京王杯SC展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2015 12.9-11.5-11.6-11.9-11.3-10.8-11.6 36.0-33.3
2014 12.6-10.5-10.6-11.0-11.3-11.4-12.3 33.7-35.0
2013 12.2-10.5-11.2-11.8-11.4-11.4-12.1 33.9-34.9
2012 12.2-10.6-11.4-11.7-11.3-11.3-11.6 34.2-34.2
2011 12.4-11.0-11.6-11.4-11.0-11.2-11.6 35.0-33.8
2010 12.6-10.9-11.1-11.3-11.1-10.9-11.9 34.6-33.9
2009 12.8-11.2-11.1-11.3-11.0-11.3-11.9 35.1-34.2
2008 12.4-11.2-11.1-11.5-11.2-11.9-11.5 34.7-34.6
2007 12.3-10.9-10.9-11.2-10.6-11.6-12.5 34.1-34.7
2006 12.5-11.1-11.6-12.0-11.2-11.4-12.0 35.2-34.6

過去10年の平均ラップタイム
12.49-10.94-11.22-11.51-11.14-11.32-11.90
1.20.52 34.65-34.32

京王杯SC平均ラップタイム


傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、1400mらしく一貫した流れにはなっているが、コーナー
部分で少しだけ落ち着く格好から→ラスト3Fで一気にペースが上がって、直線は
右肩下がりの形になっている。

この舞台では道中で多少は息が入れられるため、例えば京都1400mなどのように
スタートからスピードで押し通すようなタイプよりも、溜める形からしっかりと
した切れを発揮出来るタイプの方が合っている印象。

したがってここでは、まずは勝負所で変化をつけられるスピード馬が中心には
なるのだが、ペース次第では(スピードへの対応力を示している必要はあるが)
切れと持続力をバランス良く備えたマイラーが、1つ上のギアでまとめて差し
切る可能性も考慮しておきたいところ。


好走する条件
・勝負所での切れ&末脚の持続力があること


予想

◎サンライズメジャー
決め手は示しているし、それなりに高い水準にも対応できる馬だが、マイルでは
(特に前半から脚を使う格好になると)少し伸び切れない…というイメージ。
その点、7Fながら一定以上の末脚が必要になるこの舞台にはピッタリはまっても
良さそうで、今回のメンバーを見て真っ先に目に留まった。
この条件が初ということもあり、妙味もあるし、ここは期待してみたい。

○オメガヴェンデッタ
前走は、高い水準での追走から→上がりをしっかりとまとめての2着で、地力は
十分なものを示した格好だし、その持続力はここでも普通に上位。
この舞台に対しては、持続力の方に寄り過ぎている雰囲気はあるので、あまり
消極的な騎乗になると周って来るだけにもなりかねないが、一方で、強気な騎乗
ならば押し切るイメージも十分湧く。粘り込む方向で考えたい。

▲ロサギガンティア
前走は、舞台は阪神ではあるものの、比較的ここに近いレース展開を勝ち切って
いて、とりあえず適性的にはまる可能性は十分にあって良さそうだし、朱鷺Sで
示したペース耐性を合わせて考えれば、展開に左右されることも少なそう。
間隔が空いた状態はやはり気になるし、勝ち切れるかどうかは微妙ではあるが、
確実に浮上はしてきそうなイメージ。

注エイシンスパルタン
心斎橋Sでは、厳しい展開にしっかりつき合う形で好走して、同舞台の晩春S
でも、締まった流れから→上がりをしっかりとまとめる内容で完勝。
それらのパフォーマンスから、地力はここでも普通に上位扱いになる。
スピードに偏っていて、"切れ"という点ではやや不安な部分もあるタイプだが、
ここでも粘り込む可能性は当然あって良さそう。

△ブラヴィッシモ
阪急杯では、厳しい展開にしっかりついて行く格好から粘り込んで、高い地力を
示しているし、常に一定以上の上がりを使えていることからも、ここで上位に
食い込む可能性は十分ありそう。
突き抜けるような上がりまでは見せていない分、勝ち切るイメージはさすがに
湧かないが、とりあえず注目はしておきたい存在。

△サトノアラジン
地力は当然高い馬だし、マイルでもそれなりの結果を出しているので、あまり
距離のことを言うのもどうかとは思うのが、(個人的に)菊花賞で強く推した
馬が、短縮に短縮を重ねてついに7F戦に参戦。正直イメージが追いつかない。
もちろんここは、マイルを主戦としているような馬でも十分こなせる舞台だし、
展開次第では間に合う可能性もあるだろうが…、評価はここまでにしたい。


この記事へのコメント

  • ひまんたい

    久々にコメントさせていただきます。
    ◎サンライズメジャーが見事に高い適正を発揮して好走しましたね!とはいえ、まさかサトノアラジンの後ろから追い込んでくるとは……本当に競馬は難しいです。
    一方△サトノアラジンはまるでグラスワンダーのような勝ち方でしたね。スケール感だけでまとめて面倒を見てしまった感があります。
    遅すぎる重賞初勝利でしたが、この内容ならG1初勝利も遠くない!と言いたい所なんですが


    モ ー リ ス に 勝 た な き ゃ い け な い ん だ 
    2016年05月14日 16:16
  • 山宗


    ひまんたいさん

    お久しぶりです。コメントありがとうございます。

    サンライズメジャーに関しては、スタート直後に終わった…感満載だったので、
    ともあれ、あそこから良く来たな…と。

    サトノアラジンに関しては、この距離で強さを発揮されるというのは…個人的に
    かなり困ります(笑)
    とりあえず、もう少し時間を掛けて考えたいところですが…

    >モ ー リ ス に 勝 た な き ゃ い け な い ん だ 

    結局はそこに帰着するんですよね。
    マイラーズCにしろ、京王杯にしろ、少なくとも人気的にはモーリス対リアルスティールの
    余興のような扱いになってしまうんでしょうね…。
    2016年05月15日 03:19
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437853506

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック