ダービー卿CT展望(ラップ傾向&予想)2017


過去のラップタイム


2016 12.5-11.3-11.5-11.6-11.4-11.1-11.5-11.9
2015 12.3-11.5-11.8-11.1-11.3-11.6-11.7-10.9
2014 12.6-10.9-11.3-11.3-11.8-12.1-12.1-12.5
2013 12.4-10.7-11.2-11.2-11.8-11.7-11.8-11.8
2012 12.2-11.3-11.9-12.0-11.4-11.6-11.8-11.3
2011 12.7-11.4-11.5-12.0-11.8-11.0-11.0-11.9 阪神開催
2010 12.4-11.8-12.1-12.0-12.0-11.4-11.1-11.5
2009 12.4-11.3-11.5-11.6-11.9-11.5-11.7-11.8
2008 12.7-12.0-11.3-11.8-11.8-11.6-11.3-11.7
2007 12.6-11.3-11.1-11.2-11.5-11.6-11.7-12.1

過去10年の平均ラップタイム(2011年は除く)
12.46-11.34-11.52-11.53-11.66-11.58-11.63-11.72
1.33.44

ダービー卿CT平均ラップタイム


ラップ傾向

(過去記事の転載)


ラップタイムを見れば、前半はミドルペースで流れて、道中はこのコースらしく
全く淀みのない展開になり、そのまま最後まで速いスピードを維持する形。

ここの特徴は、基本的に道中が緩まない…という部分で、全体としてフラットな
レース展開になりやすいため、当然のようにスピード持続力が必須となる。

それに加えて近年に関しては、前半のスピードがなかなか上がらない展開が増え
つつあって、(道中のスピードに耐えられることを前提として)しっかりとした
決め手を発揮出来るタイプにも注意を払っておきたいイメージ。


好走する条件
・スピード持続力(&決め手があること)




予想



◎ダンツプリウス
前走に関しては、単純に切れ負けと考えていいだろうし(自身としては生涯で
2番目に速い上がりを使っている)、その前の4戦にしても、位置取り的に
どれも逆境の立場ながら→粘っている内容で、むしろ地力を示した格好。
この舞台ではNZTを勝っている訳だし、持続力を活かしたいタイプ的にも、
ここは普通に巻き返せていいタイミング。
外枠は微妙だが、この程度の人気に落ち着くようなら、迷わず推したい。

○キャンベルジュニア
前走は、ある程度厳しい展開を好位からしっかりと押し切った強い内容。
その時のパフォーマンスは、昨年ここで8着した時のものとほぼ同じだが、
休み明けだったことを考えれば、今回前進を示す可能性は十分にありそう。
勝ち切るには、高いレベルで道中で脚を使い→上がりでも(最低でも)その
水準を維持しなければならないので(前走は最後落としている)、簡単とは
言えないが、その候補としては当然考えておきたい。

▲ダイワリベラル
昨年ここでは4着していて、単純にその時のパフォーマンスはかなり高くて、
今回も普通に上位扱いになる。
前走に関しては、スローからの逃げ粘りという内容だが、とりあえず冬期の
結果が出なかった時と比べれば、状態は上向いていると考えていいだろうし、
ここは素直に好走に期待しておきたい。

注グランシルク
秋風Sの道中~上がりで示したパフォーマンスを考えれば、ここではやはり
上位扱いになるし、普通に好走はして来そう。
コーナーで一気に押し上げる競馬をしない(出来ない?)分、確実な末脚を
使えて浮上するが、勝ち切るところまでは間に合わない…というタイプで、
今回も安定の圏内候補。

△サンライズメジャー
昨年ここでは5着。本来はマイルである程度引っ張られると→最後まで脚が
続かないタイプだが、前半そこまで速くならないこの舞台であれば、何とか
対応出来る…というイメージ。
勝ち負けというところまで考えると、やはり京王杯SCまで待ちたいが、一応
ここでも好走の可能性は考えたい。

△ガリバルディ
本来はこの舞台向きとは言いづらいタイプだが、中京記念やマイルCSなどで
示した道中~上がりのパフォーマンスを考えれば、十分上位に扱える。
前々走に関しても、前半かなり締まった中で、まだペースが落ちない段階から
押し上げて→最後まである程度粘り込んで地力を示しているし、ここも展開
次第では最後突っ込んでくる可能性はあって良さそう。

△クラリティシチー
このレースではモーリスの(だいぶ離れた)2着があって、その時に示した
パフォーマンスは、ここでは普通に上と言っていいくらい。
近走は少し物足りない競馬も多いし、その時ほどの内容はさすがに期待でき
ないだろうが、可能性としては一応考えておきたい存在。
とりあえず人気もないし、注目しておいても損はないはず。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック