中山牝馬S展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2013 13.1-12.0-12.2-12.3-11.7-11.9-11.9-11.5-11.9
2012 12.8-11.4-11.9-12.7-12.7-12.8-12.0-11.8-12.5
2011 12.1-10.6-11.5-11.6-12.1-11.8-11.2-12.1-12.4 阪神開催
2010 12.3-11.2-11.5-11.7-11.9-12.3-12.5-11.8-12.4
2009 12.4-11.4-12.1-12.2-12.4-12.5-12.1-11.5-12.5
2008 12.2-11.6-12.4-12.3-12.3-11.8-11.8-11.5-12.5
2007 12.7-11.7-12.6-12.0-11.8-12.2-12.2-12.2-12.8
2006 12.4-11.4-12.1-12.0-12.2-12.5-11.8-11.8-11.6
2005 12.7-12.3-12.7-12.5-12.1-12.2-11.8-11.5-11.9
2004 12.2-11.2-11.8-11.6-11.5-12.2-12.0-11.5-12.1

過去10年の平均ラップタイム(2011年は除く)
12.53-11.58-12.14-12.14-12.07-12.27-12.01-11.68-12.24
1.48.67

中山牝馬S平均ラップタイム


傾向(過去記事の一部修正)
過去の平均ラップタイムを見れば、前半ミドルペースくらいで、道中は極端には
緩まずほぼ一定のスピードで進み、勝負所で徐々に加速して、最後もそこまでは
落ち込まない…という形。

ここの特徴は、まずは(この舞台らしく)レース全体としてラップの緩急の幅が
あまり大きくはならないという点で、そうなれば基本は"持続力"…となることは
間違いない。

それでも牝馬のレースだけに、(近年は特に)道中の水準自体がそこまでの高さ
にはならないため、勝負所である程度しっかりと動ける…ということが必要で、
イメージ的には、持続力と切れをバランス良く備えているタイプが中心になる。


好走する条件
・持続力&切れがあること


予想

◎フーラブライド
芝転向後は2400mを中心に使われているが、馬体的には1800~2000mでパワーや
持続力を活かした方が良さそうなくらいのイメージもあり、適性的にこの舞台に
嵌る可能性は十分ありそう。
前走で行き脚という部分でもかなりの前進を示したし、重賞を勝ち、日経新春杯
3着…という馬が未だに53kgで走れるというのなら、当然推したくなる。

○ノーブルジュエリー
基本的には持続力とかパワーという方向のタイプで、一瞬の速い脚という点では
微妙な馬だが、極端に後ろから行く訳でもないし、そもそも今の馬場にはかなり
嵌りそうなイメージ。
前走で見せた持続力を考えると、距離延長も問題なさそうだし、ここは普通に
上位に扱っておきたい存在。

▲アグネスワルツ
意外にも中山は1度しか走っていないが、そのターコイズSでは2着している
ように舞台自体は問題ないし、展開的にも、ミドルペース→持続型の上がり勝負
…というここには合いそう。
今回は競合相手はいるが、前半で極端に競り合わず、パワーと地力での水準勝負
とかに持ち込められれば、十分に残れて良さそう。

注アロマティコ
道中~上がりに掛けてのパフォーマンスで言えば、当然上位に扱える存在だし、
ここも基本的には浮上はしてきそう。
ただし勝ち切るところまで考えると、もう少し前半から脚を使えれば…という
部分がやはりあるので、可能性があるとすれば、道中で楽に押し上げて行ける
くらいの流れになった場合…という雰囲気。

△エクセラントカーヴ
持続力は京成杯AHの内容を考えれば全く問題ないし、一定の切れもしっかりと
示している馬ではあるが、さすがにこの舞台だと少しスピードに寄り過ぎている
印象は否めない…。
そこまでのスケールを示せるか…という意味では一応注目はしたい。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック