AJCC展望

過去のラップタイムは以下の通り。

2013 12.3-11.5-12.2-11.6-12.1-12.2-12.4-12.5-12.1-11.5-12.7
2012 12.6-11.3-13.4-13.2-13.3-12.5-12.4-12.3-12.1-12.0-12.2
2011 13.0-11.9-13.0-12.8-12.7-12.5-11.8-11.4-11.5-11.3-12.3
2010 12.3-11.3-12.7-12.2-12.0-12.4-12.4-12.2-11.9-11.2-12.0
2009 12.3-11.8-12.5-12.2-12.7-12.4-12.0-12.1-11.6-11.7-12.6
2008 12.7-11.3-12.7-12.3-12.2-12.1-12.1-12.2-11.8-11.9-12.3
2007 13.0-11.3-12.3-11.9-11.7-11.7-11.8-12.1-12.0-12.0-13.0
2006 13.0-11.6-12.5-12.0-12.2-12.0-11.9-12.1-12.0-11.6-12.3
2005 12.7-11.3-11.9-11.6-11.7-11.9-11.8-12.1-12.0-12.2-12.2
2004 12.1-11.7-12.9-13.0-13.2-12.9-12.8-12.2-11.7-11.3-11.7

過去10年の平均ラップタイム
12.60-11.50-12.61-12.28-12.38-12.26-12.14-12.12-11.87-11.67-12.33
2.13.76

AJCC平均ラップタイム


傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~ややゆったりとした流れ、道中は
一旦は流れが落ち着くものの徐々に加速して行く展開で、勝負所も極端なペース
アップはなくジワジワ加速→ラスト1Fだけ少し落ちる形。

ここの特徴は、向こう正面の下り坂によって道中のスピードが押し上げられて、
結果的にロングスパートという形になっている点で、ある程度水準の高い道中を
楽に進められる持久力に加えて、末脚の持続力が必須になる。

脚質的には、長い脚を使わされる展開でも案外先行馬が有利となっているが、
これは前半である程度楽が出来ることと、道中も意識的にではなく、コース形状
によって自然と速くなっていることがおそらく大きくて、一定以上の持久力を
持った馬であれば十分余力が残せるということだろう。

したがってここでは持続型の先行馬がまずは狙い目だと言えて、逆に切れ味は
あっても使える脚が限定的な差し馬には注意が必要になりそう。
(差し馬には道中~上がりでのかなり高いパフォーマンスが要求される)


好走する条件
・持久力&持続力が必要


予想

◎サダムパテック
高いスピード性能を示し、マイルでもG1まで制した訳だが、走法的には、少し
ゆったりした雰囲気があるタイプで、(個人的には)どうしても持て余している
ような印象がずっと拭えなかった。
その意味で、適性的にこの舞台にはかなり合っていそうなイメージになる。
とりあえず、菊花賞5着の後とかならこの人気は考えられないはず。注目。

○ダノンバラード
とにかくこの2戦はこの馬にとっては忙し過ぎた印象で、ゆったり入って元々の
持ち味の、道中~上がりでの持続力を活かせるここで巻き返す可能性は高い。
現状馬場もしっかりと荒れていてこの馬向きの仕上がりになっているし、微妙に
人気を落としたタイミング…という点からも、感覚的には上位に推したくなる。

▲フラガラッハ
とりあえずは、距離延長の方向に舵を切った陣営の感覚に拍手したい気分。
金鯱賞では、前半はともかく、道中~上がりでかなりの持続力を示しているし、
元々大きなアクションで、しかも一本調子気味な走りをするタイプなので、この
舞台にはしっかり嵌りそうな雰囲気。あとは少しでも前から進められれば。

注トゥザグローリー
元々持久力&持続力という方向の馬で、前半ゆったり入れて、勝負所もジワジワ
伸びる格好になるこの舞台には合っていそう。
有馬記念ではさすがにもう厳しい…という雰囲気になってしまったが、金鯱賞の
内容くらい出来るのなら、上位に浮上する可能性も十分ありそう。

△ヴェルデグリーン
オールカマーの内容を考えると、ここでもやはり上位には扱えるし、当然浮上の
可能性は十分にあるはず。
ただしその時は、展開的に少し前掛かりな格好になって、後方から嵌った部分も
あるので、ここで確実に再現できるか?と言えば、微妙…な印象になる。

☆レッドレイヴン
持続型の上がりになったダービーでも、(着順はともかく)それなりに浮上する
内容は示しているし、前走でも一応の持続力は見せている。
したがって可能性としては十分あるとは思うが、単純なパフォーマンス比較では
裏付け的に上位ほどの信頼はできない…という印象。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック