京都金杯回顧(ラップ分析)2017

レース総括
■相当に速い前半から→上がりが少し掛かる展開
■高い持久力&持続力が問われた


京都金杯結果
エアスピネル1.32.8 34.9 06-04
ブラックスピネル1.32.8 34.7 06-08
フィエロ1.32.9 34.6 12-11
アストラエンブレム1.33.1 34.2 16-16
マイネルハニー1.33.2 35.5 02-02

天候:晴 芝:良
上り4F:46.9 3F:35.2
前半4F:45.9
12.2-10.6-11.1-12.0-11.7-11.9-11.5-11.8

京都金杯ラップタイム


レース詳細
ラップタイムを見ると、前半がかなり速くなって、道中も(平均くらいだが)
ほとんど緩まない展開で、上がりは(多少の緩急はつきつつも)少し掛かる形。

今回の特徴は、やはり前半の速さで、そこで引っ張られたことで、当然のように
高い持久力が必要となったはず。
また、ラップの形として、ある程度のスピードを保ったままゴールを迎えている
ことから、一定以上の持続力が問われたことも間違いない。

脚質的には、ある程度前から進めた馬も残っているものの、単純に開幕週だから
…という恵まれでは決してなくて、この厳しい展開を耐えた結果の好走なので、
上位馬の地力はしっかりと認めておきたいところ。
当然この先に向けても、十分につながっていく可能性はあるはず。注目したい。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

エアスピネル
今回は(当然だが)一応斤量を背負う立場ながら、厳しい展開の中である程度
高いポジションにつけて、尚且つ外目からしっかりと攻める正攻法の競馬。
そこから直線も早めに先頭に立つ形で押し切った格好で、これこそ着差以上の
強さと言っていいはず。
次戦は東京新聞杯ということだが、舞台が替わったとしても、とりあえず大きく
マイナスになる要素はないし、当然期待はしていいはず。
(そこを使った後のローテーションが良く分からないが…)

マイネルハニー
今回は、これまでに経験していたレースとは前半のペースが全く違っていたはず
だが、その中で番手からしっかり粘り込んだ強い競馬。
スピード耐性という部分で、新たな一面を見せたと言っていいはず。
この馬は本来、ジワジワと脚を使うというよりも、瞬間的な加速で勝負を決める
タイプなので、ここのスピードが問題ないのであれば、もしかしたら安田記念に
はまる可能性はありそう。その点少し注目していきたい。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック