高松宮記念展望

予想
土曜の競馬を見る限り、馬場の進行が少し戻ったような印象で、結局はスピード
持続方向になるか…とも思えるのだが、問題は(夜~午前中に降るらしい)雨の
影響がどのくらい残るのか…という部分で、場合によっては、前傾の体力勝負の
方向へ振れる可能性もありそう。

展開面ではコパノリチャード、ハクサンムーン、レディオブオペラというように
逃げ馬が揃って、これもまた当然速くなりそうな雰囲気なのだが、各陣営ともに
この状況を分かり切っているだけに、本当にその通りにいくのか?…と考えると
本当に微妙。

馬場&展開がかなり流動的ということになれば、脚質や適性など、何かしら特化
したタイプではやはり不安で、そうなれば当然自在性や適性の幅…という部分に
注目したくなるし、今回は絶対王者がターフを去った直後の暫定王者を選ぶ一戦
なので、(一芸に秀でた馬を除外する)その選び方が正解…という気もする。

◎ストレイトガール
シルクロードSでのパフォーマンスは(覚醒直前の)ロードカナロナに匹敵する
くらいの相当強い内容で、適性的にも締まった道中→決め手という、この舞台へ
直接的につながりそうなものを示した格好。
一方でハイペースへの対応という点でも、北海道(函館日刊スポーツ杯など)で
しっかりと示していて、ペースに寄らず全く問題は見当たらない。
さすがに人気はしているが、ここは素直に推したい気持ち。

○コパノリチャード
阪急杯は、速い前半から道中もかなり締め付ける格好で後続の脚を消してみせる
強い内容で、1F短縮されるここに直接的につながってもおかしくないはず。
またスワンSで示しているように、決め手という方向でも当然問題ない馬だし、
ペースがどちらに転ぶにしても残る可能性が高い…と思える。
逃げ切るのは相当難しい舞台ではあるので、勝ち切る扱いには結局しづらいが、
普通に上位評価にはしておきたい。

▲スマートオリオン
基本的にはハイペースを粘るタイプの馬なので、ここは展開が体力勝負の方向に
振れるのであれば…というイメージになるのだが、前走では(内で少し恵まれた
部分があるにしても)一応持続型の展開を勝ち切っていて、適性の幅が広がった
印象ではある。
そして今年のメンバーであれば、昨年のような上がり勝負までにはさすがになら
ないだろうし、こなせる範囲内の展開になる可能性は十分。それならば。

注レディオブオペラ
基本的には、前後半を常にイーブンで走れる持続力が売り…という馬で、中京で
必要な決め手とは少しイメージが異なっている。
それでも今回の場合、コパノリチャードとハクサンムーンがしっかりと競り合う
格好になれば、鞍上が藤田Jなだけに、おそらく少し控える形になりそうだし、
持ち前の持続力を活かせる可能性が十分にありそう。
枠も外寄りで、2頭を眺めながら…という競馬はしやすいはず。

△ハクサンムーン
この舞台に対する適性は当然高い馬で、展開次第では勝ち切る可能性ももちろん
ある訳だが、どんな条件であれ、前走のような崩れ方をする馬が王者に相応しい
…とはさすがに言えない。
元々は普通に本命にしようかとも考えていたのだが、前述のように「暫定王者を
選ぶ一戦」という位置付けで予想すると決めてから、いつの間にか強く推したい
気持ちがどこかに消え失せた…。

△スノードラゴン
脚が上がってからの勝負…という状況で強さを発揮するタイプで、ハイペースを
浮上できる地の強さを備えている。
今回いくらペースが上がったとしても、そこまでの展開が期待できるのかは微妙
だが、少なくとも昨年のような上がり勝負にはならないだろうし、出番が回って
くる可能性も一応は考えておきたい。
とりあえず、この舞台では絶好の8枠を引いた部分で、加点はしておきたい。

☆サンカルロ
2年前は前傾の展開で際どく浮上してきたように、とりあえずペースが上がって
こそ…という扱いになる。
その意味で今回は、少なくとも昨年よりも浮上の可能性は高そうだが、内枠から
どう捌くか?というのは問題で、イメージ的には中途半端な着までの浮上に結局
終わりそう…。一応注目だけはしておきたい。

☆マジンプロスパー
パワーに寄った地力勝負でこそ…というタイプで、この舞台への適性は当然高い
馬ではあるが、連覇しているCBC賞はともに8枠発走。
やっとのことで王者不在となったこのタイミングで1枠を引く…とか、不運にも
程がある…という印象。
一瞬の加速がない分、ブレーキの掛かる内で溜め→切れというのは難しいはず。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/393086536

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック