中山牝馬S展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2016 12.8-12.7-12.9-13.1-12.2-11.5-11.8-11.6-11.7
2015 12.6-12.0-11.5-11.5-11.6-11.9-12.4-11.8-12.2
2014 12.7-11.4-11.8-12.3-12.2-12.0-12.0-11.7-12.4
2013 13.1-12.0-12.2-12.3-11.7-11.9-11.9-11.5-11.9
2012 12.8-11.4-11.9-12.7-12.7-12.8-12.0-11.8-12.5
2011 12.1-10.6-11.5-11.6-12.1-11.8-11.2-12.1-12.4 阪神開催
2010 12.3-11.2-11.5-11.7-11.9-12.3-12.5-11.8-12.4
2009 12.4-11.4-12.1-12.2-12.4-12.5-12.1-11.5-12.5
2008 12.2-11.6-12.4-12.3-12.3-11.8-11.8-11.5-12.5
2007 12.7-11.7-12.6-12.0-11.8-12.2-12.2-12.2-12.8

過去10年の平均ラップタイム(2011年は除く)
12.62-11.71-12.10-12.23-12.09-12.10-12.08-11.71-12.32
1.48.97

中山牝馬S平均ラップタイム


傾向(過去記事の一部修正)
過去のラップタイムを見れば、前半ミドルペースくらいで、道中はしっかりとは
緩まずほぼ一定のスピードで進み、勝負所で少し加速して、最後だけ少し落ちる
…という形。

ここの特徴は、まずは(この舞台らしく)レース全体としてラップの緩急の幅が
あまり大きくはならないという点で、そうなれば基本は"持続力"…となることは
間違いない。

それでも牝馬のレースだけに、(近年は特に)道中の水準自体がそこまでの高さ
にはならないため、勝負所である程度しっかりと動ける…ということが必要で、
イメージ的には、持続力と切れをバランス良く備えているタイプが中心になる。


好走する条件
・持続力&切れがあること


予想

◎フロンテアクイーン
元々同舞台で勝ち上がった馬で、その時は全く淀みのない展開で相当に高い
パフォーマンスを示していて、それは現段階でも十分裏付けになるレベル。
基本的には持続力…というタイプながら、東京の決め手勝負にも対応できる
馬だけに、このレース自体にもピッタリはまって良さそう。
とりあえずは、正攻法の強気な競馬を期待したい。

○マジックタイム
地力は当然高く、これまでに示しているパフォーマンスで横の比較をすれば、
普通に上に扱ってもいいくらいの存在。
小回りも合うし、今回も好走はしてくると思うが、適性的には少し持続力の
方に寄り過ぎの印象ではあるので、勝ち切るのは他の馬かも…という感覚。
ここは安定の圏内候補としての2番手評価。

▲パールコード
地力は当然上位の存在で、完全な切れタイプとも言い切れず、一方で持続型の
展開にもしっかり対応はしている…という部分で、「両者をバランス良く…」
と想定した、ここの適性にはむしろ合っていそう。
ただしゆったりとした走りをする馬で、小回りはどうか?という部分はある
ため、感覚的にあと1つ推し切れない…。(その点、外枠はプラスだろうが)

注クインズミラーグロ
前走は、好位のインから進めて、道中でしっかりと脚を使う形での好走。
前々走でも、差し馬が浮上する展開で、逆境の立場ながら好位から押し切って
いて、一定の地力は認めていいはず。
前半があまり速くならない…という部分で、脚の使い方としてもこの舞台には
はまって良さそうだし、とりあえずここはしっかりと注目しておきたい。

△ビッシュ
持続力はしっかりと示している馬だし、単純に地力でも上位扱いでいいはず。
ただし小柄な馬なので、秋華賞のように、他の馬にも余力が残っているような
状況だと上がり負けする印象で、スタート直後にしっかりと引っ張られつつ
→道中が少し落ち着き、コーナーで捲って行けるような形の方が合いそう。
その意味では、中山ではやはり1800mよりも2000mなのかも…。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック