ニュージーランドT展望(ラップ傾向&予想)2017


過去のラップタイム


2016 12.2-11.0-11.7-11.7-12.1-11.8-11.7-11.7
2015 12.2-11.2-11.6-12.2-11.8-12.0-12.0-11.8
2014 12.2-10.8-11.0-11.7-11.9-11.8-11.8-12.1
2013 12.6-11.3-11.8-12.1-12.2-11.7-11.4-11.7
2012 12.1-10.6-11.3-11.6-12.0-11.7-12.0-11.9
2011 12.3-11.5-12.1-12.2-11.8-11.1-11.3-12.2 阪神開催
2010 12.4-11.0-11.5-11.8-11.3-11.7-11.5-11.7
2009 12.5-10.8-11.6-11.3-12.2-11.7-11.9-11.8
2008 12.5-11.0-11.0-11.4-11.8-12.0-12.4-12.9
2007 12.4-10.8-11.3-11.6-12.2-12.1-11.7-11.8

過去10年の平均ラップタイム(2011年は除く)
12.34-10.94-11.42-11.71-11.94-11.83-11.82-11.93
1.33.96

ニュージーランドT平均ラップタイム


ラップ傾向

(過去記事の転載)

ラップタイムを見ると、レース前半はかなり速く流れ、3コーナー辺りになって
漸く落ち着くような展開で、勝負所では僅かながらの加速を示しつつ、そこから
終いまで一定に近いスピードを維持する形。

とにかくここでは、速い前半~道中に掛けてなかなか息を抜けない展開になる
ために、まずはスピード持続力を持っていなければ話にならない。
⇒その意味で、将来的に1400mで活躍しそうなタイプの方が合っている。

脚質的には、この展開でも極端に後ろからではなかなか届かないので、好位or
中団から押し上げていけるタイプ…といったイメージで、何はともあれスピード
持続性能が物を言う…という雰囲気。


好走する条件
・スピード持続力があること




予想


単純に候補が多い。
人気馬も含めて3頭ほど無理矢理切った部分があるので、正直これで紛れが
ない方が不思議なくらい…。

◎スズカゼ
前走では、厳しい展開を好位からしっかりと粘り込んでいるし、前々走も、
(トップレベルの馬には最後離されているものの)位置取りを考えれば良く
粘った方の扱い。
今回、当初本命候補に考えていた他の3頭が大外からきっちり3つの枠を引き
当てていて、これはもう流れが来ている印象。
例年ならばさすがに本命はやり過ぎかも知れないが…、今年なら。

○タイセイスターリー
まずは単純に、それぞれ一定の格を示しているシンザン記念上位の1頭。
その時は厳しい流れを受け流す騎乗をした武豊Jのペース判断に依る部分も
大きいが、距離延長の前走でも全く崩れなかったし、地力で考えれば、やはり
ここは普通に上位の存在。
もう少し内枠を引いていれば普通に本命にしていたと思うが、今回は妙味の
大きい相手に注目してみたい…という意味での2番手評価。

▲ボンセルヴィーソ
前走は、それまでとは全くスピードが違うペースで進めながらも、好位から
しっかりと粘り込んだ内容で、それと朝日杯&デイリー杯の切れ勝負で好走
した内容を合わせて考えれば、ここの展開も十分こなせて良さそう。
大外に入った部分はやはり気になるし、勝ち切れるかどうかは正直微妙だが、
好走は普通にして来るはず。

注ジョーストリクトリ
前走では、前半でこれまでに経験していない水準で引っ張られても崩れずに
上位には入っているし、前々走でも、ある程度厳しいラップを踏みつつ一応
好走は出来ている。
それらの内容から考えれば、地力ではここでも上位扱いでいいだろうし、枠の
差で勝ち負け近くで戦えても良さそう。

△タイムトリップ
前々走では、厳しい展開を好位から粘り込んで、前走では、スローの決め手
勝負を勝ち切った。
とりあえず適性的には、ある程度の幅があるタイプとは言えるので、展開に
関わらず好走は十分に考えられる。
外枠からどのような競馬になるのか分からないが、当然注目はしたい。

△ナイトバナレット
前走はさすがに物足りない内容ではあったが、自身の上がり自体はそれまでに
示していたものとほとんど変わらない水準。
したがって、仮にそこに限界があるタイプだとしたら、前々走で道中厳しい
ラップを踏みつつ→勝ち切ったこの舞台で巻き返せても良さそう。
評価としては結果的にこの位置になったが、浮上の可能性は当然考えたい。

△ダイイチターミナル
前走は、1400mの速いペースに引っ張られつつ→しっかりとした脚を使って
浮上した内容で、パフォーマンス的には(この手の舞台での)距離延長ならば
はまる可能性が十分にありそうなイメージ。
他のレースの内容などで、上の馬たちには結局裏付け的に劣る扱いになるが、
普通に候補の1頭ではあるはず。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック