シンザン記念展望

過去のラップタイムは以下の通り。

2013 12.2-11.0-11.4-12.0-12.0-11.9-11.5-12.3
2012 12.2-11.1-11.7-12.2-11.6-11.9-11.7-11.9
2011 12.2-11.2-11.7-12.1-11.6-11.2-12.0-12.0
2010 12.5-11.1-11.5-12.2-12.1-12.1-11.4-11.4
2009 12.5-11.0-11.6-12.1-12.2-12.6-11.5-11.8
2008 12.1-10.7-11.3-12.1-12.2-11.9-12.3-12.8
2007 12.6-11.2-11.8-12.3-12.3-11.7-12.0-11.2
2006 12.5-11.2-11.9-12.1-12.0-11.5-11.3-11.9
2005 12.7-11.3-12.0-12.5-12.2-11.8-11.4-11.8
2004 12.5-11.5-12.1-12.3-12.3-11.5-11.3-11.9

過去10年の平均ラップタイム
12.40-11.13-11.70-12.19-12.05-11.81-11.64-11.90
1.34.82

シンザン記念平均ラップタイム


傾向(過去記事の転載)
過去のラップタイムを見ると、前半はミドルペースで流れ、道中は一旦落ち着く
展開、その後3~4コーナーから直線に掛けて徐々に加速していき、ラストまで
ある程度のスピードを維持する形。

さすがに若駒のレースなので、道中がビッシリ締まる形にはならず、じっくりと
ペースアップして、ある程度上がりが速くなる。
ただし、最後までそれ程ラップが落ちないので一定の持続力はやはり問われる。

また馬場の良い状態で行われることもあり、他の馬に先駆けて動ける、もしくは
ある程度好位につけられる…ということが重要で、意味合いとしては、純粋な
スピード性能を競うレースだと言えそう。


好走する条件
・一定の持続力は必要
・切れor先行力がある馬


予想

◎ウインフルブルーム
朝日杯は、一応道中が締まった展開で、自身よりも後ろから進めた馬に差された
だけなので、十分に高い地力を示したと言えるし、タイプ的に、ここのジワジワ
加速する展開には合っていて、舞台が替わっての前進が確実に見込めそう。
それでいて今回、最内枠を引くような幸運を持っている…というのなら、ここは
素直に期待したい感覚になる。

○タガノグランパ
新馬戦は、1400mの締まった展開を、好位から余力を残した格好で勝ち上がり、
前走は、2000m戦を、前半はともかく道中まずまずの水準で追走しつつ、直線は
(芝コースなのか土コースなのか良く分からない状態になっていた)内を突いて
しっかり伸びていて、持久力、持続力ともに一定のものを示している。
両者の合わせ技で、この舞台に嵌る可能性は十分にありそう。注目したい。

▲ミッキーアイル
前走は、同舞台の朝日杯よりも速いタイムで完勝していて、馬場差を考慮しても
高いパフォーマンスだったと言えるし、持続力という点でも、未勝利戦の内容を
考えれば、とりあえず問題にはならないはず。
ただ今回は、デビュー戦以来の外枠で、ラチ沿いを走るために前半少し脚を使う
格好になるだろうし、終いの脚…という部分で最後交わされそうなイメージ。

注モーリス
持続力は当然示している馬だし、今まで走ってきた1400m戦では、脚長でかなり
ゆったり見えるくらいなので、マイルの方がむしろ嵌る可能性もありそう。
ただし雰囲気的に一本調子な部分もやはりあるので、浮上はしてきても勝ち切る
というイメージにはどうしてもならない。

△クリノカンパニー
勝ち上がるのに時間を要したが、未勝利戦を見ても、それなりに内容のある負け
方をしていて、ここでも一応上位扱いをしても良さそう。
タイプ的にも、少しゆったりとした部分があって、瞬間的な切れという方向には
見えないので、京都外回りで前進する可能性はありそう。

△ワイレアワヒネ
新馬戦をパワーが必要な馬場で勝ち上がり、それだけだとここでは疑いたくなる
のだが、勝負所~直線ではしっかりとした加速も示していて、性能面でも十分な
ものが感じられる。
実際のスピード面でどこまで…というのはあるが、可能性としては考えたい。


☆ビップレボルシオン
かなりゆったりしている雰囲気の馬で、外回りに替わることはプラスのはず。
それでもマイルに短縮されて、スピード面での不安はどうしてもあるので、浮上
する前にレースが終わってしまいそうなイメージ。静観。

☆アグネスミニッツ
前走は、パワー馬場で最後しっかり脚を使って勝ち上がった訳だが、勝負所では
バッチリ置かれていたし、それは前々走でも同じこと。
その手のタイプが、スピードに寄ったここの展開で前進する可能性は低そう…。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック