540

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック