NHKマイルC回顧

レース総括
■ミドルペースからの、溜め→切れという展開
■単純な性能が問われた


NHKマイルC結果
ミッキーアイル1.33.2 34.8 01-01
タガノブルグ1.33.2 33.9 13-07
キングズオブザサン1.33.2 33.7 13-11
ロサギガンティア1.33.3 33.2 17-18
ホウライアキコ1.33.3 34.7 02-02
ショウナンアチーヴ1.33.3 34.3 06-04

天候:晴 芝:良
上り4F:46.6 3F:34.8
前半4F:46.6
12.0-11.0-11.6-12.0-11.8-11.3-11.5-12.0

NHKマイルCラップタイム


レース詳細
ラップタイムを見ると、前半はミドルペースで流れ、道中も平均的な水準に落ち
着いて、ラスト3Fでしっかり加速して、直線は右肩下がりという形。

今回の場合、基本は前傾になりやすいこのレースで、前後半4Fが完全にイーブン
となっていて、馬場も考えたら、やはり落ち着いた流れだったと言えそう。

その点、(ハイペースからのフラットな展開になった)ニュージーランドT組の
不振に象徴されるように、マイラー的な資質(持続力、ペース耐性)というより
単純にセンスとか性能の勝負になった印象がある。

したがって、この結果がこの先のマイル路線に対して直接的につながる…という
雰囲気は今のところ感じなくて、扱いとしてはそれぞれの馬の適性面での裏付け
…くらいに止めたい感覚。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ミッキーアイル
マイペースから溜め→切れを発揮しつつ、最後はラップが落ちていく展開の中で
粘り腰を見せた格好で、底辺の高さ(純粋な持久力)や筋肉の質、天性のセンス
…的なものを十分に感じさせる内容だった。
レース前はコースへの不安が囁かれていた訳だが、適性面から考えると、中距離
寄りの持続タイプが伸び切ってくる京都よりも、最後やや惰性勝負になりがちの
東京の方が合っているイメージで、次戦、実際に安田記念への出走があるのなら
(斤量も含めて)十分期待は出来そう。
もちろんこんなに楽なペースで行けるはずはないが、その点だけで下げる必要は
とりあえずないはず。

キングズオブザサン
内目を回って、尚且つ直線もあまり窮屈にならなかった…というように恵まれた
部分はあるものの、初のマイルで最後の最後まで脚を伸ばして、際どい3着まで
浮上したことは単純に評価できる。
この先に関しては、恐らくラジオNIKKEI賞とか京成杯AH&富士Sとか、マイル
⇔中距離を行ったり来たりするのだろうが、イメージ的には、道中~上がりでの
持続力を発揮出来そうな京都や阪神のマイルあたりが合っていそうな雰囲気で、
(実力が足りれば)秋には少し面白い存在になる可能性はありそう。

ロサギガンティア
基本的には内を回ってきた馬が上位に入った中で、大外を回しつつ最後しっかり
浮上してきた訳なので、とりあえず力は示した…と言えそう。
ただし立ち遅れたとは言え、後方から直線で1つ上の脚を使って→ちょっとだけ
届かない…というのは、一般的にはむしろ中距離馬が示しそうな内容ではあり、
その点、本当にマイラーなのかどうか、(個人的には)まだ結論が出せない。
「馬体はゆったりしているが、意外とスピードはある、ただし何か1つ芯の強さ
…のようなものが足りない」
このような葛藤は、サダムパテックとかブライトラインの時にも経験した記憶が
あるので、結局は個人的にフジキセキ産駒を掴めていない…だけなのかも。
(そのイメージから言うと、やはり距離延長をこなす可能性はあるはずだが…)




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック