高松宮記念展望(予想)2017

予想


昨年は超高速馬場が意識されてかなりのハイペースになったが、今年の馬場は
そこまでではないし、メンバー的にもあまり速くなる要素はないので、以前の
(持続力&決め手という)高松宮記念に戻りそう。⇒後半重視で。

◎レッドファルクス
スプリンターズSでは、前半でそれなりに脚を使う形から→しっかりとした
決め手を発揮して、その時のパフォーマンスはとりあえずここでは抜けている
扱いになるし、同舞台のCBC賞でも、究極的な決め手を使ったハイレベルな
裏付けがある馬なので、適性的にも当然はまる。
前走が(個人的に)この手のタイプこそ香港スプリントに合う…と思っていた
中で何も出来なかった内容なので、そこだけが少し引っ掛かるが、今回の薄い
メンバー構成ならば…目を瞑りたい。

○セイウンコウセイ
この2戦は、一応フラットに近い展開にしっかりとつき合いつつ→まずまずの
上がりの脚を使って好走した格好で、とりあえずそれらの内容はこの舞台に
十分つながって良さそう。
決め手の部分で、あと1つ上の内容を示していたら本命まで考えたのだが…、
そこは断念。
それでも今の馬場、枠など、はまる要素は一応揃っている。注目したい。

▲フィエロ
マイルで示している高いパフォーマンスを考えれば、持続力&決め手という
点に関しては当然上位扱いになるし、この舞台につながりやすい阪神1400m
でもしっかり好走したので、やはり気にはしておきたい存在。
単純に前半のスピードに対応出来るなら…というイメージだが、一応頑張れば
34秒台半ばくらいで入ることは出来るタイプなので、もしかしたらもしかする
…のかも。とりあえず積極的な競馬を期待したい。

注メラグラーナ
前走では、前半でそれなりに脚を使う形から→上がりをしっかりまとめる形で
勝ち切っていて、その内容と同舞台・フィリピンTで示した決め手を合わせて
考えれば、ここの展開にもある程度はまりそうなイメージ。
地力の裏付け…という部分では、正直あと1つの印象にはなるのだが、今回の
メンバーであれば、それでもやはり上位扱いにはなる。
本当はもう1つ評価を上げてもいいとは思うが、妙味の違いでこの位置。

△レッツゴードンキ
決め手の部分ではスプリンターズSでかなりのものを示しているし、あとは
前半のスピードにしっかり乗る形からそれが発揮できるかどうか。
その点、気性的な問題でしっかり控えざるを得ない現状では、十分な裏付けが
取れてなくて、ここを勝ち切るところまでのイメージは正直湧かない。
超高速馬場の昨年からの前進は間違いないとは思うが、扱いはここまで。

△クリスマス
UHB賞で示した高い持続力と、同舞台・鳥羽特別で示した切れ(これは正直
裏付けとしては薄いが)を合わせて考えれば、一応ここでも上位扱い。
前々走はハイペースで逃げて、前走はそれよりも少し落ち着いた流れで控えた
中で、一応落ち着いたペースが想定される今回、積極的な競馬が出来れば。
その点、藤岡佑Jに乗り替わってポジションが上がることがあるのか…微妙。

△シュウジ
スプリンターズSのパフォーマンスで言えば上位扱いになるし、決め手の部分
では裏付け的に少し足りないものの、好走は当然あり得る。
ただ、前走の負け方をして、そこから普通に巻き返せるものなのか…?
父親のキンシャサノキセキにも気性の問題があり、(年齢を重ねて徐々に落ち
着いてきた中で)実際にG1に手が届いたのは7歳。今はまだ早いのかも。

△ソルヴェイグ
スプリンターズSのパフォーマンスは、ここでも普通に上位扱いになるし、
地力で言えば当然好走の可能性は考えられる。
それでもこの馬の場合、溜めて味が出るタイプではないだけに、本質的にこの
舞台への適性は微妙な印象。
積極的な競馬から上手く粘り込んでの→圏内候補まで。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック