京成杯回顧

レース総括
■道中がかなり締まって、ラストは完全に右肩下がりの展開
■持久力&相当な持続力が問われた


京成杯結果
プレイアンドリアル2.01.1 36.2 06-06-09-08
キングズオブザサン2.01.4 36.6 09-10-07-06
アデイインザライフ2.01.4 35.8 16-16-16-15
ピオネロ2.01.6 36.6 12-13-12-11
マイネグレヴィル2.01.6 37.2 02-02-02-02

天候:晴 芝:良
上り4F:48.8 3F:36.8
前半1000m:60.6
12.4-11.0-12.9-11.7-12.6-11.7-12.0-11.9-12.3-12.6

京成杯ラップタイム


レース詳細
ラップタイムを見ると、前半はミドルペースくらいで、道中は緩急激しく尚且つ
水準が相当に高い展開になり、その後は勝負所まである程度速いスピードを維持
しつつ、直線は完全に右肩下がり…という形。

今回の特徴は、まずはやはり道中の速さだと言えて、その部分で各馬かなり脚に
堪えるような競馬になったはずなので、そうなれば当然、適性面では高い持続力
(筋持久力、スピード耐性)を備えていることが重要になった。

また勝負所~直線に関しては、各馬の脚が上がって、徐々に減速していく格好に
なり、そこで大きく崩れないで惰性を効かすために、やはり一定以上の持久力を
備えている必要があった。

これだけの展開なので、この先に向けての大きな裏付けになりそうだし、(脚質
的にさすがに差し有利だったので)先行して負けた馬の巻き返しなども含めて、
メンバーの今後にはしっかり注目していきたい。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

プレイアンドリアル
厳しい道中を追走しつつ、直線ではしっかりとした脚を見せていて、改めて持続
性能の高さを証明した格好。
それでも今回は、東京スポーツ杯で示したパフォーマンスがつながりやすい展開
だったとは言えるので、この先は、前半でもう少し引っ張られる形や、勝負所で
しっかり加速する形への対応を示せるかどうか…という点に注目したい感覚。
その意味で、皐月賞直行とかは是非とも止めて欲しい…。

キングズオブザサン
前走の、前半速くある程度メリハリのつく展開と、今回の、道中が極端に締まる
展開の両方で結果を出したことは価値が高い。
特に今回は、元々厳しい展開にも関わらず、勝負所はかなり積極的に攻めた内容
だったので、それを考慮すれば、とりあえず勝ち馬との差をそのまま受け入れる
というのは早計…という気はする。
当然この先の、更なる前進に期待したい。

ピオネロ
今回は後方からの競馬で、3角から徐々に動き出して、直線は少し止まりつつも
惰性で一応浮上した…という格好だった。
タイプ的にゆったりとした雰囲気があって、柔らかそうな筋肉をたっぷり備えて
いる馬で、4コーナー~直線での挙動などを見ても、もう少し距離が伸びた方が
良さそうな印象を受けた。
少なくとも、(同距離でも)道中がもう少し落ち着いてメリハリのついた展開に
なれば、確実に前進は出来そう。次走注目したい。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック