いちょうS展望

予想
いちょうSが重賞に格上げ…という違和感はとりあえず置いておいて、今回は
出走頭数も落ち着いたことだし、さすがにここは性能勝負になるはず。
そうなると、データで明確に比較することは難しくなるが…、まずはイメージを
大事にして選んでみたい。

◎クラリティスカイ
前走は、道中があまり緩まない展開を追走して、前が開くのをじっくり待ちつつ
上がりではしっかりとした脚を使った内容で、なかなかの推進力を感じさせた。
とりあえずこの馬に関しては、地力の面でも一定の裏付けがあって、単純に性能
だけではないので、ここではパフォーマンス的に1つ抜けた扱いになる。
素直に推しておきたい。

○サトノフラム
新馬戦は、番手から進めて直線では後ろを待つ余裕を見せ、そこからアッサリと
押し切った内容で、道中こそ緩い流れだったものの、"性能"という点では十分な
ものを感じさせた。
今回は外枠には入ったが、反応の速いスタートからポジションを確保して、溜め
→切れを発揮する形で好走するイメージは十分湧く。注目したい。

▲ミッキーユニバース
前走は、完全にフラットな厳しい展開を演出した格好なので、最後に少し垂れた
ことは仕方がないし、とりあえずここは巻き返しが期待できる場面。
馬体的には繋が長く寝ていて、どちらかと言うとゆったりとしたタイプなので、
距離短縮でどうか…という部分もあるが、リズムとしては新馬戦に近い展開には
なるだろうし、やはりある程度は残るものとして考えたいところ。

注ニシノクラッチ
前走ではしっかりとした決め手を発揮しているし、前々走では道中高い水準から
でもある程度は粘っていて、一応は地力の裏付けも持っている。
タイプ的には、東京でスムーズな"切れ"を発揮するイメージとは少しだけ違って
いるが、このメンバーではそれでも上位扱いになる。一応注目はしたい。

△マイネルグルマン
前走はある程度締まった展開で、最後も結構絶望的な差を覆して勝利していて、
なかなかの持続力示した格好。
タイプ的には切れ勝負ではどうか?という部分があるので、今回の評価としては
ここまでになるが、地力ではもう少し出来たとしても不思議ではない。

△グァンチャーレ
前走は長い脚が必要な展開で、ラスト1Fも11秒台前半以内で上がって差し切って
いて、なかなかの持続力発揮した格好。
その内容を考えるとここはもう少し上の評価でも良さそうだが、タイプ的に切れ
という方向ではなく、斤量も51kg→55kgになる…という点から結局はこの位置。

△ネオルミエール
新馬戦ではしっかりとした決め手を発揮していて、可能性としてはここで上位に
入ることも当然あっていい。
ただし走法的には少しロスが目立つタイプなので、東京に替わり、水準も(前走
よりも)上がってどうか…という部分はある。微妙。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック