京都記念展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2016 13.0-12.0-13.0-13.0-12.6-12.7-12.4-12.3-12.1-12.1-12.5
2015 12.8-11.4-12.6-12.3-12.1-12.2-12.4-11.7-11.4-11.0-11.6
2014 13.3-11.8-13.2-12.9-12.5-12.9-13.0-12.2-11.5-11.0-11.7
2013 12.6-11.4-12.6-12.8-12.4-11.9-12.2-12.0-11.8-11.3-11.5
2012 12.6-11.7-12.0-12.0-12.0-12.2-12.4-12.0-11.3-11.8-12.4
2011 12.6-11.3-13.2-12.5-12.2-12.9-12.4-12.0-12.0-11.2-11.6
2010 12.7-11.2-12.6-13.1-12.6-13.0-12.9-11.9-11.7-11.4-11.3
2009 12.4-11.3-12.4-12.1-12.5-12.9-12.8-12.2-11.9-11.4-12.7
2008 12.9-11.3-12.5-12.4-12.6-12.6-12.3-11.7-11.3-11.9-12.1
2007 13.1-12.1-13.4-12.6-12.5-13.1-12.8-12.0-11.6-11.4-12.6

過去10年の平均ラップタイム
12.80-11.55-12.75-12.57-12.40-12.64-12.56-12.00-11.66-11.45-12.00
2.14.38

京都記念平均ラップタイム


傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや遅いくらいの流れで、道中は
基本的には一旦落ち着く展開となり、その後ラスト4Fから徐々に加速していき、
最後だけ少し落ちる形。

このレースは、形としては緩い流れからの上がり勝負だが、その上がりでは4Fの
(もしくはそれ以上の)相当に長い脚が必要になるため、勝負所までに如何に
楽が出来るか、つまりどれだけ脚を使わずに道中を進められるかが重要になり、
結果的には持久力の高い馬が自然と上位に浮上してくる。

したがってここでは、持久力という長距離的な要素と、決め手(切れ)や持続力
といった中距離的な要素を併せ持っていることが重要で、どちらか一方だけでは
厳しく、さすがにG2らしい、しっかりと格が問われるレースになっている。


好走する条件
・一定の持久力は必要
・末脚の持続力があること


予想

◎サトノクラウン
香港ヴァーズでは、ハイランドリールの作った厳しい展開を、最後伸び切る
形でしっかりと差し切って、そこで示した持久力&持続力を考えれば、当然
ここでは上という扱いでいいはず。
(自身ラップ 25.93-24.60-24.71-23.83-23.70-23.45)
それがなくても、昨年もここでは強い内容で普通に勝ち切っている訳だし、
とりあえずこの馬に関しては何の迷いもなく推せる。

○ミッキーロケット
前走では、レース自体かなり水準の高い展開になった中で、道中ジワジワと
押し上げつつ→勝負所も積極的に攻めながら→最後までしっかり押し通して、
かなりの持久力&持続力を示した格好。
そのパフォーマンスで考えれば、ここでは普通に上位扱いになるし、物凄く
高い所に行ってしまった感のあるサトノクラウンはともかく、マカヒキに
対しては、(適性的に考えて)上回る可能性は十分にありそう。

▲マカヒキ
ダービーのパフォーマンスは普通に高いし、純粋な持久力&切れという点で
考えればどうやっても上位の存在。
ただし、ハイペースになり、ガリレオ産駒が上位を占めた凱旋門賞で潰れた
内容からは、正直持続性能という点では不安が残るし、ヤマカツライデンが
前走に引き続き締め付ける展開を作るようなら、分が悪くなるのかも。
単純にハイランドリールを基準にすれば、サトノクラウンには負けるのでは。

注スマートレイアー
香港ヴァーズでは、厳しい展開に引っ張られ、サトノクラウンとは対照的に
こちらは最後脚が上がった格好だが、かなり早い段階から脚を使わされた
中での5着というのは、単体のパフォーマンスとしては決して低くない。
(自身ラップ 25.69-24.68-24.63-23.91-23.86-24.79)
それを最後まで伸び切った勝ち馬もいるし、結局評価としてはここまでだが、
何かしら上位が転ぶようなら、出番はすぐにでも回ってきそう。

△ヤマカツライデン
前走は、6着ではあったものの、道中をしっかりと締め付ける競馬をして、
直線(変化はつけられないものの)まずまず粘り込んだ…という内容。
陣営がその内容をどう評価しているのか?は問題だが、最初の直線が1F短く
なる今回は、前半を楽に入れる分、同じような競馬なら着は上がりそう。
どれだけ上手く運んでも、G1級には直線だけで覆されるだろうが、その
下に残る可能性は当然考えておきたい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446915710

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック