阪神JF展望

予想
今回はアルテミスS組のスケールが上…という判断で、結果的に上位をそのまま
評価する格好になった。
これはもちろん手抜きではなく(笑)、結局のところ東京1600m→阪神1600mの
舞台替わりでは、適性面であまり変化のつけようがない…というだけ。

◎デンコウアンジュ
前走では、ラスト2Fが11.1-11.2というラップを大外から差し切ったのだから、
最後までしっかり伸び切っている格好になるし、なかなかのスケールだったと
言っていいはず。
メイショウサムソン産駒という部分で一瞬躊躇してしまいそうにもなるのだが、
やはり実際に示したパフォーマンスを重視して、しっかり推しておきたい。

○メジャーエンブレム
アスター賞の、外から自然と進出して押し切った内容は中身の良さ(持久力)を
十分に感じさせるし、前走の、道中からハナに立つ格好になりながらもしっかり
溜め→切れを発揮出来た内容を合わせて考えれば、ここもやはりこなしそう。
イメージ的に、記憶に新しいレッツゴードンキを思わせるような部分から多少の
不安もなくはないが、順当に評価すればやはりこの位置。

▲クロコスミア
道中の水準が高い札幌2歳Sで好走した事実だけでも、地力では普通に上位に
扱っていいだろうし、その後の切れ勝負の2戦でもしっかりと結果を残している
ことを考えれば、この程度の人気に止まっているのは不思議でしかない。
タイプ的に直線で鋭く伸びる…という訳ではないので、勝ち切るところまでは
ともかく、粘り込む可能性は普通に高そう。

注ペプチドサプル
前走では、直線で最内から→最終的に大外まで持ち出した格好で、斜めの方向に
かなり力を使った内容。
単純にこの馬単独のパフォーマンスでは十分なものを示しているだけに、その
時の上位が普通に中心になっているレースで、人気通りの実力であるはずがない。
当然ここはしっかり注目しておきたい存在。

△ウインファビラス
前走は、直線で内目を突いて浮上した形で、上位の中では最もロスのない競馬を
した扱いになってしまうが、その前の新潟2歳では普通に高いパフォーマンスを
示している訳だし、この馬も人気が少し甘く感じる。
決め手という点で多少限界を感じる部分もあるものの、上位に粘り込む(浮上
する)可能性はしっかり考えておきたい。

△アットザシーサイド
前走でも余力を残した格好で勝ち切っていて、未だ底を見せていない扱い。
馬格は大きくないが、走っている姿からはそうは見せず、追ってからの推進力も
なかなか…と、基本的には褒めることしかできない。
ただ、新馬戦は厳しい展開だったものの、7Fからの馬をここで強く推すには、
前半or上がりでもう少し上のパフォーマンスが見たい…という思いはある。

△キャンディバローズ
元々締まった展開の持続戦をレコード勝ちしているような馬が、前走のしっかり
加速する展開を制したことで、適性の幅は一応示した格好。
そう考えると、ここではもう少し上の評価をしてもいいとは思うのだが、実際に
マイルでスケールを示している馬と比較すると、相対的な信頼度では少し劣る
…という印象。

☆ブランボヌール
函館2歳Sで示したパフォーマンスを考えれば、地力は当然高いものを備えて
いる馬だが、前走の上がり勝負を押し通せなかったことで、切れ方向では少し
限界を見せた…というイメージ。
そこからの更なる距離延長で前進する…とはさすがに思えない。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック