フェブラリーS展望(予想)2017

予想
どの馬も何かしら目をつぶらなければならないところがあるし、(状態などを
含めて考えると)あまり差のないメンバー構成。
ただし勝ち切るのに必要な"勝負所での反応"…という点で考えると、意外と
候補は多くない印象。

◎ゴールドドリーム
前走は、スタートで立ち遅れて、すぐに脚を使ってポジションを取りに行った
形で、そこからさらに向こう正面でジワジワ押し上げていく…という競馬。
ただでさえ超高速の道中でその内容なので、最後苦しくなって当然で、これは
普通に度外視していいはず。
それを除けば、ユニコーンS(こちらは成長分込みの評価だが)&武蔵野Sの
パフォーマンスは、それぞれ切れor持続力という点での十分な裏付けになって
いて、ここを勝ち切る資格はしっかり備えていそう。

○ベストウォーリア
前走は、中団辺りにいた馬には溜めづらい展開で、位置取り的には一応逆境の
立場だったが、それでも直線でしっかりとした脚を使って浮上して、改めて
その地力の高さを示した格好。
基本的には持続力の方に寄ったタイプで、"切れ"という部分で勝ち切れるか
どうかは微妙だが、緩急どちらの展開にもある程度は対応できるため、今の
このレースに対しての信頼度は高い。安定の上位。

▲エイシンバッケン
前走では、直線でしっかり追えない場面が何度かあったが、それでもゴール後
突き抜けるような脚を使っていて、勝ち馬の陰に隠れて地味に凄みを見せた。
この馬に関しては、馬体&走法的に1400mでは明らかに持て余している感が
あって、尚且つ最後の惰性がしっかり効くため、距離延長は本来歓迎なはず。
(スピード&惰性を活かしやすい)しっかりと湿った馬場ならば本命にして
しまおうかとも思ったが、そこまでは期待できそうになく、3番手まで。

注ノンコノユメ
基本的に、スピードに寄った展開の中で持続力を発揮する形がベスト…という
タイプなので、スタミナに寄った条件でなかなか結果が出ないのは仕方のない
ところだし、実際チャンピオンズCなどを見ても、自身としては前の年から
パフォーマンスを落としている訳では全くない。
当然今回、得意な条件に戻って巻き返す可能性はあっていいし、もう少し高い
評価にするつもりだったのだが、相手も面白そう…ということでこの位置。

△カフジテイク
ダートであれだけの決め手を発揮出来る馬なので、とにかく怖さがあるし、
ある程度の浮上は当然して来るものとして扱いたい。
ただしここでは、1F伸びつつも前走と同等以上の水準での追走が求められる
ので、その点、高い水準の前半で脚を使いつつ→上がりをしっかりまとめる
…というようなパフォーマンスがないこの馬を、絶対的に信頼はできない。
可能性としてはもちろん頭までだが、あくまで上位の一角。

△モーニン
昨年はここを勝利して、その時のパフォーマンスもまずまず高いものになって
いるし、扱いとしては当然上位。
ただし、(重馬場&59kgの昨年はともかく)一昨年の武蔵野Sでは、道中が
締まった展開で最後伸び切れなかったように、持続力という点での不安が少し
あるタイプなので、確実とは言い切れないタイプ。
それでいて状態に少し不安があるようなら、このくらいの評価に止めたい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック