アーリントンC展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2016 12.4-10.6-11.4-12.3-12.4-11.4-11.3-12.3
2015 12.7-11.2-11.7-12.5-12.7-11.9-11.1-12.1
2014 12.6-11.1-11.5-11.5-12.1-11.6-11.1-12.5
2013 12.6-11.3-12.0-12.4-12.4-11.4-10.9-11.8
2012 12.9-11.5-12.1-12.2-12.4-11.7-11.2-12.3
2011 12.6-10.8-12.0-11.9-11.8-11.5-11.2-12.4
2010 12.6-11.3-12.4-12.1-11.2-11.1-11.4-12.7
2009 12.7-10.8-11.3-12.0-12.4-12.1-11.8-12.5
2008 12.8-11.0-11.4-11.5-11.7-11.7-11.3-13.2
2007 12.6-11.4-11.5-11.5-11.9-11.3-11.5-12.2

過去10年の平均ラップタイム
12.65-11.10-11.73-11.99-12.10-11.57-11.28-12.40
1.34.82

アーリントンC平均ラップタイム


傾向(過去記事の転載)
過去のラップタイムを見ると、前半はミドルペースくらいの流れで、道中は一旦
落ち着く展開ではあるが極端には緩まずに、勝負所では一応しっかり加速して、
ラスト1Fがかなり落ち込む形。

このレースの特徴は、前半または道中が意外と速く流れている…ということで、
(実際には前後半イーブンくらいではあるのだが)決め手勝負というコースの
イメージから考えると、前半の方に比重が偏っている印象を受ける。

おそらくこれは、開幕馬場と(若駒のレースだけに)短距離馬の紛れ込みによる
ところが大きいと思うが、上がりの性能に優れた(人気になりやすい)タイプが
直線不発に終わる…事態も考えられるだけに、しっかり注意は払っておきたい。

したがってここでは、単に切れがあるというだけでなく、一定以上のスピードに
(レースを通して)耐えられる持続力を持っていることを重視したいところで、
尚且つ開幕週なので、好位から押し切れるタイプを狙いたい感覚。

※近年に関しては少しペースが落ち着く傾向にあるが、結果的には地の強い馬が
しっかり上位に入っていて、狙うべきタイプとしては、これまでとあまり変化を
つける必要はなさそう。


好走する条件
・切れ&持続力(スピード耐性)があること


予想

◎ヴゼットジョリー
前走は、内有利な状況での外枠発走で、その中で何とか工夫して、上がりでは
強引に内を突いて(→和田Jは制裁)の5着。良くやった方。
内容的にも、道中でかなりしっかりと脚を使った格好で、一定の地力は示して
いるし、それと前々走の決め手を合わせて考えれば、ここでも普通に上位。
今回唯一の牝馬で、シンザン記念に牝馬の出走がなかったので、もしこの馬が
ここを勝つようなら、いよいよ牡馬は混沌とする。その意味でも注目。

○ペルシアンナイト
前走では、厳しい展開の中で、道中ジワジワと追い上げる内容で好走して、
高い地力を示した格好だし、それと前々走などで示している決め手を合わせて
考えれば、ここでも普通に上位扱いになる。
本質的には、より持続力が問われる舞台か、距離延長してこそ…という気も
するが、とりあえず好走は普通にしてくるはず。

▲ミラアイトーン
葉牡丹賞では、後ろから進めた馬が浮上した中で番手からある程度粘り込み、
一定の持久力は認められるし、前走では、スローな流れの中でしっかりとした
決め手を発揮して勝ち切り、それらの合わせ技でここも十分出来て良さそう。
カオスモスはさすがに難しそうなので、武幸四郎Jの最後の重賞勝利になる
…というのは普通にあり得る。

注キョウヘイ
前走は、馬場を考えれば超のつくハイペースで、この馬の位置取りでもかなり
前傾の内容だったので、とりあえずは一定の地力は認められるし、前々走の
道中~上がりでのパフォーマンスを合わせて考えれば、浮上は十分できそう。
鞍上(陣営?)の考え方もあるので、展開が厳しくなれば…という条件付きに
結局はなるが、当然注目はしておきたい存在。

△ナンヨーマーズ
前走では、道中を高い水準で進めつつしっかり好走していて、一定の地力は
認めていいだろうし、同舞台での未勝利戦では、一応"切れ"を示す形で勝ち
上がっているので、ここの展開にもとりあえずは対応できて良さそう。
勝ち切るところまではさすがに足りないイメージにはなるが、好走は普通に
出来ていいはず。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック