中山記念展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2016 12.6-12.0-11.9-11.6-11.3-11.6-12.0-11.1-11.8
2015 13.1-12.2-12.2-12.3-12.1-12.3-12.2-11.7-12.2
2014 13.0-12.2-12.1-12.2-11.6-11.8-12.3-12.1-12.5
2013 12.9-11.8-11.5-11.3-11.1-11.4-12.0-12.0-13.3
2012 12.8-11.8-11.4-11.4-11.3-11.6-11.8-12.0-13.2
2011 12.8-11.5-12.0-12.2-11.6-11.4-11.7-11.1-11.7
2010 12.6-11.7-12.3-12.2-12.1-12.6-12.6-12.8-12.8
2009 13.1-12.1-12.5-12.1-12.1-12.2-12.0-11.3-11.8
2008 12.6-11.5-12.0-11.8-11.8-12.3-12.2-11.5-11.6
2007 12.9-11.7-12.0-11.6-11.3-11.7-11.7-11.4-12.9

過去10年の平均ラップタイム
12.84-11.85-11.99-11.87-11.63-11.89-12.05-11.70-12.38
1.48.20

中山記念平均ラップタイム


傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、スタート直後はある程度ゆったり流れるものの、その分
道中が(多少の緩急はあるが)相当に締まった展開になり、そのまま上がりまで
高い水準を維持する形。

とにかくここの特徴は、緩い前半を受けての騎手心理&向正面の下り坂という
コース形状によって、道中がかなり速くなることで、息を入れられない展開への
対応力&スピード耐性という部分で、相当な持続力(筋持久力)が必要になる。

もちろん道中が落ち着く年もあって、その場合切れタイプの台頭も考えられそう
なのだが、結果を見れば持続タイプが結局は強くて、狙いとしては変化をつける
必要は特になさそう。


好走する条件
・高い持続力があること


予想
開幕週だが、今の緩めの馬場の作り方では先行有利ということは全くない。
それでいて今回は、それ程多くない頭数の中でも前で引っ張るタイプが結構
揃っていて、となれば、やはり前半をある程度受け流しつつ→道中~上がりで
しっかり持続できるタイプを中心に考えたいところ。

◎アンビシャス
極端に厳しい展開になった昨年のこのレースでしっかり2着に浮上していて、
その時のパフォーマンスで考えれば、ここでは普通に上に扱える。
前走は、スタート直後に挟まれる格好で後方からの競馬になり、直線も荒れて
いる内を通ったことを考えれば、先着を許したリアルスティールと比べても
全く見劣らない内容。(むしろ強い)
展開もはまりそうな今回は、周って来れば普通に勝ち負け…でいいはず。

○リアルスティール
レベルの高い昨年の3着馬で、その時の道中~上がりでのパフォーマンスは
当然高くなっているし、ドバイ遠征直後の安田記念では崩れたものの、秋は
しっかりと本来の地力を示していて、ここではどう考えても上位。
今回どのような競馬になるのか分からないが、このメンバーでは、さすがに
先行というよりも中団辺りに控えるだろうし、普通に浮上はして来るはず。

▲ヌーヴォレコルト
一昨年の勝利は、例年のこのレースの水準から言ったらそこまで厳しい展開
という訳ではなかったし、それだけでは強くは推せないが、香港ヴァーズの
極端に締まった展開での4着はやはり高く評価しておきたいところ。
基本的には後半型の馬なので、あまり積極的な競馬になると微妙だが、それを
考えると今回の外枠はむしろプラスに思える。

注ネオリアリズム
マイルCSでは、これまでにないレベルのスピード耐性を示したし、それと
小倉大賞典の道中~上がりで示した高いパフォーマンスを合わせて考えれば、
ここの展開にはまる可能性は十分にありそう。
タイプ的に距離延長もプラスだし、本来はもう少し上の評価でもいいのだが、
今の馬場での積極策は微妙…という理由でこの位置。

△ツクバアズマオー
前走は、仕掛けの早い展開で、この馬自身も道中からしっかりと脚を使う形で
勝利していて、単純に強い内容だったと言えそう。
脚質的にも、今の状況には合っているし、もう1つだけ評価を上げるかどうか
かなり迷ったのだが、ここの水準の絶対的なスピード(耐性)は示していない
…ということで断念。

△ロゴタイプ
昨年は、安田記念の勝利だけでなく、天皇賞&香港マイルでも一定の地力を
示したし、ここでもとりあえずは上位扱い。
ただしこの舞台では、程々の水準の一昨年は2着した一方で、相当に締まった
昨年は9着となっていて、耐えられる水準の限界が見えるので、信頼度という
部分ではそこまで高くはない…。脚質的にも逆境の立場になりそう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック