日経賞展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2015 6.9-11.4-11.5-11.9-12.0-12.4-13.1-12.4-11.8-11.7-11.7-11.6-11.8
2014 7.2-11.9-12.7-12.8-12.5-13.0-12.8-12.7-12.2-11.9-11.7-11.1-11.9
2013 6.8-11.5-12.2-12.0-12.4-12.8-12.7-12.3-12.3-12.0-11.6-11.7-11.7
2012 7.0-11.7-12.3-12.0-12.0-12.8-13.1-12.9-12.9-12.9-12.5-12.3-13.0
2011 12.6-11.4-13.4-12.9-12.4-12.5-12.3-11.9-11.5-10.8-11.4-12.3 阪神開催
2010 7.0-11.0-11.8-11.9-12.4-12.5-13.0-12.7-12.6-12.7-12.3-11.9-12.3
2009 6.9-11.0-11.6-12.0-11.9-12.7-12.8-12.5-12.4-12.1-11.8-11.6-11.9
2008 7.2-12.2-12.3-12.1-12.0-12.1-12.2-12.1-12.2-12.7-12.0-11.3-12.3
2007 6.9-11.5-12.1-11.8-12.3-12.7-12.8-11.9-11.6-12.1-12.1-11.5-12.5
2006 7.2-11.8-11.9-12.5-12.4-12.4-12.8-12.8-11.9-12.2-11.8-11.3-12.0

過去10年の平均ラップタイム(2011年は除く)
7.01-11.56-12.04-12.11-12.21-12.60-12.81-12.48-12.21-12.26-11.94-11.59-12.16
2.32.98

日経賞平均ラップタイム


傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~ややゆったりした流れで、道中は
1~2コーナーで一旦緩む格好から→向こう正面で徐々にペースアップする展開
になって、そこから勝負所でもう1つ加速する2段階スパート…という形。

ここでは、(ロングスパートとまでは言えないものの)基本的にはレース後半で
長い脚が必要とされるので、末脚の持続力を持っていることがとりあえずは必須
だと言える。

また勝負所~ゴールまでが、単に耐えればいいだけの構造ではなく、ある程度の
加速を伴う形になっているため、つまりそこで機動力を発揮するためには⇒長い
道中で脚を使わない(楽に走る)ことが重要になり⇒そのためには高い持久力を
備えていること…が必要になる。

脚質的には、ある程度好位から押し通せる先行馬か、もしくは道中からしっかり
押し上げていける差し馬といったところだが、どちらにしても"止まらない脚"を
備えているタイプでなければ浮上は難しいはず。


好走する条件
・持久力&末の持続力を持っていること


予想

◎ゴールドアクター
単純に有馬記念を勝っているのだから、地力は当然上位の存在。
ここでは、前が止まりづらい流れを人気馬が後ろから差し損ねる…ということは
度々あるが、好位につけるこの馬には関係のない話だし、斤量増があるとは言え
ライバルの方もプラスとは言い辛い乗り替わりがあったりするので、あまり否定
する要素は多くない。
唯一前進が見込める相手を本命にする手も一応あったが、額面以上に強さを感じ
させるこの手のタイプは、感覚的にどうしても下げられない。

○マリアライト
有馬記念では、上位2頭と3頭併せをしていたような競馬だったが、その中では
終始1番外を追走した格好だし、勝負所でも白い馬恒例の捲りに対抗して早めに
動いた形だったので、それで4着に粘ったのなら当然高い評価をしていいはず。
その3頭の中では、有馬記念とは真逆で今回はこの馬が最内枠を確保していて、
少頭数で展開も同じような形になりそうな中で、前進を示す可能性は十分。
本命まで推すか正直かなり迷ったが…、結局控えめに2番手評価。

▲ディサイファ
前走は、レース自体の水準が高く、仕掛けも早い展開の中で、中団から正攻法に
攻めて→早め先頭から押し切った強い内容。
切れと持続力をバランス良く備えているタイプで、適性的にはここにはまっても
良さそうだし、(中距離に特化しているイメージから)純粋な持久力の部分では
どうか?とも思うが、それほど速くなることもなさそうな今回の場合は、普通に
好走出来て良さそう。

注サウンズオブアース
持久力&持続力は当然高いものを示していて、ここでの上位浮上はとりあえずは
確実だと思える。
ただしこの馬は、有馬記念でも勝負所でやや遅れを取っているように、基本的に
機動力という部分ではハッキリ不安があるタイプ。
(⇒結果ゴチャつきに巻き込まれやすい性質)
その点、スロー濃厚な今回は、先に抜け出した馬に押し切られそうな予感…。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435655831

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック