ファンタジーS展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2014 12.3-11.1-11.9-12.0-11.6-11.3-11.5 35.3-34.4
2013 12.3-10.9-11.1-11.5-11.3-12.0-12.0 34.3-35.3
2012 12.7-10.9-11.1-11.2-11.8-11.5-11.6 34.7-34.9
2011 12.3-10.6-11.2-11.8-11.8-11.6-12.0 34.1-35.4
2010 12.3-10.9-11.6-11.8-11.4-12.1-12.2 34.8-35.7
2009 12.2-10.7-11.6-12.0-11.9-11.3-11.5 34.5-34.7
2008 12.4-11.4-12.3-12.8-12.2-11.3-11.3 36.1-34.8
2007 12.5-10.9-11.0-11.2-11.3-11.6-12.6 34.4-35.5
2006 12.5-11.0-11.4-11.1-11.2-11.4-11.7 34.9-34.3
2005 12.1-10.9-11.7-11.7-11.5-11.2-12.3 34.7-35.0

過去10年の平均ラップタイム
12.36-10.93-11.49-11.71-11.60-11.53-11.87
1.21.49 34.78-35.00

ファンタジーS平均ラップタイム


傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見れば、前半はやや速い流れで、その後は極端に緩む場面がない
まま、道中~ラストまで一定に近いスピードを維持する形。

とりあえずここは、"4F目の速さ"が特徴とも言えるコースだが、実際に2歳戦の
このレースでも極端に締まった展開が何回も現れているように、基本となるのは
やはり"スピード持続力"ということになる。

もちろん適性以前に能力に差があるメンバー間での戦いなので、溜める形から→
切れ味で勝負するようなタイプが全く来ない訳ではないのだが、少なくとも勝ち
切れるかどうか?というレベルでは、当然その適性が重要になるはず。


好走の条件
・スピード持続力を持っていること


予想

◎ブランボヌール
前走は、ハイペースを中団で受けて→そこからしっかり脚を伸ばしての完勝で、
そのパフォーマンスに関しては、過去に函館2歳S経由でここを勝ち切っている
アイムユアーズなどと比べても軽く上回っているレベル。
これはもう単純にその地力を認めるしかない。素直に推しておきたい。

○キャンディバローズ
前走は、締まった展開を好位からしっかりと押し切る形でのレコード勝ち。
もちろん速い馬場による部分があるにしても、そこで示した持続力は疑いようも
ないし、ここの展開は普通にこなせていいはず。
相手は間違いなく強いが、可能性としてはしっかり考えておきたい。

▲メイショウスイヅキ
前走は、前半は完全に受け流した格好だが、道中からはしっかりと脚を使って
いて、そこから最後まで全くスピードを落とさない形での完勝。
この舞台に対してはやはり前半部分の問題はあるとしても、無理をしなければ、
その持続力を発揮して確実に浮上はしそう。(その点で乗り替わりはプラス)

注ワントゥワン
新馬戦は、前半でしっかり引っ張られる展開を浮上する形で完勝していて、まず
まず高いパフォーマンスだったと言える。
そこからの上積み込みで考えれば、ここでもある程度は出来ても良さそうだし、
とりあえず注目はしておきたい存在。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック