皐月賞展望(予想)2017


予想


牡馬に傑出した馬がいないからなのか、本当に全体が弱過ぎるからなのか、
今回は、(少なくとも相手候補には)拾おうと思えば結構な数の馬がピック
アップできる。混戦。

上位は(今年だから…というのは関係なく)一応普通に強いと思って選んだ
序列ではあるが、△まで十分チャンスがあるとは思う。

もちろん予想自体が完全な的外れならば、積極的に下げた(人気馬も含めた)
ダービー向きの☆まで普通にチャンスはあるのだが…。


◎アルアイン
前走は、前半~道中を高い水準で進めつつ→上がりをしっかりまとめる形での
押し切りで、そのパフォーマンスは、例年のレベルで考えても普通に上位に
扱えるレベル。
前々走にしても、スタートで後手を踏んだことで前半脚を使い過ぎて、直線に
入ってからもアクシデントがあっての6着なので、実質崩れたこともない。
タイプ的に、ディープインパクト産駒らしくないどっしりした馬で、その点、
昨年のディーマジェスティに近いものを感じるし、この舞台も普通にこなせて
良さそうなイメージ。しっかり期待しておきたい。

○ペルシアンナイト
前走は、水準高い展開を後ろからしっかりと突き抜けての完勝で、単純にその
内容は強いし、前々走も、相当に厳しい展開の中で道中ジワジワと押し上げる
形から好走していて、その地力は信頼できる。
前半少しゆったりするタイプ的にも、距離延長でこそという部分もあるし、
小倉1800mでのデビュー戦で、外々を回しつつの正攻法で完勝したイメージ
から、中山に替わることも全く問題にはならなさそう。
今回は相手の方に期待する意味で2番手評価だが、頭まで当然考えたい。

▲クリンチャー
前走は、前半である程度脚を使いつつ→後半かなり長い脚が問われる展開を
積極的に攻める内容で4馬身差の勝利。
前々走も、道中を高い水準で進めての完勝で、ともに高い持久力&持続力を
しっかりと発揮している。
(後者はトゥザワールドの弥生賞と同等のパフォーマンス…微妙な比較だが)
前半をあと少しだけ受け流す競馬が出来るタイプならば、本命まで考えたの
だが、結局は最後、何かしらには差されるのかも…という3番手。

注ファンディーナ
とりあえずは、素直に素質を信じる…という手も当然ある。
ただ、前走の水準に関しては、フラワーCとしては十分高いのだが、皐月賞の
裏付けとしてはやはりもう1つ上のものが欲しい…というのが本音。
ほぼ同じ水準だった共同通信杯あたりに対しては、比べるまでもなくこちらを
上に取りたいところだが(中山&余力の分)、今回は、より高い裏付けがあり
つつ、素直に強いと感じる3頭に注目してみたい。
それらをあっさりと置き去りにするようであれば、それはそれで歓迎したい。

△△プラチナヴォイス
前走は、厳しい展開をしっかり浮上する形での好走。
勝ち馬との比較でも、(内に切り込みつつ)鋭さを見せていた…という点で、
ただ単に持続するだけではないことを示したことは好感が持てる。
(レーヌミノルのフィリーズレビューを思い起こさせる負け方)
きさらぎ賞や未勝利戦でも高いパフォーマンスを発揮していて、地力の裏付け
という点でも普通に上位だし、結果的に5番手評価になったものの、この馬に
関してはもしかしたらもしかする…という感覚ではいる。⇒△△

△アウトライアーズ
前走では、道中が相当に締まった展開で最後一応しっかりと浮上して、一定の
地力&持続力を示した格好。
さらに、東京の決め手勝負でもアドマイヤミヤビ&カデナと接戦を演じている
ことから、適性の幅という点で、感覚的には勝ち馬のウインブライトよりも
とりあえずこちらを上に取りたくなる。
スプリングS組の扱いは難しいが、別路線組が案外…なら、当然出番はある。

△ダンビュライト
単純にきさらぎ賞のパフォーマンスは高く、その内容を持ち出せば、ここに
入っても普通に上位扱い。
前走は、切れ勝負になった分、結局なだれ込んだだけに終わったが、上がりに
限界がありそうなタイプ的にも、中山は合っている印象がある。
これまでのレースを観ている分、勝ち切るイメージまではどうしても湧かない
のだが、とりあえず相手候補にはしっかり考えておきたいところ。

△ウインブライト
前走は、道中がかなり締まった展開をしっかりと浮上しての勝利で、一定の
地力は当然認められるのだが、上がりは止まりながら差してきた格好…という
部分が、やはりここへ向けては引っ掛かる。
それならば、前々走の道中をある程度高い水準で進めつつ→上がりをしっかり
まとめた内容の方が好感が持てるのだが、どちらにしても、(前半でもっと
引っ張られる)皐月賞のリズムとは少しズレている。可能性はあるが微妙…。

△トラスト
前走は、それまでの競馬と比べて少し控える形ではあったが、前半~道中を
ある程度高い水準で進めつつ→上がりをしっかりとまとめた内容で、その時の
パフォーマンスはここでは普通に上位。
前々走も、前半で極端に脚を使う形から上位に粘って地力を示しているし、
とりあえず、これほどの低評価を受けるような弱い馬では全くない。
もっと上に推すだけの決め手は結局ないのだが、好走は当然考えたい。


☆カデナ
切れ(性能)という点ではかなりのものを示している馬だし、地力の点でも
未勝利戦の水準はある程度高いので、全く示していない訳ではない。
ただ、ここでまず第一に必要な"持続力"という点での裏付けが全くなくて、
さすがに高い評価にはしづらい。
もちろん、ここで勝ち負け近くに浮上するようなら、ダービー馬かも。

☆アメリカズカップ
きさらぎ賞は、パフォーマンスとしてはかなり高いものを示していて、単純な
横の比較ではここでは普通に上位。
ただし、少しゆったりとしたタイプで、朝日杯FSでは何も出来なかったこと
からも、ここの流れでは少し忙しくなりそうな印象で、感覚的に、皐月賞で
負けて→ダービーで巻き返すタイプには思える。

☆スワーヴリチャード
前走は、水準自体は低くはないのだが、同じ東京1800mのパフォーマンスで
言えば、昨年のディーマジェスティや、一昨年のドゥラメンテが示していた
ようなものとは2枚くらいの差がある。(他の上位馬もその後は苦戦続き)
タイプ的にも、かなりゆったりとしている馬で、本質的に、ここの条件では
忙しくなりそうなイメージ。あったとしてもダービーでは。


この記事へのコメント

  • ひまんたい

    ◎→○→△での的中おめでとうございます!
    持続力が問われる皐月賞らしい皐月賞で、馬場の高速化でさらに時計面の裏付けのある二頭に有利に働いたのかもしれませんね。
    2017年04月16日 16:00
  • 山宗

    >ひまんたいさん

    いつもありがとうございます。

    「牡馬=弱い」というのを(自分も含めて)必要以上にみんなが言い過ぎて
    いた雰囲気の中で、例年ここで結果を出している組ではない2頭の決着…。
    強い馬が別路線を通っただけ…という可能性がそろそろありますね。
    個人的には、このあたりで一旦リセットして考えようと思います。

    またよろしくお願いします。
    2017年04月16日 18:11
  • azemin

    完璧な予想お見事です。私も本命をアルアインにしたのですが、ダンビュライトが抑えられなかったです。
    ただ、ダービーにはつながらないと思います。ダービーは4F46秒台の速い流れを差せる馬じゃないと府中の長い直線を乗り切れないから。
    今日はダイワメジャーが勝った皐月賞によく似ていると思いますし、実際58秒台以下の決着の時にダービーで絡んだのは上がり最速だったタニノギムレット・ドゥラメンテ・マカヒキでしたし。
    2017年04月16日 19:39
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449047014

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック