チャレンジC展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。

~朝日CC時代~
2013 12.6-11.6-11.9-12.1-12.2-11.9-11.2-11.1-11.9
2012 12.3-10.9-11.2-11.7-12.4-12.1-12.0-11.3-12.7

~鳴尾記念時代~
2011 12.6-11.1-11.4-12.1-12.0-11.7-11.5-11.0-12.2
2010 12.5-11.0-11.6-11.7-11.7-11.6-11.4-11.3-12.1
2009 12.8-11.5-12.3-12.4-12.2-11.7-11.1-11.0-11.5
2008 12.5-10.4-11.3-11.9-12.0-11.9-12.2-11.3-12.5
2007 12.9-11.6-11.4-12.6-12.5-12.3-11.4-11.1-11.7
2006 12.5-11.5-11.9-12.8-12.5-12.1-11.3-10.7-11.6

過去8年の平均ラップタイム
12.59-11.20-11.63-12.16-12.19-11.91-11.51-11.10-12.03
1.46.31

チャレンジC参考ラップタイム


傾向(過去記事の一部修正)
(いろんな名称の時代を含めて)過去のラップタイムを見てみると、前半ミドル
ペースから、道中が一旦緩む展開で、勝負所のラスト4F~2Fあたりでしっかりと
加速して上がりの速い形になっている。

前半~道中が厳しくなり上がりの掛かる持久力&持続力勝負や、レースを通して
フラットな展開のスピード持続力勝負、ゆったりした流れからの決め手勝負など、
展開としてはもう何でもあり…というイメージのレース。

それでも傾向としては、一応は3番目の上がり勝負の割合が多く、上記した平均
ラップもそれに近い形になっているし、この舞台自体の特徴からも、適性的には
勝負所での切れと末脚の持続力が物を言う…と考えておきたい。

もちろん展開に関しては、出走メンバー次第ということになるが、このコースは
道中の変動よりも前半&上がりの変動の方が大きくなり、どちらに転ぶにしても
ある程度極端な形が想定できるので、展開的な目処は立ちやすいはず。


好走の条件
・勝負所での切れ&末脚の(トップスピードの)持続力があること


予想
頭数はある程度落ち着いたが、ハナ争いで競合しそうな3頭が揃っているので、
やはりしっかり流れる方向では考えたいところ。

◎フルーキー
前々走では、1年近い休み明けの状態で厳しい展開のレースを快勝しているし、
同舞台でも野分特別で強い内容を示しているように、実力的にも適性的にも十分
上位に扱える。
今回相手は強いが、元々(内先行が押し切った)菊花賞で、外から唯一しっかり
とした伸びを見せた…という馬。まだまだ奥が深そうなイメージ。

○エイシンヒカリ
ここ2走は道中を締めつけた格好で、三木特別はしっかりとした決め手を示した
格好、初戦&2戦目はある程度速いペースから溜め→切れを発揮した格好という
ように、様々な展開での負けなしの5連勝。簡単にケチはつけられない。
現状はパフォーマンス的にそこまで抜けている訳ではないし、相手に期待したい
という意味で2番手評価にはしたが、勝ち切る可能性も当然考えておきたい。

▲スマートレイアー
同舞台では、夕月特別や大阪城Sで高いパフォーマンスを示しているし、タイプ
的にしっかりと引っ張られる形は理想なので、今回の条件にはやはり嵌りそう。
(実質的に)上から2番目のハンデを背負う立場…という点で少し厳しさはある
ものの、とりあえず普通に浮上はしてきそうなイメージ。

注アズマシャトル
走法的に追走である程度脚を使うタイプなので、極端にスピードに引っ張られて
どうか…という部分はあるが、前半さえある程度受け流すことが出来れば、道中
~上がりで高いパフォーマンスを発揮できるので、やはり浮上の可能性はある。
勝ち負けまでは微妙だが、圏内の候補としては当然考えておきたい。

△ウインフルブルーム
基本的にはジワジワ振り落としていく…というタイプではあるので、勝負所での
加速が重要になる阪神外回りがピッタリ嵌る訳ではない。
それでも今回は、ある程度しっかりと流れる想定なので、地力で粘り込む可能性
というのはやはりあり得る。候補には残したい。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック