チューリップ賞回顧(ラップ分析)2017

レース総括
■前半かなり速く、道中一旦落ち着いて→しっかりと加速する展開
■一定の持久力&切れが問われた


チューリップ賞結果
ソウルスターリング1.33.2 33.8 05-05
ミスパンテール1.33.5 33.7 10-09
リスグラシュー1.33.6 33.9 08-07
ミリッサ1.33.7 34.1 07-07
カワキタエンカ1.33.8 34.7 04-03

天候:晴 芝:良
上り4F:46.8 3F:34.6
前半4F:46.4
12.4-10.7-11.1-12.2-12.2-11.4-11.3-11.9

チューリップ賞ラップタイム


レース詳細
ラップタイムを見ると、前半がかなり速くなり、道中は一旦落ち着く展開で、
その後ラスト3Fで一気に加速して→最後までそれ程落ちない形。

今回の特徴は、まずはやはり前半の速さで、そこでしっかりと引っ張られた
ことで、当然一定以上の持久力が問われたはず。

道中に関しては、この週は全体的に時計が出ていたことを考えれば、少し緩め
くらいの印象で、そこからの加速について行けるだけの切れと、(レース全体
として)大きな緩急がつくリズムへの対応力が必要になった。

また脚質的には、スタート直後にしっかりと脚を使った前の馬には厳しくて、
やはり差し馬優勢だったと言えそう。

どちらにしても今回の場合、(道中は落ち着いた形でも)レース全体としては
コース改修後は1度しかなかった前傾の展開で、タイムも翌日の準OPとほぼ
変わらない。とりあえずは上位の地力は素直に信頼して良さそう。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ソウルスターリング
好発から前半の速い部分にもある程度はつき合った格好で、直線も1頭全く
違う推進力を見せた形での勝利。
(逆境とまでは言えないものの)位置取り的に恵まれた訳ではなく、前半を
控えて→最後浮上した馬とは一線を画した内容。単純に強いの一言。
残すは関東のレース経由の馬たち…といった情勢だが、問題はなさそう。

リスグラシュー
後方からになった前走と比べれば、前半でしっかり引っ張られた格好だが、
じっくりと進めた割りに最後伸びあぐねた…という印象は否めない。
今回は(馬格のないタイプらしく)少しチョコチョコした走りにも見えたし、
本質的には直長での総合力勝負よりも、もう少しスタミナ色の強いレースか、
持続力が問われる展開の方が向いているのかも知れない。オークスなら。

カワキタエンカ
道中は少し控えた格好だが、スタート直後に脚を使って、勝負所もある程度
積極的に攻めつつ→早め先頭という競馬で、勝ち馬にはあっさりと交わされた
ものの、他の馬たちに対しては良く粘った…と言っていいはず。
ここで権利が取れなかったので、次がどうなるのか?は分からないが、相手
弱化ですぐにでも巻き返してきそう。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック