クイーンC回顧(ラップ分析)2017

レース総括
■前半~道中がある程度流れて→そこからしっかりと加速する展開
■持久力&切れが問われた


クイーンC結果
アドマイヤミヤビ1.33.2 33.6 08-06
アエロリット1.33.3 33.9 06-03
フローレスマジック1.33.6 34.1 08-06
レーヌミノル1.33.7 34.6 01-01
ハナレイムーン1.33.8 34.0 11-10

天候:晴 芝:良
上り4F:46.4 3F:34.1
前半4F:46.8
12.3-11.1-11.4-12.0-12.3-11.3-11.2-11.6

クイーンCラップタイム


レース詳細
ラップタイムを見ると、前半からある程度速く流れて、その後もなかなか
スピードが落ちない展開。その後コーナーで一旦落ち着きつつ→ラスト3Fで
しっかりと加速して、最後も速いスピードを保ったままゴールを迎えた形。

今回の特徴は、まずは前半~道中の水準の高さで、そこである程度しっかりと
引っ張られたことで、一定の持久力は当然問われ、脚質的にもやはり差し馬に
向いたイメージ。

また勝負所では、大きな加速を示して、適性的には"切れ"が問われた訳だが、
そこから最後までほとんどラップを落としていない…というのは、(今回の
ペースを考えれば)かなり価値が高そうで、上位馬がそのレベルの高さを
示したレースだったと言えそう。

したがって、突き抜けた2頭はもちろん、その下の少し不利があった&逃げ
粘った2頭の今後には大いに期待できそうで、そのぞれの動向にはしっかり
注意を払っておきたいところ。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

アドマイヤミヤビ
中団の後ろからではあったが、今回の流れを考えれば、これまでとは全く違う
水準のスピードにしっかりと乗り、尚且つ勝負所も攻めつつ→最後まで伸び
切る形での勝利。これは強いの一言。
現状では阪神JFの2頭に対してどこまで?というのはあるが、少なくとも
桜花賞&オークスで何も出来ないということはまずない。
しっかり注目していきたい存在。

アエロリット
中団から進めて、勝負所で攻めつつ→直線もしっかりとした決め手を発揮。
終始アドマイヤミヤビにマークされるような格好になり、水準の高い展開の
中で相手よりも常に早め早めの競馬をした訳なので、最低でも同じレベルでの
評価はしていいはず。これも強い。
こちらの方は距離延長してどうか?という部分はあるが、とりあえずマイルを
走っている限りは普通に世代上位。G1でも当然注目したい。

フローレスマジック
直線で前の扉が閉じて、一旦立て直す格好になったことを考えれば、上位の
2頭とも着差ほどの差はないはず。
ただし、そもそも不利を受けたこと自体、それだけの脚が使えなかったという
ことでもあるので、簡単に巻き返し…ということは言いづらい。
もちろん、少し間隔が空いた状態で反応に問題があったのかも知れないし、
鞍上が少し待ったのかも知れないが…。とりあえずもう1戦見たい。

レーヌミノル
最後はしっかり交わされる格好になったが、逃げて厳しい展開を演出しつつ
→直線も良く粘った内容で、改めてその地力の高さを証明した格好。
もちろんこのままマイルを走り続けて結果を出せるかは微妙だが、いずれ距離
短縮した時に、一気に頂点付近に登り詰める可能性は十分にありそう。
きさらぎ賞の回顧で、この世代を2007年のクラシック世代に例えたが、その
イメージからは、当然アストンマーチャン的な扱い。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック