マーチS展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2015 12.5-11.4-12.5-13.2-12.3-12.6-12.7-12.5-13.0
2014 12.2-11.2-12.2-12.8-12.3-12.8-12.6-12.2-12.9
2013 12.6-11.2-12.7-13.0-12.4-12.5-12.4-12.3-13.5
2012 12.4-11.0-12.6-13.2-12.2-12.0-12.5-12.4-12.7
2011 12.5-10.5-13.1-12.5-13.0-12.3-12.1-11.7-12.3 阪神開催
2010 12.3-11.8-12.4-12.4-12.4-12.3-12.2-12.6-13.3
2009 12.5-11.6-12.7-12.9-12.5-12.2-12.2-12.5-12.8
2008 12.4-11.4-12.2-12.7-12.4-12.6-12.5-12.4-13.0
2007 12.1-11.3-12.0-12.3-12.1-12.5-12.9-12.8-13.4
2006 12.2-11.5-12.3-12.7-12.3-12.6-12.9-11.9-13.0

過去10年の平均ラップタイム(2011年は除く)
12.36-11.38-12.40-12.80-12.32-12.46-12.54-12.40-13.07
1.51.72

マーチS平均ラップタイム


傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半やや速く、その後道中~上がりまでほとんど一定の
スピードを刻み続ける展開で、ラスト1Fだけ落ちるという形。

とにかくここの特徴は、向こう正面がほとんど緩まないということで、かなりの
持続力が必要とされて、さらに前半の速さによって終いの部分では大体の馬の
脚が上がるため、相当な持久力が試されることになる。

脚質的には、やはりダートなので結果的にはある程度好位の馬が勝ち切ることが
多くなっているが、ペース次第では前の馬が完全に潰れることもあり得るので、
追い込み一気まで一応考慮しておきたい。


好走する条件
・持久力&持続力があること


予想

◎イッシンドウタイ
昨年もここで2着しているように、厳しい展開でラストが落ち込む展開での粘り
(相対的な浮上)…というが真骨頂の馬で、当然この舞台には合っている。
前走では相手と3kgもあった斤量差が今回は0.5kgに縮まる訳だし、展開もこの馬
向きの、より厳しい流れが期待できる。
その中でこの程度の人気に落ち着くのなら、当然積極的に狙いたくなる。

○バスタータイプ
3連勝はどれもそれほど厳しい展開だった訳ではなく、現状示している内容だけ
では、今の人気程に抜けた扱いにはならない。
それでも、馬体&走法からはかなり迫力を感じるタイプだし、パフォーマンスも
1戦毎に上げている…という点を考えると、勢いそのままに好走はしてきそう。
過信はしないが、やはり侮れない存在ではある…。(半端な評価)

▲マイネルクロップ
昨年はここを勝ち切っている訳だし、直近の佐賀記念でも、クリノスターオーを
(コーナリングの差はあったが)しっかりと抑え込んでいて、その時は同斤量で
今回は相手だけ斤量増…となれば、本来2頭の人気は逆でいいくらい。
どちらにしても前走で復調気配を見せたのだから、ここでの浮上は当然しっかり
考えておきたい。

注サンマルデューク
道中で脚を使いつつも、上がりをしっかりまとめられるタイプで、この馬も前走
から斤量は減る格好なので、とりあえずここでは、パフォーマンス的な前進を
見込んでいいはず。
それでもこの相手の中だと、最後が落ちる展開になったとしても、全てが止まる
…ということは考えづらいし、脚質的に勝ち切るまでは結局難しそう…。

△クリノスターオー
勝負所での機動力にはハッキリ問題がある馬なので、本質的に中山ダ1800mは
少し忙しそうにも思えるが、一昨年ここでは一応5着していて、元々ラスト1Fの
粘りもあるタイプ。残る可能性は当然あっていい。
ただ、今回は斤量をしっかり背負う立場。勝ち負けまでは…正直微妙な印象。

△ドコフクカゼ
純粋な持久力の高さは十分感じるタイプではあるのだが、前半&道中でしっかり
負荷が掛かって→ラストが落ち込むような展開での印象はあまり良くない。
一昨年3着は重馬場でのものだし、基本的にはもう少し上がりの脚を活かせる
舞台でこそ狙いたい…という感覚ではある。

☆トウショウフリーク
この手の前掛かりな展開を粘る形は元々得意なタイプで、昨年は結果は6着では
あったものの、頭からは0.2秒差というだけだったし、パフォーマンスとしても
まずまずのものを示している。
休み明けの状態次第ではあるが、上位の可能性としては一応考えておきたい。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック