高松宮記念回顧

レース総括
■高速馬場で、フラットな展開のハイペースから→ラスト1Fだけ落ち込む形
■スピード持続力&持久力が問われた


高松宮記念結果
ビッグアーサー1.06.7 33.4 04-04
ミッキーアイル1.06.8 33.8 03-03
アルビアーノ1.07.1 33.4 08-10
アクティブミノル1.07.1 33.6 05-07
エイシンブルズアイ1.07.2 33.3 14-12

天候:曇 芝:良
上り4F:44.9 3F:34.0
前半3F:32.7
11.7-10.1-10.9-10.8-11.1-12.1

高松宮記念ラップタイム


レース詳細
ラップタイムを見ると、前半から相当に速くなり、その後も高い水準を保って
流れて、上がりは早めの仕掛けから→ラスト1Fがしっかりと落ち込む形。

とにかく今回の特徴は、展開や各馬の挙動以前に、「最も時計の掛かる競馬場の
1つ」であるはずの中京らしからぬ、超のつく"高速馬場"だったこと。
当然各ジョッキーも速い馬場を念頭に置いたレース運びをした訳で、その結果、
極端にスピードに寄った競馬になった。

一方でラップ全体の形としては、平均ラップと比べてもそれほどの違いはなく、
適性的にはやはり"持続力"が基本だったと言えて、そこに展開が少し前掛かりに
なった分、ラストの"持久力"がプラスして問われた…といったところ。

脚質的には、前有利な馬場ではあったものの、このレースに限ってはG1なりの
厳しい展開だったため、3着以下には比較的差し馬も浮上した格好で、ハッキリ
どちらが有利ということはなかった。


今回の場合、各馬軒並み速い上がりを記録しているが、どの馬も直線でしっかり
とした脚を使った…という感じではなく、惰性で浮上した印象が強い。

つまり止まっている訳ではないものの、ハイペースを追走して→尚且つ決め手を
発揮するまでの強さを見せた馬はおらず、やはり絶対的に速いスピードに脚を
削られていた…という見方ができてしまう。

したがって、好位から押し通した上位2頭はともかく、それよりも下の馬たちに
関しては、この序列を本当に信頼していいのか微妙…という感覚にはなる。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ビッグアーサー
スタートをしっかり決めて、その後もある程度押して好位をキープしようとして
いた点から、まずは鞍上の好騎乗という勝因は挙げられる。
内容的には、ハイペースの中で自身は前後半をほぼイーブンでまとめた格好で、
恵まれた筋力によって無理矢理にでも押し通す…という適性にバッチリはまった
印象。その意味での強さは十分に感じられた。
今後に関しては、最後の部分でもう1段上のギアチェンジが出来るタイプでは
ないだけに、単純に、今回のような(場合によってはそれ以上の)、積極策を
取れるかどうか?…その1点のみだと思える。
したがって馬だけでなく、ジョッキーの騎乗も含めて注目していきたい。

ミッキーアイル
元々マイルでもしっかり出来ていたこの馬からすると、"溜め"という要素とは
無縁の適性が問われた今回の馬場&展開は、やはりマイナスに働いたイメージ。
競馬自体も、やり過ぎとも言える2頭に引っ張られつつ、勝負所も早い段階から
動いた格好だったので、相対的には少し受け流している勝ち馬に対してはやはり
厳しい競馬をした扱いになるし、それでコンマ1秒差に粘り込んだのであれば、
十分に強い内容だったと言える。
その文脈からは、次戦以降の巻き返しに期待…とまとめたいところではあるが、
タイプ的にスプリンターズSが合う訳ではないだけに、高松宮記念がこのような
条件になってしまったのはかなりの痛手…と言えて、この先に向けては、正直
適鞍を見つけるのが難しい…という印象。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435993269

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック