フローラS展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2013 12.8-12.0-12.4-12.5-13.4-13.3-13.3-11.6-11.2-11.4
2012 12.9-11.8-12.0-12.5-12.9-13.1-12.7-11.4-11.2-11.5
2011 12.5-11.3-11.9-12.0-12.7-12.7-12.4-12.0-12.8-13.0
2010 13.0-11.6-11.9-11.6-12.5-12.5-12.3-11.6-11.4-11.8
2009 12.6-11.6-11.8-12.1-12.5-12.6-12.7-12.1-11.7-12.5
2008 12.7-11.7-11.7-12.3-12.7-12.2-12.1-11.3-11.3-12.5
2007 12.7-11.8-11.9-12.0-12.5-12.2-12.2-11.4-11.6-12.5
2006 13.0-12.0-12.1-12.2-12.2-12.5-12.2-11.8-11.5-12.2
2005 12.9-12.1-11.4-12.1-12.9-12.7-13.0-11.7-11.3-11.7
2004 12.7-11.6-12.2-12.2-12.7-12.5-12.5-11.7-11.3-11.7

過去10年の平均ラップタイム
12.78-11.75-11.93-12.15-12.70-12.63-12.54-11.66-11.53-12.08
2.01.75

フローラS平均ラップタイム


傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見ると、前半ミドルペースくらいの流れから、道中はさすがに
落ち着く展開になり、ラスト3Fで一気に加速して、最後だけ少し落ちる形。

ここでは、前半の入り方自体はゆったりしたものになっているのだが、4F目まで
なかなかスピードが落ちない形になっていて、実質的にはその部分である程度
引っ張られる格好から、一定の持久力はやはり問われる。

それを前提として、勝負所での一気の加速に対応するための切れと、そこから
長い直線を最後まで伸び切るための(末脚の)持続力が問われるイメージ。

脚質的には、抜群の決め手を備えた馬がまとめて差し切るという可能性も十分
あり得るが、開幕馬場と息を抜ける展開を考えたら、やはり好位から進めて
最後まで持続できるようなタイプの方が信頼度は高そう。


好走する条件
・勝負所での切れ&末脚(トップスピード)の持続力があること
・一定の持久力は必要


予想

◎サングレアル
福寿草特別のパフォーマンスは単純に高くて、内容としても直線で2、3着馬と
一緒に浮上したものの、この馬だけが落ちてきた先行馬に引っ掛かった感じにも
見えたし、もう少しだけ末を伸ばせていた可能性は十分あったように思える。
今年は極端に強い内容を示している馬はいない雰囲気だが、この馬の前走だけは
例年の基準で考えても普通にピックアップできる水準。素直に期待したい。

○ブランネージュ
前走では、道中はゆったりした流れだったものの、前半である程度脚を使いつつ
直線もしっかりとした脚を見せているし、(上がり)性能という部分では十分な
ものを示している馬。
地力でも、上位がそのまま桜花賞上位というチューリップ賞のパフォーマンスを
考えればある程度信頼できるはずだし、ここでは特に注目しておきたい存在。

▲マジックタイム
とりあえず阪神JFの内容を考えれば、ここでも十分地力上位という扱いになる
だろうし、じっくりと進めて→決め手勝負…という競馬であれば、やはり浮上は
してきそうな雰囲気。
ただし馬体的に距離延長がはっきりプラスという訳ではないので、評価としては
このくらいに止めたい感覚。

注マイネグレヴィル
新馬戦でマジックタイムに5番身差で勝ち、札幌2歳Sではレッドリヴェールと
タイム差なしの2着、相当締まった京成杯でも番手から粘り込んで5着…という
ように、地力の高さは間違いなく、ここも当然上位には残りそう。
ただ上がり勝負のアルテミスS6着…というのが残念なところ。勝たないはず。

△イサベル
初戦は、前傾の引っ張られる展開だったので、ハッキリと速い脚を示した訳では
ないが、その分地力の面では一定の裏付けには一応なった。
馬体的にも、シンボリクリスエスの要素が出ているのか、脚は長そうに見えて、
距離延長での前進はあって良さそう。可能性としては(勝ち負けも)考えたい。

△ハピネスダンサー
タイプ的には、決め手という方向とは全く違っているが、体がしっかりしていて
ブレない雰囲気があるし、一応は体力の要素も問われるこの舞台では、崩れない
イメージにはなる。
結局勝ち切るところまでは考えづらいが、複勝圏内候補の扱いはしておきたい。

△マイネオーラム
決め手という部分ではハッキリと不安があるのだが、持久力を感じさせるような
馬体をしていて、実際にここ数戦の中山のレースでは(着順はともかくとして)
厳しい展開でそれなりのパフォーマンスを示している。
地力が問われるような流れになった場合の可能性…くらいは考えておきたい。





この記事へのコメント

  • みっちゃん

    山宗さんこんにちは。ご無沙汰しております。ブログはいつも欠かさず拝見しているのですが、久しぶりにコメントをさせて頂きます。

    フローラSは展望通りの素晴らしい読みでお見事でした。

    また個人的に楽しみにしていたレース回顧も復活されていて、いち山宗ファンとして嬉しい限りです。

    多忙で大変だと思いますが体調に気をつけて、ブログ更新をこれからも楽しみにしています。
    2014年04月29日 13:57
  • 山宗

    >みっちゃんさん

    コメント&お心遣いありがとうございます。

    「レース回顧」の予告なしの消滅&さりげない復活…申し訳ありません。

    自分の中でも回顧をしっかり書いていた方が確実に成績は上がりますし、
    (要は記憶に残る)
    もう1度"習慣"レベルになるようにエントリーし始めた…というのが現状です。

    以前のように全重賞という訳にはいきませんが、G1レース→個人的に気になった
    (ハイレベル)レース中心…という選択で、細々と書いていきたいと思っています。

    宜しければまたお付き合いください。
    2014年05月01日 20:56

この記事へのトラックバック