NHKマイルC展望

予想
当然ここはミッキーアイルがハナを狙うと思うし、一応は競り合う形になるかも
知れないダンツキャンサーの鞍上が藤田Jで、あまり無理をするとは思えない。

そうなると、意外とミッキーアイルがマイペース(もちろんそれなりの水準)で
進めてしまえそうな雰囲気になって、そこに絡みそうなのは、ある程度好位から
溜め→切れを発揮できる馬と1枚上の上がりを示せる差し馬…というイメージ。

◎ミッキーアイル
タイプ的に溜めがしっかりと効いて、尚且つ2歳時にスーパーレコードを出せる
ような高い持続力も備えている。
前走&前々走では、その後重賞で勝ち負けする馬たちを完封しているし、実力は
言うまでもなく1つ抜けたものを持っている。
ここで負けるとしたら、突き抜けるような決め手を発揮された場合くらいだが、
ある程度引っ張られて、そこまでの脚を使える馬がこの中にいるかどうか…。

○ベルルミエール
前走&前々走ともに、相当厳しい展開をある程度好位からしっかりと粘り込んだ
訳なので、実力は当然認めていいはずだし、特にファルコンSのハイペースから
溜め→切れという内容は、(リズムとして)この舞台につながりそうな雰囲気。
今回は枠も良い所に入ったし、ミッキーアイルを眺めるくらいの立場で、好位の
インを追走すれば、押し出されつつ自然と2、3着には残っていそう。

▲サトノルパン
前走はスタートで立ち遅れつつ、そこから道中で脚を使った格好で、直線も進路
なくスムーズにはいかなかったので、内容的には最も強い競馬だったと言える。
一方できさらぎ賞では(少し不利があったにしろ)何も出来なかったことから、
純粋な持久力の部分でどこまで…というのはあるが、道中が多少落ち着いた流れ
から単純に上がり性能が問われる展開であれば、普通に浮上はしてきそう。

注エイシンブルズアイ
前走は枠や位置取り的に恵まれた部分はあるが、パフォーマンス自体は十分高い
ものを示しているし、とりあえずここでも上位に扱っても良さそう。
タイプ的には、アーリントンCのように道中で変に追い掛けるよりも、ギリギリ
まで溜めて→切れを発揮したい馬なので、今回積極的な競馬であれば、展開的に
嵌る可能性はありそう。

△キングズオブザサン
馬体的に、(ある程度幅はあるものの)マイラー色が強く見えるタイプなので、
こちらの路線に目を向けたことは正解のような気はする。
そして今回は最内枠に入ったので、好位からの競馬なら面白いとは思うのだが、
前走で積極的な内容から失敗しているだけに、位置取りがどうなるか…。
絶好調・蛯名Jのファインプレーがあるならば。

△ショウナンアチーヴ
体(の軸)はしっかりしているイメージだが、タイプ的には少し一本調子に映る
馬で、実際にファルコンSでは、勝負所で馬群に包まれたというのはあるものの
直線で"切れ"は発揮出来ておらず、東京マイルに嵌る適性とは思えない。
もちろん単純に実力で浮上する可能性は十分あるが、勝ち負けというところまで
考えると、正直微妙な印象になる。

△ショウナンワダチ
前走は、やや立ち遅れた格好から、終始脚を使っているような内容で、かなりの
持続力を示したと言えそう。
ただしそのNZTのパフォーマンスは、過去にサンカルロが示した内容に近く、
現時点では方向性はそちらでは?…という(勝手な)考えがあって、この舞台で
持ち味が活きる…という気がしない。やっぱり阪神Cなのでは。

☆ロサギガンティア
前走&前々走に関しては、自身のパフォーマンスとして、スタート~ゴールまで
全く同じような内容になっていて、鞍上の問題か仕上げの問題かは分からないが
G1で何1つ前進してこない…というのは、(個人的に)驚愕…だった。
もちろん、1F距離が長くても等しいパフォーマンス⇒純粋な持久力は認められる
訳だが、底辺は高いのにプラスアルファがないというイメージなので、スピード
耐性(持続力)の部分で、距離短縮で前進するとはどうしても思えない…。
単に適性を読み違えているだけかも知れないが、ここは正直少し下げたい。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック