ステイヤーズS展望

過去の(長いので変則:3F毎+ラスト6F)ラップタイムは以下の通り。

2012 38.1-36.7-39.1-38.2-13.0-12.5-12.0-12.2-12.1-12.6
2011 36.6-38.0-40.4-39.9-12.9-12.6-12.9-12.4-11.9-13.2
2010 36.6-37.0-38.6-39.3-12.8-11.1-11.5-12.0-11.9-12.6
2009 38.9-40.4-40.6-40.0-12.7-12.2-11.8-11.4-11.5-11.8
2008 38.2-38.5-38.1-41.3-12.4-11.9-12.1-11.9-11.4-12.3
2007 37.5-39.5-38.0-36.9-12.2-12.0-12.9-12.0-11.4-12.5
2006 36.7-37.5-37.9-38.3-12.4-12.3-12.5-12.1-11.3-12.4
2005 39.1-38.3-39.4-40.0-12.3-11.8-11.6-11.5-11.6-12.1
2004 37.1-35.9-40.8-39.2-12.6-12.0-12.1-11.8-11.5-11.8
2003 37.5-36.9-40.2-39.8-13.2-12.8-12.5-11.7-11.6-12.0

過去10年の平均ラップタイム
37.63-37.87-39.31-39.29-12.65-12.12-12.19-11.90-11.62-12.33
3.46.91

ステイヤーズS平均ラップタイム


傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見れば、さすがにこの距離なので前半~道中はかなりゆったり
とした流れになり、レースが動くのは2周目の向こう正面に入ってから。
レース終盤は、ラスト5F~6Fあたりから徐々にペースアップして、勝負所では
さらにもう1段階ギアチェンジするという形。

何はともあれ、ここでは日本一長い道中を進めても、勝負所まで十分な余力を
残せなければ話にならないので、当然のように高い持久力を持っていることが
重要になる。

それを前提として、勝負所では瞬間的に加速する場面が見られるので、ある程度
スムーズに動ける機動力が必要で、あとは向こう正面で勢いがつき過ぎた場合に
備えて、持続力を併せ持っていればより安心…といったところ。


好走の条件
・とにかく高い持久力が必要
・勝負所での切れ(&末の持続力)があること


予想

◎コスモロビン
大型のそれなりにゆったりとしたタイプで、持久力は十分感じさせるし、前走の
直線ではしっかりとした脚を見せていて、勝負所でもある程度は動ける。
元々持続力も十分示しているし、タイプ的にややパワー寄りという部分も含め、
中山の超長距離で前進する可能性はあって良さそう。期待してみたい。

○マイネルキッツ
オールカマーでは、(結果はともかく)道中~上がりに掛けてまずまずの内容を
示しているし、少なくとも昨年よりかは状態が上という雰囲気がある。
となれば、元々示している持久力&持続力を発揮して、この長丁場で再度結果を
残す可能性は十分ありそう。注目したい。

▲クリールカイザー
メトロポリタンSのパフォーマンスは相当高くて、超長距離向きのゆったり感が
そこまである訳ではないが、持久力&末の持続力という部分で、この舞台に嵌る
可能性はあっても良さそう。
今回は叩き3走目で、状態面でも本来の力を発揮できそうな雰囲気。

注ユニバーサルバンク
持久力はしっかりと示しているが、水準が高くなると速い脚が使えない…という
タイプで、王道の路線ではなかなか嵌る場面が少ない。
その意味でここでは、向こう正面でしっかりとレースが動き、直線の粘り勝負に
なる可能性が十分にあって、自身の持ち味を活かせそうなタイミングではある。

△トウカイトリック
アルゼンチン共和国杯における勝ち馬とのタイム差を調べると、2011年は1.7秒、
2012年は1.6秒、そして2013年は1.7秒。順調そのもの。
切れという部分はさすがに以前のようにはいかないが、ある程度締まった展開に
なれば、持ち前の持久力&持続力で浮上する可能性は十分ありそう。

△デスペラード
昨年もここではしっかり3着していて、持久力の部分では当然上位に扱えるし、
終いの脚があり、確実に浮上はしてきそう。
ただし勝負所はじっくりというタイプなので、ある程度展開的な助けが必要で、
好位の馬が止まれば…といったところ。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック