根岸S展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2016 12.4-10.9-11.3-11.8-11.9-11.5-12.2 34.6-35.6
2015 12.7-10.8-11.8-12.3-11.9-11.9-12.0 35.3-35.8
2014 12.6-11.1-11.6-12.0-11.9-11.8-12.4 35.3-36.1
2013 12.5-11.5-11.7-12.3-11.9-11.8-12.0 35.7-35.7
2012 12.5-11.2-11.6-12.1-12.1-11.8-12.2 35.3-36.1
2011 12.4-11.2-11.6-12.1-12.0-11.8-11.9 35.2-35.7
2010 12.4-11.5-11.7-11.8-11.8-12.0-12.5 35.6-36.3
2009 12.2-10.6-11.3-12.1-12.1-11.6-12.2 34.1-35.9
2008 12.2-10.7-11.4-12.0-11.9-12.0-12.5 34.3-36.4
2007 12.5-10.8-10.9-11.7-12.0-12.7-12.9 34.2-37.6

過去10年の平均ラップタイム
12.44-11.03-11.49-12.02-11.95-11.89-12.28
1.23.10 34.96-36.12

根岸S平均ラップタイム


傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半ある程度速く流れ、4F目からほぼ一定のスピードを
維持しつつ→ラスト1Fだけ少し落ちる形。

この展開だと、とりあえずは前半である程度引っ張られるので、一定の持久力は
問われて、尚且つ、レース後半では長い脚が必要となるために、末脚の持続力を
持っていることも重要になる。

脚質的には、ちょっとした展開の違いで先行も差しも決まる舞台だと言えるが、
切れだけとか、粘りだけ…では厳しい舞台なので、まずは適性面での選択の方を
重視したいイメージ。

また近年に関しては、以前と比べると、前半が少し落ち着く傾向が出てきている
ので、マイラータイプが決め手を発揮して浮上する可能性は、一応しっかり考慮
しておきたいところ。


好走する条件
・持久力&持続力があること


予想

◎ベストウォーリア
地力という点でも持続力という点でも、当然しっかりとした裏付けを持っている
馬だし、近走に関しても常に好走し続けていて、状態面での問題もなさそうで、
正直下げる要素がない。
敢えて不安点を挙げるのであれば、上がりが極端に速い展開になった場合くらい
だが、ノボバカラやコーリンベリーが引っ張る展開がそれほど楽になるとは思え
ないし、それはあまり現実的な想定ではなさそう。⇒素直に推したい。

○ニシケンモノノフ
スプリントのハイペース戦もしっかりとこなしている馬だが、天王山Sの時の
ような速い上がりを使えていたり、一昨年の武蔵野Sでも(モーニンとタイム差
なしの)4着に粘っていたりして、(個人的には)持続的な要素の強いタイプ
…という印象がある。
その考えで言えば、当然この舞台には合っていると思えるし、意外な程に人気も
していないので本命にするか?かなり迷ったが…結局は2番手。(相手強い)

▲タールタン
昨年のハイレベル戦でモーニンと差のない2着に好走していて、その時に示した
パフォーマンスで考えると、当然の上位扱いになる。
9歳という部分が嫌われているのかも知れないが、近走でも特に悪い競馬はして
いない中で、さすがに今の人気は低過ぎに感じるし、とりあえずここでは注目
しておいて損はない…という感覚。

注カフジテイク
同じようなタイプのワイドバッハと比較すると、相手がもう少ししっかり流れに
つき合っていたのに対して、こちらは本当に直線勝負というパフォーマンス。
それでも安定して浮上できるのだから、飛び抜けた決め手を備えている…という
ことにはなるのだが、地力の面での信頼度では少し劣る印象になる。
それで1つ抜けた1番人気というのは…やや違和感がある。

△キングズガード
この馬に関しては、しっかりした脚を使うというよりも惰性で浮上する…という
イメージから、東京に向いたタイプか?は微妙。
それでも(レベルそこまで…なグリーンチャンネルCはともかく)武蔵野Sでも
一応しっかりと好走出来ている訳だし、単純に地力で上位というのは間違いなく
言えて、ある程度引っ張られる流れであれば、やはり浮上はして来そう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック