フラワーC展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2015 12.6-11.6-12.3-12.9-12.3-12.3-12.0-11.4-12.0
2014 13.0-11.8-12.3-12.5-12.5-12.2-12.5-11.9-12.6
2013 12.6-11.3-12.7-12.9-12.5-12.5-12.2-11.5-11.8
2012 12.5-12.1-12.8-13.0-12.9-12.5-12.3-12.3-12.9
2011 12.6-10.9-11.2-12.1-12.2-12.1-11.5-11.6-12.8 阪神開催
2010 12.3-11.5-12.7-13.1-12.9-12.7-12.1-11.7-11.3
2009 12.3-11.4-12.0-12.4-12.5-12.5-12.0-11.5-12.7
2008 12.8-12.0-13.0-11.9-11.7-12.0-12.0-11.8-12.3
2007 12.5-11.3-12.6-12.4-12.2-12.7-12.1-11.6-12.2
2006 12.3-11.3-11.9-12.0-11.8-12.4-12.0-12.3-12.9

過去10年の平均ラップタイム(2011年は除く)
12.54-11.59-12.48-12.57-12.37-12.42-12.13-11.78-12.30
1.50.18

フラワーC平均ラップタイム


傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~ややゆったりと流れて、道中は
この時期の牝馬戦としてはまずまず高い水準で進み、勝負所はしっかり加速して
ラスト1Fだけ少し落ちる形。

基本的には後半型のレースで、当然"切れ"という部分も問われるのだが、上がり
タイム自体はそこまで速くなる訳ではなく、むしろ余力勝負という方向に近い。
したがってここでは、まずは単純に底辺(純粋な持久力)の高さを重視したい。

その点をクリア出来ることを前提として、やはりこの舞台なので、勝負所である
程度動けて、尚且つラストもあまり止まらない…という部分で、切れと持続力を
バランス良く備えている馬を中心に考えたい。


好走する条件
・一定の持久力があること
・(↑を前提に)切れ&持続力があること


予想
奇しくもスプリングS上位2頭と重なるような経歴を持つ2頭が存在していて、
そのまま飛びついてみたが…、罠なのか。

◎ゲッカコウ
前走では、レース自体もロングスパートという展開の中で、自身は向こう正面で
一気に動きつつ→3コーナーでは早くも先頭に立つ競馬で押し切っていて、その
持続力は当然認められる。(マウントロブソン・スタイル)
中距離で牡馬相手にしっかり戦えていることからも、持久力という部分でも当然
ここでは上位に扱っていいだろうし、普通に考えて勝ち負け、最低でも馬券圏内
…くらいの感覚で期待しておきたい。

○エンジェルフェイス
前走は、前半でしっかり脚を使いつつも→道中もあまり緩めることなく進めて、
最後も余裕を残した格好で逃げ切り勝ちを収めていて、パフォーマンスとしても
やはり高いものを示している。
(1F違うが本当にマイネルハニーの前走に近いような水準になっている)
適性的にもはまって良さそうだし、当然ここは残るものとして考えたい。

▲ペルソナリテ
前走は、好位でメジャーエンブレムについていった馬は潰れたレースだったが、
前傾の内容で最後厳しくなったこの馬も、一応その括りの中には入れられる。
したがってここは、とりあえず巻き返しが期待できそうな場面となるし、一定の
持久力が問われる点でも、ここ2走で厳しい展開を戦った経験が活きそう。
人気も落としているし、感覚的に積極的な考え方をしたい気持ち。

注ラブリーアモン
前走は、展開的には明らかにはまった方だが、前半~道中で引っ張られつつも
→しっかりと上がりをまとめた格好で、パフォーマンスとしては悪くない。
先行力は微妙だが、一方で最後確実に(堅実な)脚を伸ばせるタイプ的に、距離
延長という点はプラスに働いて良さそう。
メジロライアンに見守られていそう…な怖さもある。

△ギモーヴ
前走は、道中で脚を使いつつも→上がりをしっかりまとめて差し切った内容で、
同日・同コースでサトノダイヤモンドと同タイムでの勝利。
(相手は余裕過ぎる内容なので特に意味はないが…)
とりあえずそのパフォーマンスならここでも普通に上位扱いになるし、体力勝負
という要素の強い展開になれば、もっと上の着に食い込めてもおかしくはない。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435387549

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック